専門家インタビュー

専門家インタビュー | コメントをどうぞ

営業リストとは?新規開拓を行う際の営業リストを作るポイント

中小企業やベンチャー企業を問わず、企業が売上を上げ、持続的な成長を実現するためには、既存顧客をフォローしながら、定期的に新規顧客を開拓し続ける必要があります。 ですが、新規開拓が大事だとは言え、あらゆる企業に対してに無差別にアプローチしても良い成果は出ません。 そこで... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

共感営業とは?人を動かすために感情を動かすトリガーが必要な訳

営業の成績を全社的に上げるためには、経営者の創業ストーリーや商品やサービスの想いを伝え、クライアント企業から「共感」を持って貰う必要があります。 なぜなら、どれだけ良い提案であっても、「ビジネスへの共感を持てない会社」や「嫌いな営業マンからは買うことはない」と言えるからです... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

営業支援とは何か?営業のプロ人材から営業支援を受けるコツ

ニューノーマル時代の営業活動において、従来の対面営業を見直し訪問型の営業マンを減らす会社が増えています。反対にインターネットを活用しBtoBマーケティングに取り組み、インサイドセールスを新たに導入する会社が増加しています。 それ以外の手法として現在、外部の営業のプロ人材から... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

CTOの役割とは?DX推進にエンジニア出身のCTOが必要な訳

近年、AI、ビッグデータの分析、IoTなど、新しい技術が注目されDXを推進することが企業の発展に不可欠になっています。企業経営においては、特許技術や工学的なテクノロジーや科学的な知識を経営に活用する「MOT」=「技術経営」に取り組む会社が増えています。 日本企業がグローバル... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

ステークホルダーとは?企業の発展には利害関係者が大切な訳

近年、企業は株主だけではなく、あらゆるステークホルダーの利益に配慮すべきだという「ステークホルダー資本主義」の考え方が世界中に広がっています。 それに伴って、ステークホルダーにどれだけ配慮できているかが、企業を評価する指針の一つになってきました。 ステークホルダー資本主義が... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

SOHO「ソーホー」とは?SOHOとして在宅で仕事をするコツ

最近ではインターネット環境などの発達により、毎日定時に会社に出社したり、1つの会社に属さなくても個人のチカラでフルリモートで仕事ができるようになっています。 世界的な潮流として個人事業主の増加などに伴い、SOHOというワークスタイルでスキルを武器に仕事をするフリーランスが増... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

パラレルワーカーとは?パラレルワークのメリット、必要なスキル

新型コロナウイルスの流行や終身雇用制度の終焉。様々な社会的背景から、転職や独立を含め新たな働き方を模索する人が増える中、「パラレルワーク」と呼ばれるワークスタイルが世代を問わず注目されています。 大手企業でも副業を解禁する企業が多くなり、2つ以上の仕事を平行して行う顧問やプ... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

ジョイント・ベンチャーの目的とは?M&Aやアライアンスの違い

現在、ビジネスを加速させる取り組みとして複数の企業同士が提携し、相互の利益を生み出すためにジョイント・ベンチャーにより会社を立ち上げ、戦略的なパートナーとして協力し合う体制を構築する動きが流行しています。 異なる立場の企業と提携しビジネスを推進するにあたっては、成功に導くた... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

顧問のインテグリティとは?顧問のリファレンスチェックとは?

アメリカの大手企業の経営方針や社員が守るべき行動規範を記した文面には、「インテグリティ」という言葉が頻繁に使われています。 ピーター・ドラッカーは、インテグリティこそが組織のマネジメントを担う人材にとって“決定的に重要な資質”だと喝破し、才能ではなく真摯さが重要だと説いてい... [続きを読む]
専門家インタビュー | コメントをどうぞ

2025年問題を顧問が解決できる訳?少子高齢化時代は顧問が活躍

2025年に日本では、団塊の世代が75歳を超え後期高齢者となります。厚生労働省の人口見通しでは、2025年には65歳以上の高齢者が人口の30%を占め、75歳以上の後期高齢者が人口の20%程という超高齢化社会を迎えます。 そのため、若い労働力が減少し、高齢者に対しての介護、保... [続きを読む]