プロとは?プロの定義と意味・プロ人材として活躍するコツ

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

プロとして活躍するには、アマチュアとしての感覚を捨て、プロ意識持ち、成果を上げることにコミットし、成果主義の世界に飛び込むという強い覚悟が必要になります。

プロの種類としては、プロ野球やプロゴルファーの世界が一般的ですが、特定の企業の中では働く正社員の中にもプロ級の腕前を持つプロ人材は沢山います。

分野や立場を問わず、プロとして名乗りを上げ、知識や経験・スキルを武器にプロとして生きることは、得意なことを仕事にできるため、人や企業の役に立ち、楽しみながらお金を稼ぐことができる点が大きな魅力です。

そこで今回は、プロとは、プロの定義と意味・プロ人材として活躍するための秘訣ついて解説します。

■プロとは?
プロとは、特定の分野の専門家として、長年の努力で培った知識、経験、技、スキル、ノウハウを企業や、組織、チームに提供することで成果を上げることができ、達人の領域に達した熟達者を指します。

プロは、英語で「Professional」と表記され、略してプロと呼ばれます。日本語では、プロスポーツ選手や、ビジネスで優れた成果を上げることができるエキスパート人材がプロとしての意味を持ちます。

プロの中には、サラリーマンとして特定会社の技術者として、卓越したエンジニアリングスキルを発揮しする人や、人間国宝クラスの美術品を創作する人もいます。

将棋の世界では、対戦相手に勝ち続けることができる人を「名人」は呼ばれますが、タイトルによって貰える年収や大きく異なる分野にいる人もプロの一角を占めます。

プロスポーツの世界では、オリンピックで一度でも金メダルを取ると、大手企業がスポンサーに付くこともあり、プロ野球選手になり、一流選手として長期間に渡って活躍すると莫大な報酬を貰えることもあります。

様々な分野でプロと呼ばれる人がおりますが、プロの多くは、親の影響で子供の頃から取り組んでいたことで生まれつきのセンスに磨きが掛かり、才能を発揮する人もいます。

また、社会人になってから特定の分野で自身の才能に気付き、好きが講じて長年に渡って自己研磨を重ねることで達人の領域に至ったプロ人材もいます。

プロの特徴としては、自身が保有する知見やスキルや高度な技を提供し、所属先の企業もしくはチームに貢献し、人や企業に喜んで貰えるかというプロ意識が高いことから、報酬以上の成果を上げる傾向が高いと言えます。

■プロの定義                                        プロの定義としては、特定の分野において、その他大勢と比較した際に、卓越したセンスや才能を持ち合わせ、一流のスキルやノウハウを武器に結果を出すことにこだわり、圧倒的な成果を上げることで、その価値に応じた正当な対価を得ることを職業にしている専門家を指します。

プロの形態としては、大きく以下の三つの種類があります。

1、一つの会社に正社員として勤務し、特定の分野のプロとして活躍する人            2、プロスポーツ選手など、特定のチームに所属する専属のプロ契約の人
3、専門分野の強みを活かし、複数の顧客の課題を解決に導くフリーランス

正社員の中にも、エンジニアなど特定の分野のスキルや腕を磨き、プロの領域に達したハイクラス人材はおりますが、給与を毎月貰えるサラリーマンの場合には、フリーランスとして成果が求められるケースよりも精神的なプレッシャーは比較的少ないです。

ですが、プロスポーツ選手の場合、ライバルとなる存在があり、試合で競技を競い合う場が必ずあり、試合の中で高いパフォーマンスを上げることが必要です。

例えば、ボクシングや相撲の場合、一対一で戦う対戦相手がおり、どんなに高次元なスキルや必殺技を持っていたたとしても、試合の本番で相手に勝利しない限り、スポンサーやファンからも評価されることはありません。

特定の企業に正社員として属さない、フリーランスのエンジニアやデザイナーなどのプロの場合には、基本的に高いクオリティが求められ、成果物の品質で評価されますが、完成すればいつでも良いことは滅多になく、納期が設定されるケースが多くあります。

ビジネスのプロの世界は、基本的にジョブ・ディスクリプションを基本としており、成果主義で複数のクライアントとなる会社のプロジェクトに参加し、成果を上げること求められます。

