創造的破壊とは?起業家精神を武器に創造的破壊を成し遂げるコツ

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

「創造的破壊」というと悪いイメージを持たれている人が多いかと思いますが、特定の建物などを壊すような器物損壊行為では決してありません。

新たな産業を興すスタートアップの起業家や市場対して大きなインパクトを与えるようなユニコーン企業を作り出した起業家ならば、周知の事実になります。

ですが、「創造的破壊」を始めて耳にするビジネスマンや社長も相当数いる様です。

そこで今回、創造的破壊とは何か、起業家精神を武器に創造的破壊を成し遂げるコツについて解決します。

■創造的破壊とは?
創造的破壊とは、大手企業か築き上げた既存の商習慣が常識となり大きな問題を孕んでいたり、旧態依然とした古い体質の業界にスタートアップの起業家が古い市場に切り込み、業界自体とアップデートするような革新的な取り組みを指します。

創造的破壊は、英語で「creative destruction」と表記されます。日本語では、業界に革命をもたらすような新商品や新たなサービスを創造することを意味します。

創造的破壊という言葉の起源は、オーストリア人の経済学者シュンペーター始まりだと言われています。

シュンペーターは、当時の古典的な経済学で取り扱っていた最適配分や均衡よりも、起業家によるイノベーションがもたらす動的な不均衡こそが、経済の正常な姿であり、経済理論と経済活動の中心に位置付けるべき現実であると説いたそうです。

既存産業のイノベーションと抜本的なスキームの改善を求める起業家のエネルギーの根源となる「起業家精神」が、旧態依然とした古い体質の業界へのインパクトを与える地殻変動をもたらすコアとなります。

起業家精神は、既存産業のイノベーションと抜本的なスキームの改善を求める起業家の持つイノベーターとしてのマインンドになります。

■創造的破壊が必要な背景
何十年も何の変化も無い業界やむ昔ながらのマーケットの中でパイの食い合いは、ライバルとの小競り合いに過ぎません。

長い歳月の間、ビジネスモデルを変革することがないまま、顧客からの需要と供給のバランスを、色々とこねくり回しても、市場そのものが大きくなることはあり得ず、ビジネスとして永続的に発展することは期待できません。

秩序良く保たれたビックボーイのみが活躍する独占市場に対して「創造的破壊」を起こし、起業家精神を持ってより成長した経済圏を作り出す方が世の中にとって建設的です。

この起業家精神こそが、新たな新市場を作り上げたり、大きな価値を生み出すプラットフォームを創出するなどの「創造的破壊」をもたらす原動力になるものだと考えられています。

プラットフォームとは、多くの人や会社が活用するインフラとなるシステムのエンジン部分をベースに、サービスを動かすための「土台」や「基盤となる環境」のことを指します。

そして、既存の秩序ある経済圏をぶち壊す人こそが、真の起業家であり、その活動の中心が「イノベーション」になります。

■イノベーションとは?
イノベーションとは、モノや仕組み、サービス、組織、ビジネスモデルなどに新たな考え方や技術を取り入れて新たな価値を生み出し、社会にインパクトのある革新や刷新、変革をもたらすことを意味します。

ハーバードビジネススクール 教授のクレイトンによれば、イノベーションには、「創造的イノベーション」と「破壊的イノベーション」の2種類の手法があると言います。

1、持続的イノベーション
持続的イノベーションとは、顧客の意見や要望を取り入れながら進めるイノベーションを意味します。

持続的イノベーションは、顧客の満足のために、現在すでに存在している製品やサービスに対して、新たな機能を追加したり、マイナーバージョンアップを起こす技術革新のことです。

市場における既存の顧客が持つ価値基準に沿う形で行われるため、既存の顧客に見放されずに生き残るためのイノベーションともいえます。

2、破壊的イノベーション
既存の概念にとらわれず、新たな発想を積極的に取り入れることで、新製品や新サービスを生み出していくイノベーション。「破壊型」ともいう。

ただし、破壊的イノベーションが持続的イノベーションよりも優れているとは言い切れません。

企業が特定のプロダクトやサービスを開発する際に、日々の弛まぬ努力と、定期的な改善を行った結果として、破壊的なイノベーションが起こり、顧客に利便性をもたらす革新的なソシューションが数多く生まれています。

■技術革新と創造的破壊の違い
創造的破壊は、サービスや組織、ビジネスモデルなどの新たな考え方や新技術によって、今までにない、まったく新しい価値創造を目指すことです。

つまり、創造的破壊のプロセスは、単に新しい物を作るクリエイトすることとは異なり、社会に対して「革新・刷新・変革」をもたらす」という広い概念になります。

創造的破壊には、ターゲット市場の変化などによって既存ビジネスのポジショニングが適切でなくなった場合に、革新的な手法でアップデートを推進します。

また、創造的破壊のプロセスには、従来のビジネスモデルの見直しを行い、「リポジショニング」で再活性化させることも含まれます。

リポジショニングとは、既存顧客の志向性にズレが生じた際に、新たに自社ブランドを生成し、自社を再活性化することを指します。

リポジショニングを行うメリットは、自社の商品やサービス、そして自社自体に『オンリーワン』の価値をつけることができることです。

オンリーワンの存在になるためには、既存市場を対象にした機能、ベネフィット、コミュニケーション等の改善によるブランド強化に留まらず、ブランドの基本機能を活用した新たな可能性を探り、その実現を目指すことが必要になるのです。

■まとめ
世の中にインパクトを与える革新的な起業家は、市場変化と時代の流れ対し、常に敏感なアンテナを張っています。

誰も思いつかないようなアイディアや、卓抜した経営センスによる閃きだけがイノベーションを生むと思われがちです。

しかし、イノベーションには、自社が長く培ってきた技術を向上させることで起こる創造的イノベーションや持続型イノベーション、他社や外部との提携によってまったく新しい価値を創造する「オープンイノベーション」などもあります。

