社会に役立つ高い志を持ち、事業立ち上げに熱狂してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道を開く言葉」を贈ります。

「何か新しいことを始めようという時に、99%の人に
狂っていると反対されても、自分が出来ると思うなら
やればいいんだよ。」

ヴァージン・グループ創設者<リチャード・ブランソン>

起業家として何かを実現したいならば、まず人間性を磨き、
お金を儲けることだけを事業立ち上げの目的にすることなく、
「志」を原動力にすることです。

なぜなら、卓越した起業家が人生を賭けて1つの事業に絞り、
勝負を仕掛けますが、その中で困難を乗り越えていくためには、
志こそが己を熱狂させ、突き動かす強力な源泉になるからです。

起業家はビジョンを掲げ、経営理念に紐づいて集まった人達と、
ミッションを果たすために様々な事業課題に立ち向かいながら、
それぞれが幸せになる道を作るのが一流の経営者の役割なのです。

社会に役立つ高い志を持ち、事業立ち上げに熱狂してますか?

<本田季伸>

【PR】
中小企業の経営者やベンチャー企業の起業家が顧問紹介会社を
活用するには、1名の顧問の紹介毎に高額な初期費用が発生し、
月額40万円程度の顧問料が掛かる割に、正社員の採用と比べると、
費用対効果が芳しくないという意見も多くありました。

この大きな問題を引き起こしていたのは、従来の顧問紹介会社が
クライアント企業が支払う毎月の顧問料から、50%を超える高額な
中間マージンを搾取していたことが主な原因でした。

一方で顧問側は、顧問紹介会社による極端なピンハネ問題が災いし、
クライアント企業が顧問紹介会社に対して支払った費用に対して、
その金額に見合うような成果を毎月上げるプレッシャーに迫られ、
企業と顧問の間では、負のスパイルが引き起こされていました。

このような顧問紹介業界の現状に対して「創造的破壊」を起こし、
スタートアップの起業家の経営課題を適正価格で解決に導き、
顧問やプロフェッショナル人材には健全な顧問報酬での働き方の
実現に取り組んでいます。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、極端な
中間マージンを搾取する、旧態依然とした顧問紹介会社とは異なり、
ダントツのコストパフォーマンで、単なる値下げという概念を超えた
価値を提供し、圧倒的な成果を上げることにコミットしています。

現在、知識・経験・人脈を持った「顧問のチカラ」を事業課題に
活用して頂くことで、短期間で解決に繋がったという事例が様々な
業界で続出しています。

その中でも大企業の役員クラスとのアポイントを取得するために、
キーマンとの懸け橋となる「人脈コネクター」として「営業顧問」を
活用することで営業・販路開拓の課題に大きなブレイクスルーを
起こしています。

営業顧問の人脈コネクトによる「トップダウン営業」ならKENJJINSへ
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

なお、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、
「中間マージン無し」「顧問報酬100%」「完全無料」をお約束し、
クライアントとなる顧問先とのベストマッチを実現しています。
https://kenjins.jp/lp/prokomon/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSの創設者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進。「顧問料の中間マージンをゼロ」「顧問報酬100%」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

営業提案書の書き方?提案書に絶対に盛り込むべき要素とは?

営業活動の目的は、提案内容を伝えその提案を買って頂くことです。営業にとっての提案書は評価して頂くものではなく買って頂くものでなければなりません。提案書が必要だからというだけで出来あわせの資料を使い回したり組み合わせたりするだけでは、お客様にとって買いたくなる真の提案書とは言えませ...[続きを読む]

コア・コンピタンスを正確に把握し、事業領域を定めてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「成功のハシゴに足をかける前に、それが目当てのビルに 立てかけてあるかどうか確かめよ。」 作家・経営コンサルタント<スティーブン・R・コヴィー> 経営者が事業戦略を策定する際に最初に考えるべきことは、 自...[続きを読む]

限界の先にあるものにチャレンジしていますか?

おはようございます。本田季伸です。 「私はいつも自分のできないことをしている。 そうすればできるようになるからだ。」 〈パブロ・ピカソ〉 自分の能力を最大限に発揮するには、己の限界に 挑戦することです。 なぜなら、登山の場合でも専門家が緻密な計算と ...[続きを読む]

インテグリティがビジネス界で重要な理由とは?

組織のリーダーやマネジメントに求められる重要な資質のひとつとして、誠実さを意味する「インテグリティ」が注目を集めています。なぜ今、インテグリティが重要な資質として挙げられるようになったのでしょうか。インテグリティがマネジメントにおいて重要である理由を解説します。 ■インテグ...[続きを読む]

小さな達成感を積み上げ、困難を克服していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「不可能をめざして戦おうではないか。 史上幾多の大事業は、すべて不可能と見えるものの 征服だったのだ。」 イギリスの映画俳優<チャーリー・チャップリン> 最初は困難だと思えるようなプロジェクトを軌道に ...[続きを読む]