プロ活用方法

プロ活用方法 | コメントをどうぞ

インシデントとは?人材採用でもインシデント管理が重要な訳

近年では、個人情報の東映問題や医療事故などが相次ぎ、様々な業界でインシデントの重要性が高まりつつあります。 インシデント管理のツールを導入したり、人材採用でも「インシデントプロセス面接」を行う企業も増えてきています。 ビジネスシーンでは、「インシデント」と聞いて、「ヒ... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

損益分岐点とは?新規事業開発には損益分岐点の最適化が大事な訳

予算の限られたスタートアップ企業の新規事業を軌道に乗せるためには、ビジネスの「損益分岐点」を知り、固定費を抑えつつ、売れるプロダクトの方向性を見極めることが重要です。 なぜなら、新規事業の立ち上げには、どの程度の採算性があるかどうかが、事業を持続させ発展させる上で、大変重要... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

セールスエンジニアとは?ソリューションに技術営業が必要な訳

新製品をクライアントに販売する場合、テクニカルなスキルと同時に営業活動を通じた課題のヒアリングや要件定義、顧客の教育に時間を割くことが重要になります。 なぜなら、新製品の営業活動は、機能やその製品でできることをリード顧客に説明する営業活動も必要になり、その際、課題を解決に導... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

セールスエンパワーメントとは?営業マンに権限移譲が必要な訳

技術革新やグローバル化などによってビジネスの速度が増し、意思決定にスピードが求められるようになりました。 なぜなら、エンパワーメントが行われていない会社や組織では、意思決定をするために、現場で決まったものを経営者や管理職が判断するので、決裁スピードが遅くなる恐れがあるからで... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

BANTとは?BtoB営業にBANTが売れる最大の鍵になる理由

法人営業では、高額な商材単価、複数人に及ぶ決裁者、企業単位の課題解決、リードタイムの長期化することは一般的ですが、これらはBtoB営業ならではの難しさになります。 BtoB営業では、個人営業とは異なり、例外なく画題の把握と予算の確保が必要になり、企業規模を問わず最終的な決定... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

パブリシティとは?メディアに記事として掲載されるメリット

自社が新たに開発した商品に注文が殺到したり、新規事業として立ち上げたサービスの登録者が急増したり、新たなコンセプトの店舗がオープンした際に行列ができることがあります。 マスコミが記事として取り上げてくれたお陰で、多額の広告費用を投入することなく、広く自社や商品の情報を発信で... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

ブランディングとは?ブランディングの意味とブランドの価値

近年、コロナの影響やIoT技術の進歩、働き方改革の推進といった時代の大きな変化の波が様々な企業に押し寄せています。そんな中、企業が新時代を生き抜き抜くためには、企業経営者は成功できる事業計画を考案すると同時に、効果的な「ブランディング」を推進することが企業の成長の鍵となる大事な戦... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

役割等級制度とは?ミッショングレード制を導入するメリット

経済がグローバル化し、企業の国際競争力が増す中、グローバル人材の育成が急務となっています。また、コロナの影響で在宅でのリモートワークを推進する会社が増えたことで、従来の職能資格制度の運用が難しくなってきました。 そのため、 年功序列を廃止し、役割等級制度へ移行する日本企業が... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

CxOとは?企業運営と経営判断に優秀なCxOを採用するメリット

最近、CEOやCTO、CFOという役職を作る会社が増えています。このような役職のプロ人材を総称してCxO人材と呼ばれています。 ですが、以前から知っているようで、社長や取締役・事業部長との違いや、CxOにはどんな種類があるか分から無いという方も多いです。そこで今回、CxOの... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

ブルーオーシャン戦略とは?企業に新たな価値創造が必要な理由

VUCA時代と言われている不確実性の高い現状においては、ビジネス課題が高度化・複雑化しています。その結果、従来のひとつの業界・既存市場、製品などでは長期的な売上・利益の確保が難しくなり、今後は新たな価値市場を模索することが必須であると言えます。 このような時代に対応していく... [続きを読む]