プロ活用方法

プロ活用方法 | コメントをどうぞ

COOとは?CEOとCOOの違い、社長と最高執行責任者の役割

これまでCOOというと欧米企業が導入するケースが殆どでしたが、上場を目指す日本のスタートアップ企業でもCOOを任命する会社が増えています。 なぜなら、COOが業務執行統括の責任を負うことで、CEOとの役割を分担し中長期的な視点での経営を行い易くなるからです。 COOの... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

PMIとは?M&Aでは社長が率先しPMIに取り組む必要がある訳

M&Aの現場において、統合直後は会社全体が混乱しがちです。統合準備が不十分な場合、業務上の重大なミスやシステム障害などが発生します。 その結果、顧客離れや優秀な社員の離職、ビジネスの業績悪化、内部対立の顕在化などを招き、M&Aが企業の成長力を損なう無意味なものとなってしまい... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

キャリアパスとは?従業員のモチベーションアップに繋がる理由

現在、日本では、終身雇用制度が崩れてきており、欧米のビジネスマンように転職をしたり、フリーランスのプロ人材を目指すことも一般的になってきています。 人生100年時代に突入した今、ビジネスマンとしての成功を勝ち取るためには、長い目で見た「キャリアパス」を考えることが必要不可欠... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

人的資本とは?持続的な企業価値の向上に人的資本が大事な訳

企業で働く人材を育てるには、企業の在り方によって人材の潜在的な価値が伸び縮みするため、「管理」の対象ではなく、「人的資本」の意味合いを理解することです。 なぜなら、企業側が人に対して適切な機会や環境を提供すれば、人材価値は上昇しますが、放置すれば潜在的な価値を発揮することが... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

顧問弁護士とは?弁護士の役割と契約するメリット・費用の相場

大手企業であれば、組織内に法務部があり法務部の中に「社内弁護士」がいる会社もあります。 社内法務部があれば、トラブルや紛争を防ぎ、問題がが起きた場合には迅速な対応ができる体制が整っていることが多いです。 しかし、中小企業の場合、そもそも社内に法務部があることすら珍しい... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

顧問税理士とは?中小企業が税理士との顧問契約を行うメリット

「会社の規模が小さい」「決算時のみを安価な税理士に依頼すれば良い」という理由で、スポットで決算手続きや税務申告の申告のみを依頼し、税理士と顧問契約を結ぶ必要性を感じていない経営者も多いのではないでしょうか。 ビジネスを安定的に進めていくためには、毎年確実に手元に資金を残し、... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

コンサルタントとは?コンサル報酬の相場とコンサルタントの役割

VUCA(ブーカ)時代に突入し、予測不可能な現代社会の中で、企業が抱える課題や問題は多様化・複雑化し、コンサルタントが活躍できる場も広がってきました。 昨今では、グローバル化や新規事業立ち上げを進める企業の課題に応えられるコンサルのニーズが急増しており、特定の分野に明るいコ... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

エグゼクティブとは?企業の成長にエグゼクティブ人材が必要な訳

近年、ハイクラス層に向けた求人を出すといったように、「エグゼクティブ」と呼ばれる人材に注目が集まっています。エグゼクティブのニーズが増えている背景には、グローバル対応や既存企業の事業拡大、後継者不足、企業のM&Aなどが挙げられます。 欧米では、CEOを求人したり、エグゼクテ... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

CHROとは?戦略的人事を担うCHRO最高人事責任者が必要な訳

いかに優れた人材を獲得し適材適所に配置できるかは、あらゆる企業にとって重要な経営課題の一つになります。 企業が人手不足に陥らないようにするためには、人材採用の強化と並行し、人が働くモチ―ベーションを高めつつ、働きやすい職場環境や充実した福利厚生の提供などで社員を定着させ、離... [続きを読む]
プロ活用方法 | コメントをどうぞ

カスタマージャーニーマップとは?顧客の購買行動分析が有効な訳

現在、新規顧客がブランドやサービスに触れる接点が多様化しています。情報収集のルートや購買行動も複雑化し、営業やマーケティングも一筋縄ではいかないのが現状です。 法人営業でも新規顧客が商品の購入に至るプロセスを捉える「カスタマージャーニー」を用いて、多様化する顧客ニーズと企業... [続きを読む]