起業するためのプロセスとは?起業し儲かる起業家になるステップ

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 専門家インタビュー   パーマリンク

ゼロから起業し儲かる起業家になるためには、新規事業の内容やジャンルによっても変わりますが、独立開業し会社を設立しても何もな無いところから新規事業の立ち上げを行うには多くのコストと時間、そして労力が掛かります。

また、起業して社長になっても新規事業が軌道に乗らなければ、会社には多額の赤字が残ってしまうため、慎重に計画を立てる必要があります。

そこで今回、起業するためのプロセスと、起業し儲かる起業家になるステップについて解説します。

■新規事業の立ち上げに必須な6つのプロセス

1、顧客や自分の「課題」を見つける
マーケットの需要のある新規事業を立ち上げるためには、まず「顧客の課題」を見つけることが必要になります。

なぜなら、ターゲット層が抱える課題を解決できる商品・サービスを提供すれば、自然と需要は伸びるはずだからです。

しかし、実際にはモチベーションが先行し過ぎて、「自分たちがやりたいこと」を重視するケースが珍しくありません。このような安易な考えで計画を進めると、市場から求められていない商品・サービスを提供してしまう恐れが高くなります。

顧客の課題を見つける手段としては、「自分自身が抱えている課題」に目を向ける方法が効果的です。既存の商品やサービス、市場、業界などを確認し、顧客や自分が抱えている課題から、すでに顕在化している需要を見極めて行きましょう。

2、事業ドメインを決定する
顕在化している需要を見つけたからと言って、すぐにビジネスプランを立てるべきではないです。ステップとして単なるアイデアで計画を進めると失敗につながるため、データや根拠をもとにひとつずつ組み立てることが重要になります。

そこで次に取り組みたいものが、「事業ドメイン」を決定することです。事業ドメインとは事業を展開する領域のことであり、ここを明確にすることで取り組むべき事業内容が見えてきます。

事業ドメインの決め方には、具体的な商品・サービスを基点とする「物理的定義」と、顧客のニーズや不満を基点とする「機能的定義」の2種類があります。

3、理念とビジョンを明確にする
魅力的な理念・ビジョンを持っている企業には、それだけで優秀な人材が集まってくる傾向が高いです。また、各メンバーが迷わず同じ方向に進むためにも、経営や事業に関する絶対的な理念は必要です。

ここで重要になるポイントは、理念・ビジョンを「文字化」することになります。経営者が頭の中でざっくりとした理念を持っていても、文字化しなければ正確には周りに伝わりません。

明確な理念・ビジョンを伝えて、各メンバーがそれに共感してくれれば、企業のポテンシャルは一気にアップします。

4、「市場性」と「事業性」を見極める
ここまで進めば、新規事業の内容はある程度固まってきたと言えます。

しかし、事業の成功率を少しでも高めるために、分析や予測にも力を入れておきたい所です。新規事業の立ち上げでは、「市場性」「事業性」の2つの見極めが必要です。

簡単に言い換えれば、「需要がどれくらいあり、どれくらいのお金が動くのか?(=市場性)」や、「顧客のどんな課題を解決し、どんな人であれば絶対に買うのか?(=事業性)」をリサーチすることが重要になります。

5、製品やサービス作りに必要な環境を整える
新規事業を成功させるには、環境を整えることも必要です。

特に以下で挙げるものは、ほとんどの事業で必要な要素と言えます。事業内容によって必要な環境は変わってくるため、まずは「自社の製品・サービス作りに何が必要になるのか?」をひとつずつ洗い出しをしましょう。

6、具体的な行動計画を立てる
ビジネスプランが明確になってきたら、最後に「いつ・誰が・何をするのか」という具体的な行動計画を立てる形になります。

行動計画を立てる際には具体性だけではなく、現実性のあるプランを考えることが重要です。

たとえば、資金調達や設備投資などは、会社によっては長い期間を要することも想定する必要があります。

無理をしてスケジュールを組んでしまうと、万全な準備を整えられない可能性があるため、現実的なスケジュールを組まなくてはなりません。その点を意識して、今後の行動計画を慎重に考えてみましょう。

