ハッカソンとは?アイデアソンとは?両者の違いとメリットとは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

ハッカソン・アイデアソンはもともとIT系のテーマが主流でしたが、今では地域の課題解決など地方創生につながるテーマの事例も増えており、多くのジャンルで注目を集めています。フリーランスのコンサルタントにとっては、イノベーションの現場を体験できる機会になります。ですが、ハッカソンとアイデアソンの違いが良く分からないという方も多いです。そこで今回は、ハッカソン・アイデアソン・メイカソンの定義やメリットを解説します。

■ハッカソンとは?
ハッカソン(Hackathon)とは、ITなどの技術を駆使するという意味の「ハック(Hack)」と「マラソン(Marathon)」を組み合わせた造語になります。プログラマーや設計者などのソフトウェア開発の関係者がチームを組み、 短期間に集中的にシステム開発作業を成果を競い合うイベントのことです。

IT技術者がチームを組み、与えられたテーマに対して、定められた期間に集中的にソフトウェアやサービスを開発し、アイデアの斬新さや技術の優秀さなどを競い合います。通常は1日から数日の期間で開催され、ハックデイ(Hackday)、ハックフェスト(Hackfest)などと呼ばれることもあります。

企業内で行なわれるクローズドなハッカソンもあれば、オープンなイベントとして参加者を募るハッカソンもあります。主にエンジニア、デザイナー、プランナー、マーケターなどがチームを作り、与えられたテーマに対し、それぞれの技術やアイデアを持ち寄り、短期間(1日~1週間程度)に集中してサービスやシステム、アプリケーションなどを開発し、成果を競う開発イベントの一種を指します。

ハッカソンという言葉は、アメリカのIT企業、サン・マイクロシステムズなどによって考え出されたと言われています。2000年代半ばごろから、アメリカの企業やベンチャーキャピタルなどが、これまでにない新しくイノベーティブなソフトウェアやサービスの開発、魅力的な投資先の発見を目的として、こぞって開催するようになりました。

FacebookやGoogleなどのように、新事業創出の観点から社内ハッカソンを行う企業も海外には数多くあります。Facebookの「いいね!」ボタンは、ハッカソンからアイデアが生まれたものとして知られています。

■ハッカソンという定義と3つのポイント
IT企業がハッカソンを主催する目的は多々ありますが、新しいサービスや機能に関するアイデアやヒントを発掘できることが大きな目的としてあります。

1、チームを編成する。
開発自体はひとりでもできますが、ハッカソンでは原則として複数のメンバーでチームを組むのがルール。他の技術者と共同開発する機会を提供する、という目的のハッカソンも多くあります。

2、制限時間がある。
ハッカソンはその名の通り、マラソンのように制限時間が決まっているのが特徴です(長期のものになると期間が1週間というハッカソンもあります!)。

つまり、ハッカソンで成果を出すには、集中して決められた時間内に開発するスキルが必要。そのため学生のスキルアップや企業研修として用いられるケースもあります。

3、成果を競い合う。
ハッカソンは単なるワークショップと違って、チームごとに成果を競い合うのが一般的です。優れた成果に対しては、実用化されたり賞金が出たりする事例もあります。ハッカソンでは、競い合うことでより優れたアイデアや製品を生み出す効果もあります。

企業にとって、イノベーションの重要性はわかっていても、新しい発想を自社の通常業務内だけで生み出し続けることは簡単ではありません。

このため、外部のアイデアを取り込むオープンイノベーションの重要性が注目されていますが、ハッカソンは、企業が公募イベントのような感覚で比較的簡単に取り組めるオープンイノベーションの一手法としても期待されています。

■ハッカソンに参加する3つのメリット
ハッカソンやアイデアソンが人気を集めているのは、もちろん多くのメリットがあるから。ハッカソン・アイデアソンの代表的なメリットをご紹介します。

1、ゼロからプロダクトを制作する経験が得られる
普段のエンジニアリングの仕事で、ひとつのものをゼロから完成まで作りきることは、なかなか経験できないものです。規模が大きくて部分的な作業しかできていなかったり、そもそも新規案件ではなくて既存のプログラムの修正や改良だったりすることが大半です。

多くのハッカソンでは「定められた期間中に、お題に沿ったプログラムやアプリケーションを仕上げる」ところまでがゴールとして設定されていて、チームの人数は1人から6人くらいまでが一般的です。

参加したメンバーが「自分の手でゼロから作り上げた!」という達成感を味わえるのがハッカソンの醍醐味になります。「これは僕が作りました」と言えるポートフォリオ(制作実績)を作れる点でも、エンジニアにとって貴重な機会になります。

2、参加者同士の交流・チームワーク育成
一般的なハッカソンでは、プログラミング以外にも企画やデザイン、プレゼンテーションなど、ものづくりに必要な一連の流れについて、自分たちでひとつひとつ考えなければなりません。

ハッカソン・アイデアソンではチームで共同作業をします。ハッカソンでは普段の開発とは違う技術者同士の交流につながる効果があるほか、スキルアップが目指せたりチームワークの育成につながったりするメリットもあります。

