二刀流として活躍できるポートフォリオキャリアを育ててますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「自らの強み、仕事の仕方、価値観がわかっていれば、
機会、職場、仕事について、私がやりましょう、私のやり方はこうです。
こういうものにすべきです、他の組織や人との関係はこうなります。
これこれの期間内にこれこれのことを仕上げます、と言えるようになる。」

<ピーター・ドラッカー>

フリーランスとしての自由な働き方を充実したものにするためには、プロ人材として一つの技を極めると同時に「二刀流」としてマルチに活躍できる「ポートフォリオキャリア」を形成することです。

その理由としては、現在、世界的な「ワークスタイル」の潮流として、優秀なビジネスマンであればある人ほど、自分の働き方や働く理由を自分でコントロールしたいと思う人が増えており、複数のスキルを組み合わせながら幾つかのキャリアパスを追求することで仕事を選ぶ選択肢や収入の幅が飛躍的に上昇するからです。

「ポートフォリオキャリア」とは、サラリーマンとして1つの会社のみに所属し安定収入を確保する考え方ではなく、一つの仕事や同一職種へのこだわりを捨て、プロフェッショナル人材としてサバイバル時代を生き抜くホワイトカラーを指します。

ワークスタイルとしては、「複数の専門スキル」「複数のキャリア」「複数の肩書」を持ち合わせ、マルチに活かすことが可能な「自由な働き方」のことです。

■日本とアメリカの雇用環境や働き方の違い
アメリカにおける正社員雇用では、そもそも「総合職」という概念がありません。日本の大手企業の雇用制度とは大きく異なりどのような会社でも採用された時点でその職種に対する専門性が求められます。ですので、新卒の大学生であったとしても専門スキルがあることが採用条件になるため、大学時代に方向性を良く考え抜き、手に職を身に着けることが必須要件になります。

また、特定の会社に入社してからもその専門性を高めるキャリアを自分自身の感覚で見定め、一定の期間の間に仕事の成果出すことを意識して働くことが求められます。このようなことからアメリカでは、20代でもポートフォリオキャリアを自然と作り上げるプロ人材が多く、個人事業主としてフリーランスになるための土台となるワークスタイルが社会人になった当初から作られていると言えるのです。

■ポートフォリオキャリアを持つプロが増えた訳
「ポートフォリオキャリア」の実例としては、例えば、大リーグで活躍している「大谷翔平」選手のように「二刀流」で投手と野手の両方の才能を同時に開花させるスーパーマンもいます。

また、現在、開会されている「東京オリンピック」でも「二毛作」的に、夏はサーフィンやスケートボード選手として活躍し、冬はスキーとスノーボード選手としてメダルを狙う強者が実際に5人程度いました。

ビジネスの世界では、サラリーマンをしながら副業で著者になったり、大学教授をしながら講演講師をとして日本全国を飛び回る人もいます。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の顧問登録者の中にも本業では従業員数100人を超える会社を経営しながらパラレルワーカー事業課題を抱えているスタートアップの起業家を実行支援している人も多いです。また、プロの社外取締役としての「ポジショニング」を確立し、5社の社外取締役に兼任で携わる人なども実際にいます。

ちなみに私自身の場合では、「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」の著者として肩書、インターネット領域の連続起業家としての肩書、顧問と共に「トップダウン営業」で大手企業の役員クラスとのパイプを繋ぐ「人脈コネクター」の肩書、「顧問のチカラ」のエバンジェリストとしての肩書などを持っています。

コロナウイルスの世界的な蔓延で多くの企業でリモートワークが増えた影響により、様々な業界で働くビジネスマンの間では、「収入の不安定化」と「スキルの多様化」が注目されています。

また、終身雇用の崩壊が始まりつつある現代社会では、将来の不安を解消するため独立を視野にパラレルキャリアに取り組む人が増えています。更には、スタートアップの起業にチャレンジに備えるたいという理由で本業に従事しながら新規事業を立ち上げる人もおり、こうした新たなキャリアパスへの関心が高まることになっています。

■ポートフォリオキャリアの拡大予測
経済協力開発機構(OECD)のレポートによれば、2030年までに専門職に従事する人の50%が「ポートフォリオキャリア」を選択するという予測すらしています。オックスフォード大学の調査結果によると、10~20年後には日本の労働人口の半数が就いている職業がAIやロボットに代替されると推計されています。

「ポートフォリオキャリア」に近い取り組みとして、現在、製造業でも長引く人口減少や働き手の高齢化の影響による労働人口の減少を補うため、従業員一人が単一の仕事を行う「単能工」から脱却した、「多能工化」=「マルチスキル化」の推進が重要視されています。「多能工化」の推進とは、製造メーカーなどの組織内で働き手一人ひとりが複数の業務に対応できるよう、企業側が教育や訓練を行うことを意味しています。

「多能工」とは、1人で複数の業務や工程をこなすハイスキルな技術を持ったエンジニア人材のことで、製造業の現場などでは使われることの多い言葉となっています。これまでは1つの作業や工程だけを遂行する「単能工」が一般的でしたが、「多能工」へと時代が大きく変わってきています。昨今では徐々にIOTやAIなどの普及が加速したことで製品自体がインターネットと連携するようになりました。それにより、システム化の比重が高くなったことで「多能工化」していく動きが益々活発になっています。

