社外CFOとは?資金調達に外部CFOと顧問契約するメリット

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

社外CFOとは、CFOの役割を外部の立場でサポートする業務委託のプロ人材になります。通常、CFOというと「最高財務責任者」という意味があります。大事な財務戦略や資金調達を正社員ではなく、社外のCFO人材に頼る理由が分からないと思う経営者もいるかも知れません。

ですが、外部CFOの活用には多大なメリットがあるため、第三者割当増資による資金調達を行うスタートアップ起業家の界隈では、近年、水面下で外部CFOと顧問契約することでファイナンスを成功させる動きが活発化しています。

そこで今回は、社外CFOの役割とスタートアップの起業家が外部CFOと顧問契約するメリットについて解説します。

■CFOとは?CFOはどんな役職なのか?
CFOとは、最高財務責任者のことを指します。財務面から企業成長を支える役割のCFO(Chief Financial Officer:最高財務責任者)になります。

今日のCFOに求められるその役割は、従来とは大きく変わっています。

企業価値を生み出す設計者として、従来の財務における責務を果たすと同時に、企業成長に貢献し経営を取り巻く複雑な状況の変化に対応するといった、高度な役割が求められているのです。

スタートアップのファイナンスを推進するCFOには、マーケットの変化による自社の立ち位置のほか、経営戦略、そして社員が効率に働くことができているかどうかについて、幅広い知見を必要とします。

単なる財務部長や経理部長であれば、財政の数値を分析することで終わればいいですが、CFOは従業員とは立場が異なり経営陣という扱いになります。

そのため、他部署を巻き込んででもファイナンス業務に必要となる事業ドメインの明確化や人員配置などの改善を実行する必要があります。

つまり、CFOは財務や経営管理の高い専門知識を持ち、戦略立案を積極的に行い経営者と共に事業を推進する、「もう1人の経営者」ということになります。そして、これこそが本来のCFOとしての存在価値なのです。

具体的にCFOが行う取り組みとしては、財務部長や経理部長よりも広い視点を持ち、企業の価値を高めることを目標として財務戦略を実行に移すことが求められます。以下の仕事は一例になります。

・今後必要となる資金を調達するために株主を新たに見つけて来ること。
・規模についてのメリットを追求するために戦略的にM&Aを手掛けること。
・主力事業とは方向性の異なるビジネスの一部や事業資産を売却する。

といったように多岐に渡ります。

■社外CFOの仕事内容とは?
自社でCFOを採用しようとする企業にとって、社内CFOを育成・採用するか、社外CFOを採用するか、という議論が必要になると思われます。社外CFOとは、通常フルタイムではなく、他の仕事と兼業したり、会社と業務委託契約を結んだりして、パートタイムで働くCFOのことです。

会社としては、資金調達など財務関連の仕事を、社外CFOにアウトソースすることになります。日本でCFOという言葉が浸透したのはごく最近のことです。そもそも、外部CFOが必要とされるようになった背景とは何でしょうか?

一番の要因は金融機関からの資金調達が厳しくなったことでしょう。

特にベンチャー企業は、別の手段での資金調達が迫られます。いかに投資家から資金を調達するかが求められているのです。ただし、金融機関と投資家とでは、求められるコミュニケーションが根本的に異なります。

銀行に対しては安定した財務状況、財務計画を説明する必要があります。

投資家やベンチャーキャピタルに対しては自社のいる市場の成長性や競合優位性、経営戦略と財務戦略に落とし込んで説明し、将来的に大きな投資リターンを生み出すことがきる、ROIという観点からを事業をアピールしなければいけません。

従って、投資家からの資金調達では、銀行からの融資とは異なり、経営に関する知識やリーダーシップを発揮し、人脈を駆使し外部の事業会社やベンチャーキャピタルなどの投資家探しや交渉という側面も必要になるため、サラリーマン発想の中間管理職の財務部長では対応が難しいのです。

反対にスタートアップの起業家やCEOでも財務における専門知識を持ち合わせていないケースがほとんどです。

そのため、特に第三者割当増資による資金調達の役割を担うとなると、経営者自身が資本政策や株価算定、ストックオプションの考え方などファイナンスに必要なある程度の財務知識を身に付ける必要があります。

そのような際に、社外CFOの役割を外部に義務委託することで、高度なスキルや経験をもとに得た財務分析をもとに、経営効率を上げて、企業価値を高めていくことができます。

