ダイレクトレスポンスマーケティングの真の価値とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 専門家インタビュー   パーマリンク

■ダイレクトレスポンス マーケティング(DRM)の概要
ダイレクトレスポンスマーケティングを簡単に説明すれば、それは情報の受け手に、「返信」という行動を促すマーケティング手法です。そのため、イメージやブランドの認知を目的とするのではなく、見込み客からの直接的な反応(レスポンス)を獲得することを目的とした広告・マーケティング手法になります。

一般的に広告は、特定の対象者に何かを伝えることを目的とします。ダイレクトレスポンス マーケティングは、単に伝えるだけでなく、返信というアクションを起させるところに最大の違いがあります。売ってしまえば終わり、買ってしまえばもう無関係というように、販売側と購買層との関係は一方通行になりがちです。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、情報の受け手である購買層に「返信」という応答行動を促す手法で、双方向の情報のやりとりを行います。

■ダイレクトレスポンス マーケティングの可能性?
ダイレクトレスポンス マーケティングは中小企業に新しい可能性を開きます。「マーケティング=広告」というイメージが強いせいか、中小企業、特にBtoBの方にとって、「マーケティングなんて、そんな格好つけて物が売れるわけない」と思われるかもしれません。

広告、宣伝、市場調査など、売れる仕組みを構築することがマーケティングだと言われておりますが、更に積極的に双方向の情報を交換することで、顧客との信頼関係を築きながら売上げを伸ばすことが可能になります。

具体的な例として、購入商品の評価を記載してもらうことが該当します。また、購買層が好みそうな商品をメールで紹介しながら、商品を閲覧するとポイントを付与する手法もダイレクトレスポンスマーケティングにあたります。情報を受け取るだけだった購買層が自らWEBサイトにアクセスすることで、リピーターを増やせる大きなメリットがあります。

■ダイレクトレスポンス マーケティングの考え方は、営業に近い
ダイレクトレスポンスマーケティングは営業マンの外回りに似ています。インターネットでは対面して直に話すことはできませんが、メールやWEBサイトを通して顧客に言葉を伝えることは可能です。ベテラン営業マンは、性別年齢職種ごとに、どのような内容を伝えれば相手が興味を持ってくれるかを熟知しています。

ダイレクトレスポンス マーケティングでも、やることは同じです。但し、細部が違います。

・どうすれば対象者の机の上に置かれるのか?
・どうすれば受け取った後で、封を切るのか?
・最初にどんなコピー文を読むと、全体に目を走らせるのか?
・どんなアクション(電話をかける、FAXを返信する、メールを返信するなど)を求めると、読み終わった後に行動するのか?
  
こういったミクロな行動を一つ一つクリアするため、細部に神経を払ってツールを作りこみます。通常のマーケティングが商品の良さを伝えるのに対して、ダイレクトレスポンス マーケティングは、どうすれば行動するかです。

これは考え方として、営業マンの思考に近いです。どんな話をすれば、お客が目を輝かせるのか? そのためには、どんな事例や商品サンプルを提示したら良いのか? 考え方は営業の延長上にあることが、お分かりいただけると思います。

■ダイレクトレスポンス マーケティングの心臓部は何か?
それでは、いったい何が行動を引き起こすのでしょうか?
WEBマーケティングではデータの集計を分析することで、ベテラン営業マンに代わって色々なノウハウを示唆してくれます。統計的検証から購買層の心理状態を的確につかみ、適切なインターネット上の営業を行うことで消費者を惹き付ける、これがダイレクトレスポンスマーケティングの真髄とされます。データ分析の次に起こすアクションといえるでしょう。

購買層ごとに異なるメッセージを利用することは当然で、文章のみならず静止画や動画を活用することで、より一層顧客の心を惹き付けることも可能になります。地道な営業活動に思われがちですが、ダイレクトレスポンスマーケティングでは売上げを倍増させる威力も持ち合わせています。また、双方向の情報のやりとりを通して、互いの信頼関係を築く効果もあります。

言葉の使い方一つで、圧倒的に反応する確率は変わります。経験豊富な営業マンは「どのような人が」「どのような状況(心理)の時に」「どんな言葉を投げかければ」「相手が興味を持つか」を経験で知っています。

その経験知を統計的に検証して、ミクロのアクションに落とし込んでいく。これがダイレクトレスポンス マーケティングの真髄です。相手の心の動きを踏まえ、言葉とツールを使って、全営業プロセスを再設計する。それによって、圧倒的な差をつけることができるのです。

■まとめ
ダイレクトレスポンスマーケティングは、顧客と信頼関係を築きながらビジネスを構築する仕組みづくりです。会社側のアクションに対して顧客側からの応答があることが求められ、そのためには魅力的な宣伝媒体を工夫して利用することが不可欠ですが、少ない費用で可能ですから、大企業から中小企業や個人経営に至るまで、対費用効果は非常に高いです。

インターネットの普及でますます必要性が高まったDRMとダイレクトレスポンス広告は、これからの時代に必須になります。もしあなたが、ダイレクトレスポンス マーケティングに興味を持たれたなら、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」がお役に立ちます。

KENJINSには、ダイレクトレスポンスマーケティングに精通した顧問やプロ人材が多数集結しているため、DRMをさらに進化させ、どうすれば、WEBサイトから問合せを増やし売上アップに繫げるかなど、様々なインターネット集客の実行支援が可能です。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

SLAを明確に定義すると営業提案が向上する理由とは?

■SLAとは? SLAとは、「Service Level Agreement」の略称で、日本語では「サービス品質保証」「サービス水準合意」などと訳されるものです。主にIT業界において使用されるもので、サービス提供側がサービスを利用する側に対して、「このレベル・この範囲・この内容...[続きを読む]

競合他社よりも優位に立つためのブランド戦略とは?

ブランディングとは、自社の商品やサービスに対して価値を感じてくれるターゲットユーザーに向けた「認知、信頼、共感」による戦略活動です。 また、企業のブランドを評価しているユーザーに対して、もっと価値を感じて貰うために企業側から、価値を高める情報や体験などを提供することとも言えます。...[続きを読む]

社長向け1on1ミーティングが効果的な理由とは?

現在、上司から部下への一方的なコミュニケーションではなく、時には上司が部下に教えを乞えるような、対話するコミュニケーションが組織として必要になっています。それ故、多くの企業では、部下との定期面談の機会を設けています。 しかし、面談の目的が十分に理解されず、雑談や当たり障りのない...[続きを読む]

商品力や販売力が飛躍的に向上するコラボレーションとは?

現在、さまざまな業種や分野、国籍等の異なる複数の企業、あるいはクリエイターやアーティストなどによる「コラボ」(コラボレーションの略)やタイアップ等を見かけることが多くなってきました。画期的なコラボレーションにより単独では絶対に思いつかないような画期的な新商品など成功例が増えて来て...[続きを読む]

創業社長の仕事とは?起業家に欠かせない3つの社長の役割とは?

サラリーマン人生にピリウドを打ち、起業家として会社をゼロから創業した場合、創業時は社長1人でスタートする人が多いです。法人企業を対象にビジネスを展開するケースだと、社長としての仕事の中心は、クライアントとなる見込客を集客し、アポイントを取得した上で営業活動を行い、その後に商品やサ...[続きを読む]