多能工化は主に製造業の現場などで導入を求められてきましたが、時代が変わっていくに連れ、市場ニーズの多様化が進み「多品種少量生産」が求められるようになりました。その結果、製造業以外の業界でも新たなマーケットで「多能工化」としての「ポートフォリオキャリア」が必要とされるようになって来ています。

■ポートフォリオキャリア形成の注意点
フリーランスの場合には、正社員とは異なるため、何をもって「スキルが身についた」と判断するのか自分自身で把握する必要があります。この際、自己評価だけでなくクライアントとなる第三者による評価基準も明確に知り、マーケットの需要を鑑みた複数のスキルの向上に努めることも非常に重要です。

特にフリーランスとして独立している専門職にあたるプロフェッショナル人材として生計を立てる顧問、コンサルタント、講師、志業などのスキル提供することで対価を得る人にとっては、専門性に加えて「ポジショニング」が重要になってきます。それゆえ、ライバルが多い市場では、一つのスキルだけでは差別化優位性を築き上げるのが難しくなっているので、「ポートフォリオキャリア」を積み上げ、二つの肩書やスキルの組み合わせによりユニークさを打ち出すことが欠かせなくなっているのです。

■まとめ
「ポートフォリオ・キャリア」とは、「複数の仕事を掛け持つ働き方」「複数のキャリア(肩書き)を持ったキャリア形成」を意味します。

人生100年時代が到来し定年退職後の60歳を超えても「生涯現役」として長く働くことが当たり前になった昨今、同時に異なる職業を掛け持ちするのは、キャリアの移行期には必要な要素になります。

ポートフォリオキャリアは、「自分が本当にやりたいこと」、「これから新たに挑戦して実現したいこと」、「次世代に伝承して行きたいこと」を自らの意識で実行でき、自身で模索できる自己実現の手段になるのです。

現代は、テクノロジーの進化によって、あらゆるものを取り巻く環境が複雑さを増し、将来の予測が困難な状況にあることから、「VUCA(ブーカ)時代」と呼ばれています。コロナ渦の甚大な影響により世界経済やこれまでのビジネス環境が劇的に変化し、個人のキャリアに至るまで、ありとあらゆるものが複雑さを増し、将来の予測が困難な状態にあります。

働き方においても、従来の日本の企業では当たり前だった終身雇用や年功序列といった制度もなくなりつつあり、人材の流動性も高まっています。

独自の「ポートフォリオ・キャリア」を作り上げ、複数の仕事を掛け持ちしていると、マルチな仕事の実績と専門能力を得ることができます。これらはオリジナリティの高い肩書きとなり、プロ人材としての希少性に結び付きます。

自分が何をすることが好きで、得意分野を活かしクライアントに役立てるかの観点で、複数のスキルのアップデートを実践して行けば、新たなチャンスに巡り会う機会も増えて来ます。

日本や先進国では、少子高齢化が深刻な問題として取り上げられています。そのため、若い世代もシニア世代も以前より活躍のフィールドが拡大しています。

ですので、月額で顧問報酬を支払って貰える顧問先からは何が求めらているのか、どのような役割が期待されているのかを見極めることも重要です。スポットでの仕事依頼、依頼主の長期的な課題解決に役立つスキルは何なのかを理解し、年齢を問わずマーケットの需要に合わせて学び続ける姿勢が必要なのです。

二刀流として活躍できるポートフォリオキャリアを育ててますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

あなたは誰のためにどういう目的意識を持って働いていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひら言葉」を贈ります。 「蜜蜂が他の動物より尊敬されるのは、 勤勉であるからにあらず、ほかの者のために働くからなり。」 司教<ヨハネス・クリソストムス> ビジネスで成功を収めるためには、顧客中心に事業を捉え、 相手の期待値を上回ろ...[続きを読む]

部下の熱意を引き出し、組織をあるべき方向へと導いてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「リーダーとボスの違いは何かと問われれば、リーダーの仕事は開かれているが、ボスの仕事は隠されている。リーダーは導くが、ボスは強いる。」 第26代大統領<セオドア・ルーズベルト> あらゆる組織において人の上に立...[続きを読む]

結果を意識せず、目の前の行動に集中していますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「自分の力ではどうにもならない結果を 支配しようとするのではなく、自分の意志が 及ぶ行動に力を注ぐべきだ。 ゴルフならパーを切るスコアを出そうとする...[続きを読む]

トップセールスとは?感化力と自我がトップセールスに必要な訳?

中小企業の社長や会社の売上アップを実現するためには、営業戦略が肝になりますが、それ以外に営業マンとして常に大きな成果を上げているトップセールスの働き手が、どのような種類の人間なのか?どんな働き方をしているのか?いかなる営業戦術を駆使しているのか?を熟知して置くことが重要です。特に...[続きを読む]

何事も単純明快で分かり易いことを意識してますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 「ビジネスでも投資でも問題解決に取り組むより、 初めから対象を単純明快なものに絞った方が、 通常はるかに高い利益を上げられる。」 <ウォーレン・バフェット> 売れる商品を作...[続きを読む]