経営者から社外CFOに求められていることとしては、以下のような仕事があります。

・起業段階ではCEOがCFOを兼務しているため、その補佐して欲しい。
・CEOの経営専念、社内CFO育成のために社外CFOを採用したい。
・IPOに向けて社内CFOに財務を引き継ぎ、ノウハウを提供して欲しい。
・企業内の財務戦略についてのマネジメント全般を支援して欲しい。
・資本政策を作り、ベンチャーキャピタル等の投資家と株価交渉をして欲しい。
・株式公開に向けてIRの整備や監査法人との渉外を担当して欲しい。
・資金調達に関する渉外、調整、株式発行などに関する全般を担って欲しい。
・上場準備に必要な財務コンプライアンス強化と管理業務を担当して欲しい。

上記の業務は、社内のCFOとほとんど変わりませんが、ベンチャー企業の場合には経営者自身がファイナンスに必要な業務をやらざるを得ない状況にあることも多いです。

このような際に社外CFOを雇うことにより、社内で常勤のCFOを雇うよりもコストの削減だけでなく、専門スキルの提供とファイナンスの実行支援を受けることが可能になります。

■社外CFOに期待される5つの役割とは?
2019年10月にみずほ銀行が副業を解禁しました。これにより、副業として社外CFOを担いたいと考えるファイナンスのプロ人材が増加しています。

上場企業ではコンプライアンスの問題があり、スポット採用での社外FCOは難しいです。そのため、必然的に非上場企業が対象となります。

また、近年では、ビジネス系のフリーランスが増えているため、スタートアップや中小企業など成⻑企業の経営陣が抱える課題に対し、相談できるパートナーとして寄り添い、経営・財務・バックオフィス領域のハンズオン⽀援が求められています。

フリーランスや副業の社内CFOの場合のニーズとしては、以下のようなものが挙げられます。

1、スタートアップの起業時に資金調達すること。
CFOは経理も含む企業の財務を統括し、自社の財務諸表を確認・分析し、資本政策について策定や修正を行う必要があります。

資金調達を行うにあたってそれをエクイティで行うか、デットで行うかも含めて検討したり、ROA(総資産利益率)をはじめとする財務数値を把握し必要に応じて改善策を講じます。

資金調達時には、企業の財務全体に及びます起業時の財政戦略は、どこから資金調達をすればいいのか、株を渡すのであれば優先株なのか普通株なのか、といったような、重要な決断を迫られます。

しかし、アリーステージの時期さえ過ぎれば、会社が利益を稼ぐために加増できるようになるため、CFOの役割は急激に減少します。

また、資金調達が一旦終了し、次の資金調達まで間が空く場合、その間の社内CFOの担う業務が少なく、高給の割には貢献の機会が少なくなってしまうことがあります。

このようなことから、起業時にCFOを正社員として雇うことは、資金的に大きな負担となるでしょう。ですが、資金調達のアドバイザリー業務などを社外CFOに任せることができるだけでも、社長の負担は大きく減ります。

2、創業初期の財務会計全般に携わって貰えること。
社員数が増えてくると、社長が知識の浅い税務に関与したり、会計担当者にすべてを任せることに限界がでてきます。

しっかりとした会計のルールに則って会計をしなければなりませんし、ある程度の規模になると社外との渉外を行うことも求められてくるでしょう。

このような時に企業が今行おうとしている施策について、数値を通した客観的な意見を述べることができるため、CEO(最高経営責任者)やCOO(最高執行責任者)の片腕として企業の戦略策定・遂行に無くてはならない人材が、社外CFOという立ち位置になります。

3、財務体質を強化の実行支援をして貰えること。
会社がある程度大きくなると、売り上げや利益が大まかに予測できるようになってきます。そして、このようになると、この流れを保つための財務基盤の強化と管理が必要となるのです。

銀行と交渉をして資金に滞りがないようにしなり、利益のROI(Return on Equity:自己資本利益率)を把握したり、必要に応じて事業責任者や社長と調整をしたりすることが必要になります。そして、こうした業務は、会計の知識だけではなく、事業の経験も豊富なCFOが向いています。

4、社外CFOは独立性と客観性が高い。
社外CFOは外部専門家としての視点を持つことから、CEOをはじめとする経営陣に対し、より忌憚なく、客観性を持った意見を述べやすくなります。

企業の透明性・効率性向上に繋がる客観性と独立性は社外CFOの優位性と言うことが出来ます。社外CFOは社内のCFOとは異なり、第三者的な立場を持ち合わせ客観的に企業を分析します。

正社員で雇用したCFOの場合には、同じ社内だと問題点を発見した際に社長に対して何か提言することはためらわれますが、社外CFOであれば、経営者にも言いにくいことでも、しっかりと伝えることが可能です。

5、上場準備前半での監査法人等との渉外をして貰えること。
上場を見据えている場合、起業の財務や内部統制を、すでに上場している会社の基準に合わせておく必要があります。