正社員と異なり、雇用契約では無いため、期間限定でプロの助っ人にプロジェクトに参画して貰うという扱いのポジションになることから、新たな仕事を継続的に獲得する必要があるため、厳しい世界になります。

プロ野球やプロサッカーチームに所属する、一流選手でも同じチームの中でも沢山のライバルが存在している業界では、競合となるライバルと比較され、ポジション争いになるケースも多々あるため、試合や特定分野で成果を目覚ましい上げ、ポジションを獲得することも必要になります。

■ビジネス領域のプロの仕事
ビジネス流域のプロの具体的な仕事としては、知識・経験・人脈・スキル・ノウハウなどの人的資産を武器に顧客に対して、貢献するエキスパートに相当するポジションになります。

例えば、中小企業の経営者やスタートアップの起業家が抱えている課題に対して、新たに売れる可能性の高い商品開発や新規事業の立ち上げのアドバイス、実行支援を行うこともプロの仕事になります。

新規開拓に課題がある場合には、大手企業でトップセールスの経験者が、営業マンを育成する企業研修したり、販路拡大に必要な人脈を駆使した営業支援や営業ノウハウを提供することもあります。

プロの中には、自らは手を動かすことなく、大規模なセミナーや企業研修で、知見やノウハウを伝承したり、世界を舞台に人材育成を行うワールドクラスのスピーカーもいます。

また、大手企業向けに、会社全体の業務フローを把握した上で、ボトルネットとなる課題やビジネスの問題点を要件定義し、コンサルティングの取り組みを通じて、企業の成長戦略を具現化していく業界トップクラスのコンサルタントもいます。

高い目標を掲げ、目の前の仕事に責任を持ち、それを完遂させるために粘り強く、全身全霊で結果を出しことにエネルギーを注げる人こそが、プロとしての資質を持ちます。

ただし、ビジネスの世界でクライアントが抱えている問題に対して課題解決を担うプロには、年齢や経験値などの含めて明確なプロの定義はなく、曖昧な要素もあります。

企業の課題と向き合い、「当事者意識」を持って、販路開拓の支援や新規事業の立ち上げ、マーケティング支援、生産性の向上など、経営者の右腕として企業を成長させることがプロとしての大きな責務となります。

■プロと呼ばれるために必要な条件
ビジネスの世界では、クライアントとなる企業が求めるスキルとマッチした上で、結果に対してコミットすることができる自信があり、圧倒的な成果を再現性を持って実現することができれば、基本的に誰でもプロと名乗れます。

プロの仕事において大切なことは、難易度が高い仕事においてクライアント期待を超える成果を生み出し、役に立つことです。

どのようなジャンルの職業でも、誰かの役に立つことで初めて、報酬が貰えますが、弁護士や公認会計士など国家資格の取得する難易度や高い分野や、ITエンジニアやAIのソフトウェアを開発することができるプログラマーなど、高度なスキルや専門が必要に成るほど、得られる報酬が高くなります。

例えば、スタートアップに入社し、新規事業の立ち上げの責任者として、難易度の高い仕事を任せられ、成果を上げて会社と顧客の役に立てたのならば、それは立派なプロの仕事です。

真のプロは、クライアントやチームから与えられた期待やミッションに対して、⾃分自身で⾼い⽬標を⽴て、その⽬標の達成に向けて、責任を持って挑戦していこうとする意欲を持っています。

プロ野球の世界でもそうですが、プロは高収入を得ることができる反面、パフォーマンスが低下したりすれば報酬が下がったり、場合によっては契約解除という結果を伴います。

プロのテニスプレイヤーやプロボクシングの世界では、応援してくれる人も必要になり、真剣勝負でライバルとの試合で1人で勝つことが、プロの世界で生き残るための絶対条件になります。

プロは、常に精神面・体力面において最良の状態を維持しつつ、成果を上げるために必要なスキルを向上させるための努力を惜しまないことが求められます。

世界を舞台にワールドクラスのプロとして活躍するためには、一流の監督やコーチ、テク二カルトレーナーが必要だと言われています。

世界のトップを目指す際には、技術のコーチやメンタルのコーチ、アスリートの食事を管理してくれる栄養士など、チームとして1人のプロ選手をバックアップする組織的な体制も必要になります。

