ワーキングメモリを意識し、毎日の習慣を作り上げると良い理由?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に
移す習慣を身につけているということである。彼らにしてみても、
必ずしも好きでそれを行なっている訳ではないが、自らの嫌だという
感情をその目的意識の強さに服従させているのだ。」

<E・N・グレー>

スタートアップの起業家として、「仕事のパフォーマンス」を高めるために必要なことは、「ワーキングメモリ」を意識して「緊急ではないが重要なこと」に集中して取り組む、「毎日の習慣」を作り上げることです。

その理由としては、仕事の「緊急度」と「重要度」を基準に仕事の優先度を決めることができると、時間を効率よく使えるだけではなく、空いた時間で自分の将来に向けたチャレンジや準備に充てることができるからです。

長期的な目標を達成するためにポイントになる要素としては、「大事を小事の犠牲にしないこと」で、緊急なものに時間を束縛されて重要なものに時間を割けない状態を作らないようにタイムマネジメントすることです。

スティーヴン・R・ココヴィー博士は、「緊急でないが重要であること」にフォーカスすべきだと言っています。「いま必ずしもやる必要がないように見えるが、将来の自分に役に立つ」そういう活動に時間を割けるように環境を整えなくてはならないと。

緊急度の高い活動とは、今すぐに実行しなければならない活動です。重要度の高い活動とは、自分のミッション・目標の実現に繋がる活動の事です。

四象限で捉えた、それぞれは下記の通り呼ばれます。

第一領域:緊急かつ重要な事
第二領域:緊急ではないが重要な事
第三領域:緊急だが重要ではない事
第四領域:緊急でも重要でもない事

結論として、時間管理のポイントは「第二領域への注力」になります。この「第二領域」に当てはまるタスクを計画的に実行して行く事で、本当の意味で充実した仕事ができたり、幸せな人生が送れるようになります。

その際、「ワーキングメモリ」を最大化し持てるチカラをいかにして引き出すかが、難易度の高い仕事をするビジネスマンにとって非常に高度な認知機能になります。

つまり、「高い集中力が必要な仕事」や「負荷の高い活動」をする際には、取り組み方が大きな成果に繋がるか否かの大きな要素になるということです。

睡眠によって脳が活性化が促された朝は、1日の中でも最も「思考力」が高い時間帯にあたります。仕事の疲れやストレスも無く、「やる気」が高まりを感じられる「集中力」が高い時間帯になるため、朝目覚めてからの約3時間は、「脳のゴールデンタイム」になります。

朝型の人は、「早く寝て早く起きる」生活が習慣化されているため、当然ですが目覚めが良く、二度寝をすることもありません。早起きすると脳からセロトニンという「幸せホルモン」が分泌されます。精神を安定させ、安らぎを与えてくれるホルモンですので、幸せで豊かな気分で1日をスタートさせることができるのです

心理学では、記憶を「長期記憶」と「短期記憶」に分類しています。それぞれの機能的つながりや情報処理の仕組みを説明するために、認知課題の遂行に関わる情報の一時的な貯蔵として「作業記憶」という概念が用いられています。これこそが「ワーキングメモリ」に相当するものだと言われています。

私自身の場合もコロナ渦の中で通勤ラッシュを避ける目的もあり、ここ最近は毎朝、4時過ぎに起きることを心掛けています。ちなみに今日は、朝の4時に起きて4時52分の始発電車に乗り、5時過ぎに会社に到着しました。これも全て「緊急ではないが重要な仕事」を早朝の「ゴールデンタイム」にすることで、仕事のパーフォーマンスを最大限に高めることを目指しているからなのです。

ワーキングメモリを意識し、毎朝大事な仕事に集中してますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

アウトプットすることを前提にして学んでいますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「仕事を生産的なものにするには、成果すなわち 仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。」 <ピーター・ドラッカー> 何かを学び「成果を上げる」には、インプットよりも いかに「アウトプット」するかに...[続きを読む]

外見的な美しさだけでなく、内なる美しさを磨いていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「十六歳で美しいのは自慢にはならない。 でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ。」 <マリー・ストープス> ある程度の歳を重ねても、美しく綺麗でいるためには、 外見だけでなく、内面もしっかりと磨くこと...[続きを読む]

身近な一人の顧客に喜ばれる姿を連想してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「マーケティンは人から始まる。 物から始まるのではない。」 マーケティングコンサルタント〈ダン・ケネディ〉 何かの商品を開発する時に、最初にしなければ いけないことは、たった一人の顧客を想定して 企画を...[続きを読む]

人生の岐路に立たされた時、自分の考えを大切にしてますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 「もし、周囲の人々が君の行動を制止しようとしたり、 馬鹿にし始めたら、それは素晴らしい成功へのサインだ。 いいかい、これは大事なことだよ。 大勢に従って成功した者は、これまで一人もい...[続きを読む]

フリーランスのプロ人材になるためにどんな変化を起こしますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「いつもしていることをし続けていれば、いつも得ている物しか手に入らない。」 著述家<ジャック・キャンフィールド> フリーランスのプロ人材として成果を上げ続けるためには、既に実行していること以外に、従来とは違う...[続きを読む]