そのため、社外CFOとしては、上場先市場に合わせた財務整理をし、必要に応じて監査法人との調整を行うということが求められます。

CFOを内製化するまでは社外CFOとして、上場準備フェーズ以降は、自社の状況を熟知したIPOアドバイザーとして、状況の変化に応じたサポートを、契約の変更のみで依頼することが可能です。

■スタートアップが社外CFOを雇う最大のメリット?
CFOを内製化しようとした場合、取締役の一人がCFOを兼ねることが一般的です。

そのため、報酬が高額になりやすく、万が一、その資質や方針から他の経営陣と軋轢が生じる等の問題発生時にも、容易に解任することができません。

一方で社外CFOの場合、業務委託契約になるため、顧問報酬額は比較的リーズナブルに抑えやすく、問題発生時のやむを得ない解約も、社内CFOに比較して容易です。

また、社外CFOは、正社員とは異なりあくまで社外の人材になりますが、事業計画書の策定サポートや資本政策の策定、株価算定書の作成、投資家の紹介、株価交渉など、社外の資金調達のプロ人材だからこそ可能になる難易度の高い仕事があります。

また、知識や経験が豊富なので、社内で一から人材育成に取組よりも、早くコストを掛けることなく必要な期間だけ資金調達に必要な難易度の高いファイナンス業務をアウトソーシングすることができます。

このようなことを考えた場合、高いクオリティでコストに見合った仕事をして貰える社外CFOの方合理的であることはお分かり頂けるでしょう。このように、スタートアップの起業家が社外CFOと顧問契約するメリットは数多くあるのです。

■まとめ
多くのベンチャー、スタートアップ、中堅・中小企業にとって重要な業務である資金調達を担うのが、CFO(Chief Financial Officer)です。

CFOは資金調達だけでなく、経理・財務などの管理部門を統括することが多く、また会社の財務責任者として、投資家への決算説明などを担うことが多い重要なポジションです。

一方で社内CFOの場合は、良くも悪くもフルタイムであるため、必要な時に必要な分だけ働いて貰うということはできません。

そのような際に社外CFOであれば、会社との契約や会社からの依頼に基づいて業務委託でスポットで仕事を行うため、会社が必要とする時期に、必要な分だけ契約して利用する、ということが可能です。

また、稼働時間に応じて報酬を支払うこととした場合には、業務が少ない時期には少ないコストで済みます。

社外CFOを利用した方が良いタイミングは、一時的に財務関連の業務が増加するタイミングです。例えば、以下のような場合です。

・VCから資金調達をしたいとき
・事業や組織が急拡大し、管理体制の整備が必要なとき
・決算業務の繁忙期
・監査を受けるとき
・事業計画の策定・見直しの時

■最後に
スタートアップを起業し、前人未到のビックビジネスに挑むという決断をしても、アイデアはあるがそのための軍資金があまりにも乏しいと、革新的な事業を作り上げるのは容易ではありません。

その理由は、いくら良いアイデアがあって、成功確率の高いノウハウを持っていても、事業のプロトタイプの開発したり、ある程度のトラクションを獲得する自己資金がないと競争優位性の高いビジネスモデルを構築することは難しいと言えるからです。

つまり、起業家には、どうやって事業で売上を上げ資金を作るかというマネタイズする馬力と、いかにして事業の成長に必要な資金調達するか、という「金融リテラシー」が求められます。

そのような起業家の課題を解決すべく、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、5000人の「顧問のチカラ」を駆使した新たな「スタートアップスタジオ」として自社をポジショニングしています。

明確なビジョンや事業ミッションを持ったスタートアップ起業家やベンチャー企業の経営者に対して、社外CFOを活用したアウトソースCFOによる資金調達サービスを提供しています。

アッティラ・シゲティは、スタートアップスタジオを以下の通り定義付けしています。

定義1:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織である。
定義2:スタートアップスタジオとは、起業家やイノベーターが新しいコンセプトを次々に打ち出す上で理想的な場を提供する組織である。

新規事業の立ち上げには資金だけでなく、人的なリソースが必要です。その足りない要素を一緒に埋めていく支援役を担うのがスタートアップスタジオです。

スタートアップスタジオは、前向きな野望を成し遂げるために足りないピースに対してフリーランスのプロ人材による実行支援を効率的に行い多くの起業家をサポートし、より多くのユニコーン企業を創出することを可能にします。

■KENJINSの外部CFOによるファイナンスの実行支援の特徴
資金調達にあたりKENJINSの主な役割としては、起業家に寄り添い経営者の立場でビジネスモデル毎に最適な資金調達の戦略の立案から実行支援を行います。

具体的には、企業価値の最⼤化を実現することを最大の目的とし、様々な手法による資⾦調達、M&Aをはじめ、中長期的な事業計画書の作成や事業戦略策定から、プロジェクト推進までを専門チームでサポートします。