クライアントの期待やニーズに応えるプロに必要な条件は大きく3つあります。

・1つ目は、知識・技・スキルといった能力。
・2つ目は、高いプロ意識を持っていること。
・3つ目は、優れた人間性を養っていること。

一流と呼ばれるプロには、監督やコーチなどの支援者が例外なくおり、ビジネスでは顧客との対話が欠かせなく、プロ野球選手や芸能人であれば、ファンとのコミュニケーションも必要不可欠になるため、この3つの要素を兼ね備えて初めて、プロとして長期的に活躍し、大きな成果を生むことができます。

■プロとアマチュアの違い
プロとはどのような人物かを理解するためには、プロとアマチュアとの違いを考えてみるのが良いでしょう。

アマチュアとは、「未熟者」という意味合いを持ち、プロに近い技術や知識を持っているが、その能力を活かせる職業に就いていない人を指す言葉です。

「プロフェッショナル」との対義語として、使われています。

スポーツの世界においては「プロではない愛好家」「そのスポーツを職業にしてない人」などの意味で使われることも多いです。

職業や分野によってプロとアマの違いは様々ですが、その一例は以下になります。

・プロとして最終的な結果を出すか出さないか?
・体調やマインドが不調のときに休むか休まないか?
・常に成長のために持続的な努力をしているかどうか?
・自分に対する評価基準が厳しいか、それとも甘いか?
・成果や結果が出た時にいつまでも喜んでいるのか?
・負けた際にも、次にチャンスに向けてすぐ切り替えるか?
・仕事へのビジョンやミッションがあるか、ないか?

つまり、目の前の仕事に対する責任や、自らにのしかかってくる大きなプレッシャーと向き合うことが求められるかどうかが、プロとアマチュアの最大の違いだと言えます。

■ビジネスの世界でプロとして活躍するための資質
プロは、期待された成果を上げるために、日頃からルーチンワークとして、毎日欠かさず行う良い習慣を持っており、試合がある際には、本番に向けて普段よりも徹底してトレーニングをします。

目標に対しての達成意欲が人一倍高く、負けず嫌いで何年も飽きずに自己研磨に取り組み、成果を上げることに対して、日頃から準備に準備を重ねています。

反対にアマチェアは、準備らしい準備はほとんどせず、まあ上⼿くいけば勝てるだろうと、安易な気持ちで勝負に臨んでしまいます。

ビジネス系フリーランスと呼ばれるプロ人材は、顧客を前にしたプレゼンテーションやコンペなどの勝負の場面だけでなく、日頃の仕事をしながら様々な自己研磨に取り組み、価値あるコンテンツを提供するなど、日々の情報発信にも励んでいます。

経営コンサルタントの多くは、仕事を獲得するために最大の仕事の武器になる魅力的なプロフィールを作り上げ、プロジェクト毎に参画する企業から求められるジョブ・ディスクリプションを把握した上で、面談前にクライアント候補の問題を解決に導くべく、課題を定義します。

その際、企業情報だけでなく、コンペリングイベントを調べ、オンライン会議や対面での打ち合わせの場に挑むからこそ、プロとして信頼され、顧客との長期的に渡る信頼関係を築き上げ、プロとして成功することが可能になります。

この差が顧客数や継続率、成果を上げたことによる報酬アップなど、プロとアマの勝敗の差となって表れてくるのです。

■フリーランスのプロには自己完結型で仕事ができることが重要
ビジネスの世界では、特定の分野毎に多くのプロが存在しています。

彼らは、その職業についての専門的な知識を持っているだけでなく、クライアントが今置かれている状況をしっかりと把握しつつ、それらの問題を解決し成果へと繋げようとする意識がとても高い人たちです。

フリーランスのプロ人材にあたる顧問やコンサルタントなど、自分の裁量で動けるワークスタイルの場合は、チームとして働くこともありますが、あくまで個の能力が期待されるケースが多いです。

正社員と異なり、フリーランスになると、基本的に1人のプロに対して結果に結び付くパフォーマンスが期待され、仕事依頼が来る形になるため、「自己完結型」で成果を上げることが求められます。

