顧問紹介会社・プロ人材エージェントを利用するメリットとは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

■顧問・プロ人材エージェントを活用した方が良い理由
顧問紹介のエージェントとは、顧問やコンサルティング先の開拓を希望しているフリーランスの『個人』と、新たなプロ人材を求めている『企業』をマッチさせるサービス・会社(業務委託によるフリーランス紹介)のことをいいます。

あなたが顧問として活動したいと考えたとき、自分のキャリアや希望する条件などをもとに、あなたにとって最適な顧問先を見つけようと思うと多大な労力と営業活動に膨大な時間がかかってしまうことがあるでしょう。顧問やプロ人材のフリーランス人材を募集する企業側も、自ら募集をかけて顧問やコンサルタント希望者すべてを選考していては、いくら時間があっても足りません。

その点、顧問のエージェント会社は、『顧問契約を希望する個人』と『顧問やプロ人材を求める企業』のニーズをヒアリングし、双方にとって最適なマッチングを成功させるサービス・会社なのです。

顧問契約を希望するフリーランスのクライアントの開拓方法としては、自分で営業活動を行い顧問先となるクライアント企業をを探すのか、顧問・プロ人材紹介のサイト登録し自分に合った顧問先を紹介して貰うという2つの方法がありますが、どちらにもメリットがありデメリットがあります。

★フリーランスが顧問・プロ人材の紹介会社を活用するメリット
1、顧問契約に必要な営業活動を無料で受けられる。
2、顧問やプロ人材に最適な案件情報を提供して貰える。
3、書類選考から面談の通過率を飛躍的に高められる。
4、顧問やコンサル活動に成功する確率が格段に上がる。
5、ブラック企業かどうか事前に見分けてもらえる。
6、キャリアに自信がない人も顧問契約を成功させられる。
7、顧問活動に必要な面倒な業務がなくなる。など

KENJINSの場合、上記以外に「顧問報酬の中抜きが無い」という点が一般的な顧問紹介会社との大きな違いになります。

また、KENJINSの場合、顧問契約を獲得する方法としては、下記の3つの方法があります。

1、案件情報への「エントリー」
2、クライアント企業からのダイレクト「スカウト」
3、エージェントからの推薦

今回は顧問・プロ人材の方々が、フリーランスや副業専門のエージェントを利用する際に覚えておくべきメリットとデメリットについてご紹介していきますので、顧問紹介会社を活用する際の参考にしていただければと思います。

★顧問・プロ人材エージェントを利用する一般的な9つのメリット
まずは顧問・プロ人材エージェントを利用するメリットから見ていきましょう。一般的に顧問のエージェント会社を活用するメリットは7つほどありますので、詳しく解説していきます。

1、求職者は顧問紹介会社を無料で利用出来る
まず、顧問紹介会社のエージェントを活用するメリットとしてあげられるのは、顧問やコンサルタント希望の方は無料で利用する事が出来る事です。ただし、KENJINS以外の顧問紹介会社は顧問報酬の70%を中間マージンとして中抜きされるのが一般的です。

しかしながら、KENJINS場合は、これまでの顧問紹介会社と異なり、「顧問料の中抜きをしないこと」を最大の売りにしており、顧問やプロ人材紹介の紹介報酬は、フリーランスを採用した企業が若干の手数料を支払う仕組みにになっているので、顧問活動希望者は1円もお金を支払う必要がないだけでなく、顧問料の中抜きが無いため案件を担当する顧問やコンサルタントが貰える報酬が圧倒的に大きくなります。

2、非公開の求人に応募が可能
顧問紹介エージェントは少数の人を精選して採用したい場合に使われる「非公開求人」を多く取り扱っていますので、あなたの職歴やスキルによっては、大手企業の提案も多数存在します。

3、非公開求人数が約50%
顧問紹介エージェントの求人は約50%が一般には公開されていない求人です。顧問契約はどれだけ条件に合った求人情報を手に入れられるかによって成功の可否が決まるため、50%の非公開求人・案件情報は確実に手に入れられるようにしておきたいですね。

4、顧問契約までのスケジュール調整を顧問紹介がやってくれる
地味に良いところがこのスケジュール管理です。顧問活動は通常仕事をしながら行うため、応募先企業との調整が結構面倒だったりします。

