応募から2週間経過しても書類選考の返信が無い理由?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

案件への応募後の書類選考の結果は企業規模やその時の応募者数などにより、回答が遅れる場合があります。基本的に、多くの企業では企業側が会ってみたい、と思える人材を応募書類の中から選考し、ふるいにかけます。

そして、書類選考を通過した応募者のみが企業の方とお会いし面接を受けることができる形になります。特に顧問やフリーランスの場合には、エージェントがクライアント候補企業との間に居たとしても『書類選考を通過した方のみメールにてご連絡するという会社が多くなっています。

◆書類選考の結果が遅いのはなぜ?
書類選考の結果がなかなかこないのはなぜなのでしょうか?
企業の事情によって異なりますが、主に下記のような理由が考えられます。

1、ある程度の応募者が集まってから選考する方針
企業によっては、応募書類が届くたびに選考を行うのではなく、ある程度数が集まってからまとめて選考するという方針のところがあります。そういった企業では、書類を送ったタイミングによって結果が出るまで時間がかかるでしょう。

2、応募者数が多く時間がかかっている
大手企業など、人気のある企業では応募者の数が多く、なかなか結果を出せないということも。自分が応募した企業の人気が高そうだなという場合には、気長に待ったほうが良いかもしれません。

3、長期休暇などが重なっている
年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどが重なった場合、担当者が休みを取っていて選考が止まっているということがあります。これらの休みが重なる場合には、返事が遅くなることを念頭に置いておきましょう。

4、採用担当者が忙しい
採用業務以外の仕事が忙しく、書類選考に手が回っていないためなかなか返事ができない。ということも考えられます。特に志望する企業や業界の繁忙期に被っている場合などは、この可能性が高いかもしれません。

5、合格者から通知している
合格者から順番に通知し、もしも辞退があったときのために補欠候補者への返事は保留しているということがあります。企業によっては不合格者には連絡をしない、通称「サイレントお祈り」をするところも結構あります。

このように、書類選考の結果通知が遅い理由は企業によって様々です。不合格だから遅いのでは?と考えすぎず、落ち着いた気持ちで結果を待つと良いでしょう。

■まとめ
・書類選考の期間 通常は2週間程度で10営業日(土日など会社が休みの日を外した稼働日のみをカウント)で回答を出すことが多い。ただし、企業側の社内ルールや担当者の業務の忙しさなどで選考期間が変わる。
・早い企業では即日~3日、遅い企業では1か月以上かかることもある。
・結果通知は中小・ベンチャー企業では早く、大企業では遅い傾向にある。
・結果が遅いからといって不合格の確率が高まるわけではなく、「応募者が多い」「長期休暇が重なっている」「担当者が多忙」などの理由があることもある。
・応募者が多い場合、企業によっては合格者のみ連絡し、不合格者には連絡をしないケースも多い。

日本最大級の顧問マッチングサイト「KENJINS」の場合でも、顧問やプロ人材の顧問契約の場合には、一般的な正社員を採用するフローとは異なると考えています。人材エージェント会社を活用した場合でもクライアント企業側に問合せすると、面談した後の選考結果は教えてくれますが、書類審査の選考結果を顧問毎にそれぞれフィードバックして貰えるケースが少ないのが現状となっています。

ただし、自分以外の顧問との契約が確定してしまったという場合でも、追加での人選や契約、お試しで別な顧問やプロ人材と契約したが、3ヵ月担当顧問を変更したいというケースもあります。そのため、顧問活動では1社にこだわり過ぎると、どうしてもあせりの気持ちから、急いで回答を求める行動に出てしまいがちです。

ですので、顧問やフリーランスとして長期的に活動する場合には、応募の段階で自分の可能性を狭めたり、特定の会社1社に絞り過ぎることは避け、規模や業界の異なる複数社のプロジェクトや案件に応募して頂き、顧問契約先を複数掛け持ちすることをオススメしています。また、顧問やフリーランスとしての実績を作り、新たなクライアントからの案件や相談が来ても顧問として支援する企業を選び取れる状況をつくることが、プロ人材としての活動の成功のポイントになります。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

中小・ベンチャー企業の働き方改革は“人材不足”が大きな課題

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を運営するプライドワークスでは、中小・ベンチャー企業の経営者を対象に、働き方改革の実態に関するインターネット調査を2019年に夏に実施した。その結果、働き方改革に取り組んでいる中小企業はまだ3割で、特に地方では人材不足を理由に...[続きを読む]

副業の実態・副業の意識調査の内容とは?

昨今、政府主導による「働き方改革」が社会全般に広がる中、副業を「解禁」する企業が増えており、大手企業の中には副業を「推奨」する制度を打ち出す企業も出始めています。副業という言葉が身近な存在となった今、「やってみたい」と興味を持っている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、実際に...[続きを読む]

オンライン商談がコロナ対策で急増している理由とは?

あらゆる会社にとって重要な役割を担う営業活動ですが、非常事態宣言が発令され日本全国が対象エリアとなった今、コロナ対策の一環として、「3密」を避けることが絶対条件になっています。 そのため、法人営業の活動においても集団感染が生じる場という共通点を踏まえ、 1.密閉空間(...[続きを読む]

顧問契約マッチングサイトのアライアンスパートナー募集

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 現在、顧問契約マッチングサイトの立ち上げに伴い、 アライアンスパートナーを募集しています。 KENJINSのアライアンスに対する考え方 市場の変化のスピードが早いIT業界にお...[続きを読む]

コロナウィルス対策でリモートワーク導入企業が増加

現在、コロナウイルスの感染拡大を受け、中国からの観光客が集まる東京や大阪などに拠点を置く会社では、通勤ラッシュを避けて直行直帰を推奨したり、外部との打ち合わせは極力Web会議で行うなど、人混みに出かけないような勤務体系に変更する会社が増えてきているようです。 リモートは「遠...[続きを読む]