自己の経験や専門技術などを活かして仕事を行なうのであれば、職種に関係なく、誰でもプロと名乗ることができます。

ですが、得意分野を自己PRに掲載しただけでは、沢山の仕事は獲得できません。

プロ人材として継続的に顧客を獲得するためには、既存顧客だけでなく、見込み客からも信頼や信用を勝ち取るためのプロフィール作りを行い、パーソナルブランドの構築に取り組むことも欠かせません。

そして、業界でのポジショニングを確立し、圧倒的な成果を上げることとと、事例として紹介できるような実績を作ることも必要になります。

プロになりどのような仕事を引き受けるかは自分の選択次第ですが、受注から納品まで全ての仕事を自己責任で完結させることが求められます。

フリーランスのプロとして相応しい人は、自ら現場に赴きアドバイスを含めた、問題解決や高品質の成果物を提供することができることが必須要件になると言えまます。

そして、当事者意識が高く、顧客にコミットした約束を守ることができるのが、真のプロフェッショナルだと言えます。

約束を守るというのは、成果を出すということです。

つまり、⾃分に与えられた報酬に見合った成果をきっちりと出せる⼈、それがプロです。

成果を出せなくても、なんの痛みも感ぜず、やれなかった弁解を繰り返してやり過ごそうとする人もいますが、それがプロの反対の意味を持つアマチアの典型だと言えます。

■副業のプロ人材やフリーランスの顧問に求められる役割
フリーランスの顧問や副業のプロ人材とは、サラリーマンとして1つの会社や組織に所属せず、個人で仕事を請け負う働き方のことです。

依頼された仕事に対し、技術やノウハウを提供して報酬を受け取る、ジョブ型の契約形態となります。

プロ人材への仕事依頼の場合、クライアント企業の成長ステージや組織が求めているポジションと自分のポジションとがマッチングするかどうかが重要な要素になります。

例えば、複数の会社の顧問や社外取締役になりたいと考えた場合、「過去のポジション=職種の向き・不向き」と捉えてしまいがちです。

現在、「プロ経営者」という肩書は存在しており、上場会社など複数の大手企業の雇われ社長として活躍するプロもいます。

ですが、現役バリバリの若手社長でマネジメントの仕事を外部のフリーランス顧問や副業のプロ人材に依頼しようと考える経営者は、意外と少ないです。

そのため、過去に上場会社や大手企業の社長や取締役、部長として仕事をしていた人でもマネジメントの仕事から、「プレイヤーとしての仕事に戻る」という意識を持つこともプロとしての仕事の獲得には、キーファクターになります。

つまり、素晴らしいキャリアを持ったエグゼクティブでもプロとして活躍するには、顧客ニーズに応える必要があるということです。

「大手企業の役員経験者であるため、マネジメント型の経験が豊富にあるけれど、プレイヤー型の資質を高めて新しい仕事に繋げていこう」など、切り替えも必要です。

顧客に合わせて自分の価値提供の内容をカスタマイズしたり、ライバルとのポジショニングを考えながら、キャリアアップを図ることが必要になると言えます。

■プロとして活躍するプロ意識が高い人の5つの特徴
「プロ」と「プロ意識」とは、似て非なる言葉です。職業としてはプロであっても、プロ意識を持てない人もいれば、アマチュアであってもプロ意識の高い人もいます。

自らが関わっている仕事やプロジェクトにおいて最善を尽くし、当初の期待値を上回るパフォーマンスを発揮できる人が「プロ」であり、そのためにどうすべきか考え、向上心を持ち続けることが「プロ意識」です。

