応募から2週間経過しても書類選考の返信が無い理由?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

顧問案件への応募後の書類選考の結果は企業規模やその時の応募者数などにより、回答が遅れる場合があります。基本的に、多くの企業では企業側が会ってみたい、と思える人材を応募書類の中からプロフィールで書類選考し振るいにかけます。

そして、書類選考を通過した応募者のみがクライアント企業の方とお会いし面接を受けることができる形になります。特に顧問やフリーランスの場合には、エージェントがクライアント候補企業との間に居たとしても「書類選考を通過した方のみメールにてご連絡する」という会社が多くなっています。

◆書類選考の結果が遅いのはなぜ?
書類選考の結果がなかなかこないのはなぜなのでしょうか?
企業の事情によって異なりますが、主に下記のような理由が考えられます。

1、ある程度の応募者が集まってから選考する方針
企業によっては、応募書類が届くたびに選考を行うのではなく、ある程度数が集まってからまとめて選考するという方針のところがあります。そういった企業では、書類を送ったタイミングによって結果が出るまで時間がかかるでしょう。

2、応募者数が多く時間がかかっている
大手企業など、人気のある企業では応募者の数が多く、なかなか結果を出せないということも。自分が応募した企業の人気が高そうだなという場合には、気長に待ったほうが良いかもしれません。

3、長期休暇などが重なっている
年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどが重なった場合、担当者が休みを取っていて選考が止まっているということがあります。これらの休みが重なる場合には、返事が遅くなることを念頭に置いておきましょう。

4、採用担当者が忙しい
採用業務以外の仕事が忙しく、書類選考に手が回っていないためなかなか返事ができない。ということも考えられます。特に志望する企業や業界の繁忙期に被っている場合などは、この可能性が高いかもしれません。

5、合格者から通知している
合格者から順番に通知し、もしも辞退があったときのために補欠候補者への返事は保留しているということがあります。企業によっては不合格者には連絡をしない、通称「サイレントお断り」をするところも結構あります。このように、書類選考の結果通知が遅い理由は企業によって様々です。不合格だから遅いのでは?と考えすぎず、落ち着いた気持ちで結果を待つと良いでしょう。

■サイレントお祈りとは?
採用選考の不合格通知の際、「選考の結果、残念ながら不合格となりました。今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」という企業からのメール文面が多かったことから、いつの頃からか、不合格通知メールを「お祈りメール」と呼ばれるようになりました。

サイレントお祈りとは、企業側が選考結果を顧問やプロ人材の案件応募者に通達しないことをいいます。一般的に応募や面談後に顧問契約に至らないケースで、企業が顧問希望者に不採用を言い渡す場合、「○○様のご活躍を心よりお祈り申し上げます」などの文言が記載されたメールを送ることが多いのですが、「サイレントお祈り」はこの不採用通知すらも届かない状況になります。

■まとめ
・書類選考の期間 通常は2週間程度で10営業日(土日など会社が休みの日を外した稼働日のみをカウント)で回答を出すことが多い。ただし、企業側の社内ルールや担当者の業務の忙しさなどで選考期間が変わる。
・早い企業では即日~3日、遅い企業では1か月以上かかることもある。
・結果通知は中小・ベンチャー企業では早く、大企業では遅い傾向にある。
・結果が遅いからといって不合格の確率が高まるわけではなく、「応募者が多い」「長期休暇が重なっている」「担当者が多忙」などの理由があることもある。
・応募者が多い場合、企業によっては合格者のみ連絡し、不合格者には連絡をしないケースも多い。

日本最大級の顧問マッチングサイト「KENJINS」の場合でも、顧問やプロ人材の顧問契約の場合には、一般的な正社員を採用するフローとは異なると考えています。人材エージェント会社を活用した場合でもクライアント企業側に問合せすると、面談した後の選考結果は教えてくれますが、書類審査の選考結果を顧問毎にそれぞれフィードバックして貰えるケースが少ないのが現状となっています。

ただし、自分以外の顧問との契約が確定してしまったという場合でも、追加での人選や契約、お試しで別な顧問やプロ人材と契約したが、3ヵ月担当顧問を変更したいというケースもあります。そのため、顧問活動では1社にこだわり過ぎると、どうしてもあせりの気持ちから、急いで回答を求める行動に出てしまいがちです。

ですので、顧問やフリーランスとして長期的に活動する場合には、応募の段階で自分の可能性を狭めたり、特定の会社1社に絞り過ぎることは避け、規模や業界の異なる複数社のプロジェクトや案件に応募して頂き、顧問契約先を複数掛け持ちすることをオススメしています。また、顧問やフリーランスとしての実績を作り、新たなクライアントからの案件や相談が来ても顧問として支援する企業を選び取れる状況をつくることが、プロ人材としての活動の成功のポイントになります。

中間マージン無し。顧問報酬100%を保証!プロ顧問・副業顧問の仕事獲得なら
https://kenjins.jp/lp/prokomon/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSの創設者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進。「顧問料の中間マージンをゼロ」「顧問報酬100%」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

ホラクラシー型経営を目指す会社が増えている理由とは?

ホラクラシーという言葉をご存知でしょうか?ホラクラシー組織を聞いたことがあるものの、今一つ分からないと感じている人もいると思います。組織を成す人の立ち位置がフラットで、個人の主体性を高める組織形態として注目されています。では、ホラクラシーとはどんな組織なのか、語源、ホラクラシー経...[続きを読む]

副業の実態・副業の意識調査の内容とは?

昨今、政府主導による「働き方改革」が社会全般に広がる中、副業を「解禁」する企業が増えており、大手企業の中には副業を「推奨」する制度を打ち出す企業も出始めています。副業という言葉が身近な存在となった今、「やってみたい」と興味を持っている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、実際に...[続きを読む]

ワークライフインテグレーションとは?顧問という働き方とは?

仕事と生活を柔軟に統合する「ワークライフインテグレーション」は、 仕事とプライベートを切り分けて考える「ワーク・ライフ・バランス」 に次ぐ新しい考え方として知られるようになってきました。 今回は、ワークライフインテグレーションについて、推進事例も含めてご紹介します。 ■ワー...[続きを読む]

人生100年時代の到来!定年起業として顧問がオススメな理由?

現在、日本ではシニア人口が急激に増加しており、2005年には全体の4割であった50歳以上の割合は、2030年には5割を超えるとされています。医療の発達、栄養状態や衛生環境の改善などによって、人生は100年時代を迎えています。ひとりの人間の人生が100年続くとなったとき、働き方や生...[続きを読む]

副業や兼業で副業顧問やプロ顧問・コンサルタントになる方法?

現在、コロナ渦の中で本業とは別の収入源を確保する副業の人口が増加しています。政府による副業のススメや大手企業による副業解禁を受けて、本業が休みである休日や長期休暇を利用し、自身の得意な分野を直接的に収入につなげる人が増えているようです。副業が解禁となった会社では、副業として顧問や...[続きを読む]