■まとめ
起業家として独立を果たし会社を設立しての実際に新規事業の立ち上げ、儲かる仕組みが出来上がるまでには途方もなく、多くのプロセスと改善するが必要になります。

ですが、起業して各プロセスとビジネスの工程を丁寧に進めることで、新規事業に潜んでいるリスクはある程度抑えることが可能です。

その際、新たに起業家としてビジネスをスタートする前に本格的な市場分析や顧客分析に取り組むとなると、莫大な費用と労力も掛かり、業種によっては長い時間を要することもあります。新規事業の中には分析だけで数ヵ月、新規事業の立ち上げまでに数年を要するケースもあるほどです。

そのため、新規事業を始める場合はいち早く計画を立てて、すばやく行動に移すことを意識して取り組みましょう。

■最後に
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、新規事業のビジネスの設計図が引ける顧問やプロ人材を厳選して紹介し、様々な業種、業界の新規事業立ち上げのご支援を行います。

あらゆる企業の新規事業における課題に応じたプロ人材を、徹底したヒアリングによりマッチングする人材ソリューションサービスになります。

クライアント企業の現状や競合分析を通じて、最適な新規事業立ち上げプランをプロフェッショナル人材とともにご提案します。

0ベースからの新規事業や、既存事業とシナジーのある事業立ち上げを、それぞれに強みや実績を持つプロフェッショナルを活用することで起業を成功に導きます。

顧問の活用なら「顧問報酬100%」で「中間マージン無し」でダントツの費用対効果を保証する日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」に、是非、一度ご相談ください。

「人数無制限」の「顧問のサブスク」モデルを提供していますので、企業の課題に適切な解決策を提案できる沢山の顧問と繋がることができます。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、人脈を活用した営業支援を問わず、ハイスキルなプロ人材によるマーケティング支援、新規事業立上げ、資金調達、海外進出など、様々な事業課題やプロジェクトに応じて外部のエキスパートを定額で何人でもアサインすることが可能です。

【無料お試し】が可能ですので、まずは会社アカウントを登録し、是非、どのような顧問がいるか選定をしてみてください。

【人数無制限】顧問のサブスクと言えば、業界最安値のKENJINS
https://kenjins.jp/lp/subscription/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営会社社長 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

営業リストとは?新規開拓を行う際の営業リストを作るポイント

中小企業やベンチャー企業を問わず、企業が売上を上げ、持続的な成長を実現するためには、既存顧客をフォローしながら、定期的に新規顧客を開拓し続ける必要があります。 ですが、新規開拓が大事だとは言え、あらゆる企業に対してに無差別にアプローチしても良い成果は出ません。 そこで...[続きを読む]

中国のライブコマース普及の背景とは?KOLの役割が鍵になる訳

新型コロナウィルスによる経済への影響が深刻化している中、依然として海外をマーケットにした越境ECの施策は企業にとっては重要な施策として認識されています。 現在、日本では外国人を対象としたインバウンド需要が急速に減少しています。そのため、多くの業界で海外をマーケットとして販売...[続きを読む]

人脈紹介型アフィリエイトとは?顧問の紹介営業がROIが良い訳

アフィリエイトは、商品が売れたときにだけ広告費が発生する仕組みのために、低リスクで費用対効果が高いとされています。 BtoC企業で「会社の売上を増やしたい」と考えるのであれば、ぜひ導入を検討して欲しい集客方法の1つです。 ですが、BtoBを対象にした商品やサービスを...[続きを読む]

営業心理学とは?心理学が商品に説得力を持たせ信頼にも繋がる訳

新規顧客に商品やサービスを購入して貰うためには、顧客の「心を動かす」ことが必要不可欠になります。 その際に絶大な効果を発揮してくれるのが「心理学」のテクニックです。なぜなら、心理学に基づく、営業テクニックを身につけておけば、自分にとって有利な状況を作り上げやすくなるからです...[続きを読む]

社長向け1on1ミーティングとは?1on1が行動改革に効果的な訳

現在、上司から部下への一方的なコミュニケーションではなく、時には上司が部下に教えを乞えるような、対話するコミュニケーションが組織として必要になっています。そのやめ、多くの企業では、部下との定期面談の機会を設けています。 しかし、面談の目的が十分に理解されず、雑談や当たり障り...[続きを読む]