1、自立的な人
高いスキルと自己管理能力があり、仕事の出来映えで顧客の信頼をしっかり得ている人ならプロとして活躍できます。

実際に欧米だけでなく、日本でもフリーランスとして働き、平均的なサラリーマンの年収を遥かに超える収入を得るプロ人材も沢山います。

「働いた分だけ報酬がある」という分かり易さも、フリーランスとして仕事をするう上での大きなモチベーションになります。

プロになるには、自立することが必要になります。自立できる人とは、自己管理能力が高く、考える力を持った人のことを言います。

フリーランスや業務委託の仕事では、「主体的に物事を考えて行動する力」「セルフマネジメント能力」が求められます。

指示を待つのではなく、自分で考えながら物事を管理できる人にプロに向いてるでしょう。

2、勤勉な人
業務委託で活躍するプロの中には、特定会社1社のみに一定の時間を縛られることが無く、知見を元に効率的に稼ぐ人も沢山います。

ですが、実際のところは、人的資産をフルに活かし目の前の仕事に短期間で、『結果を出し続けないと仕事が継続しない』という、実力主義でシビアな世界です。

フリーランスとなれば、自分が会社そのものであり、自分が行なった仕事の成果は、直接クライアントに判断して貰うことになります。

クライアントの生の声を聞く経験は、仕事を続ける上での貴重な刺激となり、更なる向上心にも繋がります。

プロとして成果を出し続けるためには、どんな仕事でも手を抜かずにコツコツと仕事をする姿勢が大切です。

責任感があり、ミッションだと感じれる仕事に取り組み、勤勉な人にプロの仕事は向いてるでしょう。

3、コミュニケーション能力が高い人
プロとして高いスキルを武器に、周囲との信頼関係を培うことで、高単価案件や受注量の増加につながり、大幅な年収アップも期待できるでしょう。

ですが、良好なコミュニケーションが取れないと仕事で齟齬が発生してしまい、先方が期待する結果が出ないこともあります。

1匹オオカミの業務委託だからと言って、クライアントなる関係者との人間関係を軽視してはいけません。

これではプロ人材として依頼主の期待値を超えることができず、最悪、契約解除になってしまう恐れがあります。

プロとして活躍するには、純粋に顧客との相性の良し悪しの問題も確かにあります。

一方でコミュニケーション力が高く、性格が明るい人がプロ人材に向いてるのは言うまでもないでしょう。

4、仕事が好きな人
フリーランスの顧問やプロ人材には、定年退職といった概念が存在しません。

会社勤めでは、一定の年齢になると定年退職を余儀なくされますが、特定分野のプロであるフリーランスは需要のある分野であれば、知見や人脈、そしてスキルを持って仕事ができる限り、何歳になっても働くことができます。

ですが、業務委託は一定期間で成果を出さないと、契約を切られるリスクと隣り合わせの契約形態になります。

そのため、毎日が勝負という気持ちを持つくらいの心意気が必要になります。

向上心を持ち続けるためには、そもそも仕事自体が好きでないと相当に厳しいはずです。

プロ意識の高い人は、成功するか失敗するかを考える前に、第三者からの期待値をどれだけ上回ることができるかをいつも意識しています。

契約解除とならないために努力するのは勿論、先方の期待値を越えようと日々努力できる仕事好きな人にこそ、プロとしての仕事に携わることに向いてると言えます。

5、自信がある人
自分の強みと知見に対して確固たる自信がないとクライアントとの信頼関係にも影響するので、プロとして継続的に活動するのは難しいでしょう。

ただ自信があるだけでなく、クライアントに自分の強みと知見をしっかり売り込めると仕事を獲得しやすくなります。

仕事の内容や働き方が細分化しつつある時代だからこそ、これまでに経験した仕事を振り返り、どのようなキャリアや実績があるのかを把握することです。

プロとして活躍するためには、具体的にどのスキルを用いて問題解決してきたか、今後どのような仕事にチャレンジしたいか、といった自己PRのポイントをしっかり整理しておくことが大切です。

会社の看板などに頼らず、個人名などで価値を発揮できる人は、プロとして活躍できる適性があり、高いパフォーマンスを上げることが可能だと言えるでしょう。

■プロととして活躍するためのポイント
プロとアマチュアの違いは、その仕事でを通じてどれだけの収入を得ること可能か、どうかにも大きく関係しています。

なぜなら、仕事の難易度が高く、深い知見や卓越したスキルと、実行ノウハウを必要とする仕事やプロジェクトの場合、客単価も高くなるからです。

しかし、両者の違いはその点だけではありません。

大きく違うのは、その考え方です。どんなに仕事ができても、約束にコミットできない人はプロ意識が高いとは言えません。

「プロ意識」は、スキルを武器にする専門職に限らず、仕事を持つ全ての人に向けられた言葉です。

プロフェッショナルは、仕事で報酬を得る以上、それ相応の責任を伴い、技術や知識の維持するだけでなく、日々の向上が必要とされます。

なぜなら、仕事というのは無期限で進められるものではなく、必ず決められた時間や期間内で進めていくものだからです。

プロには、プレッシャーという意味でも、相当のものがあるでしょう。反してアマチュアは、その責任を負うことはないため、精神的負担も少なくなります。

ですが、業界で注目され、独自のパーソナルブランドが確立させることが実現すれば、競争相手も少なくなります。

ビジネスの領域では、スキルアップに対しても大きなモチベーションを感じ、仕事を通した成長が実感できます。顧客から感謝されるような成果を出せる人であれば、立派なプロだと言えます。