プロ顧問のメンバーとしては、銀行や証券会社、ベンチャーキャピタル、投資銀行、監査法人などの⾦融機関の経験者、事業会社での資金調達の経験がある社長経験者、スタートアップのCFOや役員経験者などになります。

外部CFOの役割を担うことで、事業計画書の作成や資本政策や株価算定などの知⾒を提供し実行をサポートします。

また、資金調達には事業計画書や資本政策などのドキュメントの作成が欠かせません。また、第三者割当増資を成功に導くためには、実際に株式を引き受けてくれる可能性のある個人投資家やVC、CVC、事業会社などへのアプローチをする必要があります。

それゆえ、ファイナンスには人脈コネクターとして投資家をいかに紹介できるかが、非常に重要なポイントになります。

このような課題を解決するために、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、株式の引き受け先となる個人投資家、ベンチャーキャピタル、事業会社などの紹介や交渉を含め、クライアント企業毎の資金調達プロジェクトを立ち上げ、チーム体制でファイナンスを強力にバックアップします。

また、必要に応じて投資家候補が見つかった後も、事業プレゼンへの同席や株価交渉、社外取締役の紹介、株主総会への参加など、第三者割当増資だけでなく、財務戦略に精通した実務経験が豊富なプロ顧問が、社外CFOとしてサポートします。

株式公開を目指しているスタートアップの起業家や、競争優位性の高いメーカー、経営者の志が高く事業ミッションを帯びたビジネスを展開している社会貢献企業はチャンスがあります。

なぜなら、担当顧問から是非とも応援したいと言って貰えるならば、「完全成果報酬型」で営業支援のみならず、様々な課題解決プロジェクトの成功を引き受けるからです。

以下のような考えをお持ちの企業様は、

・他の顧問紹介会社では費用対効果が合わなかった。
・自社の商品やサービスに合わせた顧問契約を結びたい。
・顧問ごとにフレキシブルな料金体系で仕事依頼したい。
・顧問との直接契約によるトラブルは回避したい。
・1人顧問への依存や顧問とのミスマッチは避けたい。
・人数無制限で営業顧問を積極的に活用したい。
・顧問契約と支払いの窓口はワンストップで運用したい。

顧問の活用なら「顧問報酬100%」で「中間マージン無し」でダントツの費用対効果を保証する日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」に、是非、一度ご相談ください。

「人数無制限」のサブスク型プランで、企業の課題に適切な解決策を提案できる沢山の顧問と繋がることができます。

【人数無制限】顧問のサブスクと言えば、業界最安値のKENJINS
https://kenjins.jp/lp/subscription/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営会社社長 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

顧問紹介のエージェントとは?顧問がエージェントを利用する理由

顧問として活動したいと考えたとき、自分のキャリアや希望する条件などをもとに、最適な顧問先を見つけようと思うと多大な労力と営業活動に膨大な時間がかかってしまうことがあるでしょう。 顧問やプロ人材のフリーランス人材を募集する企業側も、自ら募集をかけて顧問やコンサルタント希望者す...[続きを読む]

MOTによる技術経営とは?MOT人材が技術経営の武器になる訳?

経済のグローバル化が拡大する中で、イノベーションを中心とした高い技術力を重視する企業が増えています。そのため、高い技術知識と経営能力を兼ね備えた経営人材を中心としたMOT(技術経営)の品質が、企業の存続に大きく関わるといわれています。 特に過去の成功体験を踏襲する傾向が高い...[続きを読む]

プロモーション・ミックス戦略とは?売上向上に繋がる販促戦術!

サービスや商品を販売する際には、生活者がサービスを認知し比較検討し購入に至るまでに、適切にサービスを見つけその魅力を感じて貰うきっかけづくりが必要です。 マーケティングではまさに、このきっかけづくりとしてプロモーション戦略を考えます。 その際にどんなプロモーション手段...[続きを読む]

事業承継とは?中小企業の経営者が抱える事業承継の課題と対策法

事業承継とは、会社の事業を後継者に引き継ぐことですが、中小企業においては経営者の後継者不足や高齢化などにより、それが進んでいないのが実情です。 国の経済を支える中小企業を存続させ、さらに発展させていくためにも、経営者には事業承継の意義やその仕組みへの理解、また、より早い段階...[続きを読む]

人材育成に社内研修の外部講師へ業務委託がオススメな理由とは?

企業にとって人材は大きな力であり、資産でもあります。ですが、社員一人ひとりが持っている能力をさらに伸ばし、業務に反映させるためには、さまざまな形での教育を施す必要があります。ところが、その社員教育という部分に問題を抱えている企業は少なくないようです。 人材を育成するために研...[続きを読む]