周辺の仕事の仕方を理解することは、普段の仕事でも大いに役立つはずです。周りに何か作業をお願いする際に、相手がやりやすいような要件の伝え方ができるようになれば、お互いの作業効率も上がることに繋がります。

3、オープンイノベーションにつながる
自前の技術だけではなく、他の企業や団体とコラボレーションすることで新しいものを生み出すのが、オープンイノベーション。ハッカソンやアイデアソンなら、短期間で気軽にさまざまな立場の人たちと共創する経験が持てるため、オープンイノベーションにつながりやすいメリットもあります。

オープンイノベーションを目指したハッカソンでよく使われるのがAPI(Application Programming Interface)。自社技術を外部でも使えるようにAPIを公開してハッカソン・アイデアソンを実施、新しいサービスやビジネスにつなげるという方法です。

最近ではIoTや人工知能、フィンテック(情報技術を駆使した金融サービスの開発)など、最新技術に取り組むようなハッカソンも増えています。

IT系以外の大企業がオープンイノベーションのトライアルとして、ハッカソンを活用する事例もあります。例えばトヨタ自動車では、2014年にアプリ開発のハッカソン「TOYOTA HackCars Days 2014」を開催。このイベントはトヨタ自動車として初めてのハッカソンです。

多彩なジャンルの人に参加してもらえるハッカソンにすることで、従来の自動車メーカーとは違う発想でアプリを開発してもらうというのがトヨタの狙いだったそうです。

■アイデアソンとは?ハッカソンとの違い
アイデアソン(Ideathon)もハッカソンとよく似ていますが、Hackの代わりに「アイデア(Idea)」と「マラソン(Marathon)」が組み合わさった造語になります。

つまり、開発ではなく商品やサービス、ビジネスモデルなどのプランニングを行なうイベント。「チームを編成する」「制限時間が決まっている」「成果を競い合う」という3つのポイントは、ハッカソンと共通しています。

もともとアイデアソンは「ハッカソンの事前準備」としての位置づけがメインでしたが、最近では単独イベントとして行なわれるケースもあります。ハッカソンと違って技術者だけではなく、さまざまな業種の人たちが参加できるのがアイデアソンです。

そのためIT系のテーマに限らず、高齢化や子育てなどの地域課題を解決するために開催されることもあります。

■メイカソンとは?
ハッカソンを「モノづくり」に応用したのが「メイカソン(Make-a-thon)」。Makeとマラソンを組み合わせた造語です。つまり、作品を時間内に作り上げるのが、メイカソンのゴールになります。

プログラミングしたものを実際にアプリとして完成させるメイカソンもあれば、3Dプリンターを使って製品のプロトタイプを作るようなメイカソンもあります。

ニーズの抽出からアイディア出しやデザインをともに行い、実際にものをつくり、プレゼンテーションします。発表するまで1日で行うものをミニメイカソンと位置付け、最大3日ほどかけて開催します。

■ハッカソンが日本に広まったきっかけ
ハッカソンは1999年頃アメリカで始まったと言われています。その後シリコンバレーのIT系ベンチャー企業を中心に流行し、世界に広がっています。

日本でハッカソン・アイデアソンが広く知られるようになったきっかけのひとつが、東日本大震災。2011年の東日本大震災発生後、有志のIT技術者が集まり「Hack for JAPAN」というコミュニティを立ち上げました。

このコミュニティでは、仙台や会津若松などの東北エリアを中心にハッカソン・アイデアソンを開催。被災地支援のために多くの技術者が集まり、さまざまなアイデアが生まれ開発が行なわれました。「Hack for Japan」以降、政府や自治体でもハッカソンやアイデアソンを取り入れる事例が増えています。

Yahoo!やNTTドコモ、リクルートといった企業も過去にハッカソン・アイデアソンを開催しています。一方、東京大学などの教育機関では、技術者育成や起業家育成のために実施する事例もあります。

日本では東日本大震災をきっかけに広まり、今では子ども向けハッカソンや禅と組み合わせたハッカソンなど、さまざまなバリエーションが登場しています。ものづくりまで行なうメイカソンというイベントも登場しています。

その他にもビジネス戦略を議論する「ストラテジアソン」(戦略のストラテジーとマラソンの造語)もあります。博報堂では、新製品の普及戦略のための「ストラテジアソンプログラム」を2015年に提供開始。今後さらに活性化する可能性もあります。

■ハッカソン・アイデアソンの具体的な進め方
ハッカソン・アイデアソンを行なうときの基本的な流れは以下の通りです。

1、チーム分け
ハッカソン・アイデアソンの大きなポイントである、チームでの共同作業。運営側がなるべく参加者のバランスを考えながらチームを編成します。

2、アイスブレイク
オープンなハッカソン・アイデアソンの場合、チームのメンバー同士が初対面ということもよくあります。そこでコミュニケーションを取りやすくするために、自己紹介をしたり簡単なゲームをするなどの「アイスブレイク」(初対面の人との緊張をほぐす効果のある手法)から始めるのが一般的です。

