崇高な目的を持ち、難しい事柄に挑戦を続けていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト
「KENJINS」の本田季伸です。

「発明はひらめきから。ひらめきは執念から。
執念なきものに発明はない。」

<安藤百福>

新しいアイデアを現実化するためには、机上の空論で
なく、仮説と検証を繰り返しながら、問題解決の糸口を
掴むことです。

なぜなら、あらゆる限界突破のきっかけは、一つの物事に
「フォーカス」し、解決法の発見に対して全身全霊を賭け、
挑み続けた結果として、もたらされるものだからです。

世紀の発明の陰には、様々な困難を前に失敗しながらも、
未来のイメージを抱き、本気で「人に役に立ちたい」と
願う、「貢献マインド」が根底にあるのです。

崇高な目的を持ち、難しい事柄に挑戦を続けていますか?

「知恵、経験、人脈」を豊富に持つ、顧問のチカラで、
「業務提携・販路開拓・海外進出・新規事業」などの
経営課題を解決し、「売上アップ」を可能にする!

限界突破に導く、最強の顧問を探すなら「KENJINS」
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

顧問の成果主義とは?顧問契約にも成果主義を導入すれば良い訳?

新型コロナウイルスの感染予防として広まったテレワークの影響で、様々な企業で顧問やフリーランスを活用する会社が劇的に増えています。その際、即戦力となる顧問の活用と顧問報酬の考え方として現在、成果主義が注目を集めている状況です。 そこで今回は、顧問の成果主義についてと顧問契約に...[続きを読む]

起業したいと思ったら、独立・起業したい人に情熱が大事な理由?

サラリーマンを辞めて起業し、社長として会社経営をしてみたいけれど、「起業したいがアイデアが浮かばない」「自己資金はないけれど起業したい」など、起業の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 起業したいと思ったら、実際に行動に移すかどうかは別にして、リスクを承知で起業し...[続きを読む]

エバンジェリストとして起業家自ら普及啓蒙の活動をしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「何か新しいことを始めようという時に99%の人に狂っていると反対されても、自分が出来ると思うならやればいいんだよ。」 <リチャード・ブランソン>ヴァージン・グループの創設者 新たな領域で革新的でユニークなプロ...[続きを読む]

意識的に良い思い込みを作ることで効果を引き出していますか?

こんにちは、本田季伸です。 「勇者の気持ちを味わいたければ、ありったけの気力を ふるって、勇者らしく振舞うことだ。」 アメリカの哲学者・心理学者<ウィリアム・ジェームズ> 夢を実現させるには、目標に対し、心から望むことだけを 考え、語ることを決心することです...[続きを読む]

イノベーションが成長の鍵になる理由?イノベーションの必要性!

スタートアップの起業家ならば、イノベーションという言葉を知らない人は殆どいないと思います。 ですが、新しいアイデアを元に競争優位性の高いプロダクト開発や新規事業に取り組んでいない中小企業の社長や二代目社長の場合には、稀にどのような人もいるかと思います。そこで今回は、あらゆる...[続きを読む]