■まとめ
プロというと特別な人材をイメージするかもしれませんが、自社にはないスキルを持っている人、企業が求めている人材の能力がマッチし、プロ意識高い人ならば、努力をすればどんな人でもプロを自負することは可能です。

その際、プロには、以下の3つのことが必要不可欠です。

・もっと成長したいという自己実現の精神。
・売上に繋がる成果を上げて顧客に喜ばれたい。
・結果に対する執着心や責任といったものが高い。

スタートアップの起業家であれば、ビジネスモデルを構築し、営業活動やマーケティング活動を実行する上で大きな困難が伴ったり、事業計画通りに全てが自分の思い通りにならなかったりすることは、当たり前のようにあります。

プロとして長期的に活躍するためには、自身のコアを見極め、何としてでも与えられた仕事をやり遂げようとする気概や、成長マインド持つことが卓越の領域に到達する、大きな鍵になると言えます。

経営資源に限りのある中小企業やベンチャー企業の場合、正社員の採用に苦戦し、即戦力になるプロ人材の獲得できないケースが多いです。

そのため、外部のプロ人材の知識・経験・人脈を借り、知見を取り込むことで効率良く課題解決をしたいという確実なニーズがあります。

プロとして働く人に定年退職はありません。

気力や体力、クライアントの要望に応えるスキルを維持していれば、たとえ何歳になろうと仕事を続けることができます。

働き方改革が浸透しつつつある今、リモートワークで可能な仕事を若い世代のプロ人材が最初は副業からスタートする人が増えました、

会社を定年退職したシニア世代でも、再就職はせず、それまでの経験や知識、人脈を活かして個人事業を立ち上げるといった形で、フリーランスに移行するプロが増えています。

「不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。」

<ピーター・ドラッカー>

■最後に
プロ人材として名乗りを上げフリーランスになると、営業を担当するのも仕事を実行するのも自分1人です。

自分がアクション起こし様々な仕事をやらない限りは、一切何も進まないのです。

その中でも顧客を獲得するために必要となる営業活動は、フリーランスとして活躍し続けるための生命線になります。

なぜなら、関与する会社やプロジェクト、継続的な案件が途切れてしまえば、いずれ収入も止まってしまうからです。

それほどまでに営業活動が重要だということです。

プロと呼ばれる人たちは、自ら課題を見つけ解決に向けての策を考えていますが、専門分野以外は、ビジネスパートナーが必要な時もあるのは事実です。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、5000人を超える業界トップクラスのプロ人材を集結させています。

せっかく多くのスキルを持ち、十分な実力もあるのに、「営業して売り込むのが苦手」「営業をすることで開発に集中できなくなってしまう」といった不安が邪魔をして、一歩を踏み出せない多くのフリーランスの顧問や副業のプロ人材の方々にご活用頂いています。

エージェントを使うことで自分の得意分野に特化し、様々な負担を減らすことが可能になります。

また、エージェントに苦手な営業活動の仕事を任せることでプロ人材としての最適化が望めます。

顧問紹介サービスは、副業やフルタイムの業務委託案件でフリーランスとしての実務経験を積み、年収アップやスキルアップを目指したい場合や、フリーランスとして顧客と実績を増やすといった場合にも利用される方法です。

顧問やITエンジニアなら、中間マージンを搾取しない顧問紹介サービスのエージェントの活用がお勧めです。

従来のフリーランスエージェント経由で仕事を受注する場合は、マージンの支払いで自分の手取り報酬は減るのが一般的です。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、「顧問報酬100%」で企業の課題解決を推進することを事業コンセプトにしているため、顧問料の中から中間マージンを搾取しません。

