働き方改革

働き方改革 | コメントをどうぞ

営業のスキルセットとは?時代の変化に応じて営業力を高めるコツ

BtoB営業では商材単価が高額なため、同じ商品やサービスであっても、実際の購入までに最低でも数社から見積を取って比較検討するのが一般的です。企業規模が大きくなど程、購入の意思決定にも多くの人物が介在し、総じて検討期間が長くなりがちです。 特にインターネットで簡単に欲しい情報... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

コンサルティング会社の営業手法とは?コンサルの営業が難しい訳

欧米と違って日本には、ノウハウやアドバイスに対して多額のお金を払うという習慣があまりありません。そのため、大手コンサルティング会社は、経営資源が乏しい中小企業向けではなく、予算を豊富に持つ大手企業が抱える課題に対して、プロジェクトを通じ解決策を提示する仕事をメインにしています。 ... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

アメリカの営業に億万長者がいる訳?日本でも営業で稼げるのか?

日本の会社の場合、営業マンの報酬体系は基本給をベースにしているため、給料に占めるコミッションの割合が低い会社が多く、年収で1000万円を超える人はごく僅かです。 ですが、アメリカの企業のトップセールスや人気のセールスレップには、年収が1億円を超える営業のプロフェッショナル人... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

営業代行フリーランスとは?営業経験と人脈で営業顧問になる秘訣

近年、顧問紹介を行うエージェントや日本最大級の顧問契約マッチングサイト『KENJINS』を筆頭とする人脈や業界でのネットワークを豊富に持つ営業顧問を紹介するプラットフォームが普及してきました。 そのような影響で、フリーランスの営業顧問などを生業とするセールスのプロ顧問が増え... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

働き方改革の目的とは?企業に働き方改革の推進が必要性な理由

日本は今少子高齢化による労働人口の減少が問題視されています。中小企業の場合、人手不足による倒産も深刻です。 帝国データバンクの調査によると、従業員の離職や採用難等に起因する倒産企業件数は70件超となり、半期ベースとしては最多件数を記録しました。深刻化する働き手の減少を背景に... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

プランドハップンスタンスとは?天職と言える仕事を見つけるコツ

「現在の仕事から一歩、ステップアップをしたい」「現在とは異なる仕事に挑戦したい」など、理由は違えど新たな道へ進むためにフリーランスの顧問やプロ人材として独立することを検討している方は多いのではないでしょうか。 現代はITテクノロジーの発展・グローバル化などにより、予測不能な... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

海外営業とは?海外の販路開拓に顧問の人脈やコネが武器なる訳

近年では、新興国の市場規模が先進国をしのぐレベルに発展し、海外戦略の策定と実行がますます重要になってきています。国内消費に頭打ち感がある業界も多く、海外との取引に目を向けている企業は増えています。今後、海外営業の需要はますます増えることが予想されます。 ただし、外国の交渉相... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

セカンドキャリアとは?年齢を問わず第二の人生に備える必要性

中小企業やベンチャー企業では、即戦力となる優秀な労働力人口の不足が叫ばれる中、シニア世代や若手など年齢に関係なく大手企業で培ったノウハウ、知識、経験、人脈、スキルを生かしプロ人材として働く「セカンドキャリア」が注目されています。 その理由としては、コロナによる経済低迷やジョ... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

社外取締役になるには?上場企業とスタートアップの役割の違い

昨今のコーポレートガバナンスの改革により、上場会社の社外取締役の人数や導入する企業の割合は急速に増加しています。ですが、関係者からは、形式的な導入にとどまっているのではないか、役割認識が明確になっていない等の声も聞かれ、「形式から実質へ」深化を図ることが課題となっています。 ... [続きを読む]
働き方改革 | コメントをどうぞ

フルコミッションとは?副業や顧問にフルコミッション営業の魅力

人生100年時代を迎えた今、ビジネスマンの誰もが年齢を問わずマネープランを考え、定年後のライフプランと80歳までの働き方を考える必要性が出て来ました。また、終身雇用の崩壊に向かいつつある日本では、若い世代でも副業が当たり前になりつつあり、今後のキャリア形成を踏まえて副業やパラレル... [続きを読む]