求職者は担当者と微調整をすれば良いわけですので、リスケのお願いも直接応募先に電話するのはストレスですが、担当の人ならまだ幾分し易いというメリットがあります。

5、面接日程や顧問報酬面・稼働スタート時期などの調整も可能
仕事をしていると企業との面接日程の調整がスピーディーに行えないケースも多いですが、給料や入社時期など直接交渉を顧問・プロ人材のエージェントに入ってもらい、企業との調整・交渉を進めてもらえるのは非常に助かる部分と言えます。

6、依頼企業の社内雰囲気・裏情報を知れる
顧問紹介会社のエージェントは求人の募集条件を決めるうえで、企業の経営層や人事部と直接話をすることが多いため、社内の雰囲気やネットだけではわからない情報を手にすることができる。これは自分で求人サイトを使った顧問活動では知り得ないため、かなり大きなメリットと言えます。

7、履歴書や職務経歴書の使い回しが可能
顧問活動で最も面倒で手間なのは、履歴書や職務経歴書を毎度作成して会社毎に送信しなければいけないことです。

最近はデータさえあれば使い回せますが、全ての求人案件に対して適用されるわけではありませんから、顧問紹介会社のエージェントであれば一度作成すれば良いので管理も楽です。

8、顧問先の獲得について相談できる人ができる
顧問紹介のエージェント会社の利用をおすすめする理由として、これも大きいなメリットになります。顧問活動は孤独な戦いです。

特に不採用が続くと主観に陥りがちなので、悩んだ時第三者に相談できるのはメリットでしょう。また面接対策や過去の合格者傾向なども把握しているのでノウハウの獲得できます。

9、できるだけ早く顧問活動したいなら大きなメリットになる
今の職場を辞めた直後や、もう退職時期が決まっていてすぐに次の職場を決めたい場合には、顧問紹介のエージェント会社を利用するメリットは高いと言えます。

特に顧問・プロ人材のエージェントは顧問契約が成立しなければビジネスができませんので、急いで次のクライアントを探しているのであればすぐに動いてくれますので、早く次の顧問先を決めたい場合には大きなメリットになるはずです。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

販路開拓・販売チャネル開拓が重要な理由とは?

スタートアップやベンチャー企業、中小企業の経営戦略にとって重要なポイントのひとつに、販路開拓を強化することがあります。しかしながら、特に中小企業や事業を立ち上げたばかりのベンチャービジネスの経営者の中には、どうやって営業活動を行ったり、新規販路を開拓したら良いか分からないという方...[続きを読む]

外部CFOの存在が資金調達を成功に導く理由とは?

新型コロナウィルス感染症拡大と日本国内における「緊急事態宣言」発令の影響を受け、企業を取り巻く経営環境は急激に変化しており、多くの企業が売上・利益共に減少傾向にあると見られています。そのため、飲食店や観光業界、中小・ベンチャー企業に問わず沢山の会社が早急な資金繰り対策が必要に迫ら...[続きを読む]

採用代行・採用アウトソーシングとは?

■RPO(採用代行サービス)とは? ​RPO(Recruitment Process Outsourcing)とは、企業の採用活動を代行する人材サービスのことをいいます。採用活動は「母集団形成→選考→内定」というようなプロセスを踏みますが、ダイレクトリクルーティング代行サービス...[続きを読む]

副業のプロ人材が活躍しやすい職種とその特徴とは?

現在、企業などで副業を認める動きが広がっています。趣味で培った技能を副業で発揮したり、副業で得た人脈を本業に生かしたり。政府もガイドラインを策定して副業解禁を後押しています。副業のプロ人材は主にベンチャー・スタートアップ企業で以前から積極的に採用されていました。 特に社員数...[続きを読む]

LTVを考慮し営業支援の成果報酬を検討した方が良い理由とは?

■成果報酬とは? 成果報酬とは、「一定の条件をクリアした場合に報酬を支払う。報酬が支払われること」を意味する言葉です。反対に言えば、一定の条件をクリアしなければ、報酬を支払う必要はありませんし、支払いもされません。ビジネスシーンで成果報酬と使われる場合には「サービスへの申し込み...[続きを読む]