3、インプットセミナー
ハッカソン・アイデアソンのメインとなるテーマの理解を深めるため、主催者側からの説明を行ないます。

例えば、2017年に内閣官房内閣人事局が主催した「政策アイデアソン」では、経済産業省や農林水産省の官僚たちが現状の課題や求める成果について説明しました。

成果のミスマッチを防ぐためにも、実践する前にインプットセミナーで参加者に理解を深めるのは不可欠です。地方創生に関するアイデアソンの場合、インプットセミナーの代わりに現地を視察することもあります。

4、グループワーク
インプットセミナー後はいよいよ実践のステップ。ハッカソンの場合は、チームごとに開発に取り組みます。アイデアソンの場合はチームメンバーでアイデアを洗い出し、議論し成果として出すアイデアを絞り込みます。グループディスカッションに慣れていないメンバーが多い場合、主催者が各チームに一人メンターを用意して議論を進めやすくするケースもあります。

アイデアソンではいきなり50個や100個のアイデアから1つ選ぶとなると、確実に揉めます。そこで、アイデアを絞り込む際によく使われるのが「ハイライト法」です。

「ハイライト法」とは、全体の8割のエッセンスは全体の2割にある、という考え方のもと、徐々に絞り込んでいく手法。まず洗い出したアイデアの中から、メンバーが気になるもの(ユニーク!斬新!など)をピックアップして、記号を付けていきます。

次に記号ごとにまとめクラスター化し、重複を除いていきます。最後にクラスターごとに要素を抽出して、一つの文章にまとめてみるという手法です。プロセスが確立されているため、メンバーも合意しやすいというメリットがあります。

5、プレゼンテーション・審査
成果がまとまったら、チームごとにプレゼンテーションを行ないます。審査の結果優秀賞が表彰され、賞金がもらえる場合もあります。2015年に東京で開催されたBattleHackというイベントでは、なんと賞金1,000万円超(10万ドル)だったそうです。

■まとめ
ハッカソン・アイデアソンとは、エンジニアやクリエイターなどが集まって一定期間内に共同開発を行なうイベントのことです。IT業界のベンチャー企業を中心に広まり、現在では全国各地で開催されています。最近では、大手企業が技術開発やオープンイノベーションのためにハッカソン・アイデアソンを実施する事例も増えています。

1日から長い場合は数日の日程で開催されることがあり、 参加者は、個人で作業をする場合もあれば、 目標に対してチームを作って作業を行う場合もあります。

また、実際に使用されることを目的としたソフトウェアの開発や改善を行う場合だけでなく、 特定のプログラミング言語やテーマに沿って教育、 学習や普及促進を目的に実施されることもあります。

短期間集中してプログラミングに取り組むハッカソンは、自分の幅を広げる絶好の機会です。モノ作りの過程で他のメンバーから刺激を受けたり、新たな発見をしたりすることができます。

コンサルタントにとっては、アイデアソンやストラテジアソンなどは参加しやすいかもしれません。さまざまな人と共同作業や、オープンイノベーションを体験できる機会になりますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

人材育成のために研修の外部委託がオススメな理由とは?

企業にとって人材は大きな力であり、資産でもあります。ですが、社員一人ひとりが持っている能力をさらに伸ばし、業務に反映させるためには、さまざまな形での教育を施す必要があります。ところが、その社員教育という部分に問題を抱えている企業は少なくないようです。研修を通じて社員の生産性を高め...[続きを読む]

紹介営業とは?営業顧問によるリファーラル営業のメリットとは?

新規営業ではお互いの信頼関係が結ばれていない状態からスタートするため、しっかりと相手を説得しなければなかなか契約まで至りません。 例えば、飛び込み営業やテレアポ営業で出会った一見の人から、新規契約を獲るのはとても難しいです。その打開策となるのが紹介営業になります。そこで今回...[続きを読む]

会社顧問とは?会社顧問との顧問契約のメリットと選び方とは?

顧問というと、一般的にはどのようなイメージを持たれるでしょうか。企業や団体で、相談されたことに対して意見や助言をする人というイメージでしょうか。顧問は会社法上の機関ではなく、役員とは異なり特別な権限を持たないために、役員を退いた方の名誉職的なイメージが強いかもしれません。具体的に...[続きを読む]

販路開拓に人脈豊富な営業顧問が良い理由?営業代行との違い!

あらゆる企業にとって売上アップに欠かせない販路開拓の営業活動になります。しかし、中小企業やベンチャー企業では人手不足が続く中で十分な営業人員を確保できないことに苦心する経営者も少なくありません。 大手企業を対象にした商品やサービスを提供している会社で売上が伸び悩んでいる企業...[続きを読む]

動画マーケティングに取り組むべき理由とは?

動画を活用した「動画マーケティング」が注目されていますが、実際に動画コンテンツを制作して動画マーケティングに取り組む企業はまだまだ少ない状況です。今回は、動画広告市場の規模動画マーケティングの課題や事例、メリットなど、動画マーケティングを成功させる方法を解説します。 ■動画...[続きを読む]