また、求人案件の案内や仕事のアサインに加え、報酬・単価の条件交渉から企業との業務委託契約の手続き、顧問活動後の後の請求まで実務を代行してくれる点もオススメの理由です。

■直接契約でなく共同受注の競争優位性
「プロとして業界トップクラスの人材になる」「フリーランスの顧問として複数の企業に貢献する」そう覚悟を決めた瞬間から、プロとしてのビジネス人生は大きく変わります。

しかし、プロにとって、自分の人的資産がそのまま報酬に反映されることは大きなやり甲斐ですが、高いスキルさえあればどのような仕事も受注できるとは限りません。

取引先によっては社会的な信用度をより重視し、複数のチーム体制が必要になったり、法人でなければ契約できないといった条件を出してくる会社もあるのも事実です。

プロ人材のスキルを最大に発揮できるよう効率よく機能する組織体、それが、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」が提唱する「共同受注体」という新たな仕組みになります。

フリーランスの営業や副業のプロ人材が1人だけでは顧問契約を阻まれる大きなプロジェクトも、共同受注体としてアプローチすることで、その門戸は開かれます。

直接契約ではなく「共同受注」というスキームだからこそ、沢山のプロ人材への活躍の場を創出することを実現し、顧問や経営陣として活躍するCXOのエージェントとして共にクライアント企業のビジネスを成功に導く役割を果たします。

【顧問報酬100%】中間マージン無しのプロ顧問紹介会社
https://kenjins.jp/lp/prokomon/

■営業顧問、フリーランス営業、副業の営業のプロ人材の方々へ
現在、大手企業の新規開拓や大口の販路開拓に課題のある中小企業やベンチャー企業からご要望の多い人脈やネットワークを活用した「紹介営業」の依頼が増えています。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、営業顧問やフリーランス営業、副業の営業のプロ人材の方々に、『高単価で魅力的なリファラル営業』案件を”中間マージン無し“でご案内しています。

従来の顧問紹介サービス会社とは異なり、クライアントが顧問報酬を決め、当社経由でお支払い頂く顧問料は、100%仕事を担当したプロ人材にお支払いします。

非公開の案件も多数ありますので、これからフリーランスの顧問や副業のプロとして活躍したいエキスパートの方には是非、まずは、顧問として登録をして頂いた上で、定期的に案件情報をお受け取りください。

【中間マージン無し】営業顧問・フリーランス営業のパートナー募集
https://kenjins.jp/lp/salespro/

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

学びの機会に甘んじることなく、行動に移していますか?

こんにちは、本田季伸です。 「とにかく、何か行動を起こすことだ。 とかく人は考え過ぎだし、準備のしすぎなんだよ。」 アメリカの自己啓発作家、講演家<ジャック・キャンフィールド> 新しいことをスタートするには、思い切って飛び込んで みることです。 なぜなら、起業することを決...[続きを読む]

明るい未来の到来を信じ、前向きな行動を取ってますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「登山にしろ何にしろ、99%はしんどい。でも1%の何かが、99%のしんどさの向こうにある。」 <安東浩正> 厳しい局面を乗り越えるために必要なことは、どんな状況であれ、成功したイメージを明確に描くことです。 なぜなら、...[続きを読む]

レピュテーションを高め、企業のイメージUPを図ってますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「1年に2、3回以上ものを考える人はほとんどいない。私が世界的な名声を確立したのは、1週間に1、2回ものを考えたからだ。」 <ジョージ・バーナード・ショー>ノーベル文学賞受賞の劇作家 ブランド力を高めるためには、「レピュ...[続きを読む]

ソーシャル・マーケティングとは?企業に社会貢献活動が必要な訳

近年、環境問題や企業の社会的責任への関心が高まっていることもあり、ソーシャルマーケティングは企業イメージアップのポイントになっています。 ソーシャルマーケテイングは、単なる売上アップのためのマーケティング活動ではなく、企業による社会貢献や非営利的運動の認知を広めていくための手法...[続きを読む]

自分の夢が既に実現したかように振る舞っていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分がなりたいと思うような人間に、既になった気持ちで行動せよ。間もなく必ずそうなる。」    <ジョージ・クレイン> 究極の夢を実現するには、人生の全てを賭けてでも、絶対に成功して見せるんだという、強い「信念」を抱き...[続きを読む]