破壊的破壊によるイノベーションを起こすことができれば、短期間であったとしても、市場独占によって大きな利益を上げる可能性もあるのです。

起業家のミッションや本来の役割的には、既存ビジネスの秩序を破壊することが主な役割として定義されています。

創造的破壊には、市場の変化や潮流に敏感であること、アーリーアダプターの心を掴み常に模索を続けることが非常に大切です。

真のアントレプレナーは、様々なユーザーや企業が問題を抱えている業界や市場に対して「ホワイトナイト」として新規参入する形になります。

起業家精神を持って「創造的破壊」を成し遂げるには、何かに問題があり困っている人や、特定の課題を抱えている会社に対して、世の中を救う「白馬の騎士」的な役割と、起業家としての崇高なミッションも欠かせない要素になると言えるのです。

「素晴らしい精神を持った人は、平凡な人から必ず反感を買う。往来の偏見をものともせず、勇気を持って自分の意見を正直に語る者を理解できないのだ。」

<アルベルト・アインシュタイン>

■創造的破壊のススメ
スタートアップ企業をセロから興し、真の起業家を目指すならば、自分のビジネスの可能性を信じて「独自のアイデア」に情熱を注ぎ込み、既得権益をぶち壊すような「創造的破壊」にチャレンジすることです。

なぜなら、サラリーマンとしては、異端児扱いを受けるような人やビジネスプランでも、会社から独立してしまえば、その独自性こそが卓越した存在になるための大きな突破口になるからです。

日本人の多くは、欧米のビジネスマンと比較すると、集団行動を重んじるあまり、人前でアイデアを語るのを恥ずかしいと思ったり、何かに挑戦して笑われることを嫌がる人が圧倒的過半数を超えます。

マイクロソフトの創業者で世界一の大富豪であるビル・ゲイツは、「自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。」と自伝の中で語っています。

創造的破壊をテーマに独創的なアイデアをローンチしてますか?

<本田季伸>

■最後に
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、業界トップクラスの知識・経験・人脈・スキル・ノウハウを持つフリーランスの顧問や副業のプロ人材が5000人以上ネットワークしています。

顧問紹介サービスの業界では、従来の人材紹介や人材派遣が派生した大手の顧問紹介会社による顧問料のピンハネが、中小企業の社長やベンチャー企業の起業家が顧問を活用したくても金額が高すぎて利用できないという大きな問題を引き起こしています。

そのような課題に対してKENJINSは、顧問紹介の業界の健全化を推進することを目的に、顧問料の相場でプロ人材に仕事を依頼できる仕組みを作り上げることで、業界に大きなインパクトを与える「創造的破壊」を起こしました。

顧問契約をベースに「顧問報酬100%」でかつ、「中間マージン無し」で特定分野のプロとの顧問契約が可能ですので、ダントツの費用対効果を保証し、結果にコミットしています。

顧問ネットワークを活用した営業支援に強みを持つKENJINSなら、「成果報酬」をベースに「人数無制限」で人脈を持つ営業顧問に「トップダウン営業」により、大手企業の役員クラスや決裁権を持つキーマンとのアポイントの獲得を実現するための営業支援を依頼することが可能です。

【人数無制限】営業顧問が大手企業の役員クラスを成果報酬で紹介!
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

■プロダクトやサービスで創造的破壊を目指す企業様へ
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」なら、営業支援以外にも「創造的破壊」を起こす新規事業の立ち上げ支援するCINOや、革新的なプロダクト開発をCEOと推進するCPOがいます。

スタートアップの起業家やベンチャー企業の社長が事業課題に適切な解決策を提案できるハイスキルな顧問やプロ人材と繋がり、「人数無制限」で顧問契約を行い、エクイティファイナンスに繋がるトラクションを獲得することができます。

顧問のサブスクモデルを提供しているKENJINSなら、ビジネスの課題やプロジェクトに応じてエキスパートを定額で何人でもアサインすることが可能です。

【無料お試し】が可能ですので、まずは会社アカウントを登録し、是非、どのような顧問がいるか選定をしてみてください。

【人数無制限】顧問のサブスクと言えば、業界最安値のKENJINS
https://kenjins.jp/lp/subscription/

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

パレートの法則に基づき、常連客を大切にしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「全体の8割の数値は、2割の要素が生み出している。」 <ヴィルフレド・パレート> 顧客の欲求を満たし、常に選ばれ続ける商品を提供するためには、常連客に「なぜ、それが売れているのか」、「なぜ、その顧客がリピートしてくれ...[続きを読む]

エグゼクティブ・コーチングで社長の課題を解決に導いてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「チーム内の一流選手、最高の技術を持つ経験豊かな選手でも土壇場になると挫けてしまうことがある。 しかし、時には技術も練習も一流とは言えない労働者階級出身の選手がチームに加わっている場合もある。コーチが土壇場で起用するのはこ...[続きを読む]

バンドワゴン効果とは?導入実績や第三者からの評価が大事な訳

スタートアップの起業家が、自社で独自に開発した商品やサービスの市場での評価を高める一つの方法として、導入実績を掲載したり、自社以外の第三者から、複数の推薦コメントや紹介状を貰うことで「バンドワゴン効果」を働かせることです。 なぜなら、多くの人や会社には他者との「同質化願望」が存...[続きを読む]

どんな特徴や強みを持っている起業家だと呼ばれたいですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人が抜きん出ることのできるものは一つか、せいぜい二つか三つの分野である。 よく出来るはずのことを見つけ、実際にそれを行わせなければならない。」 経営学者・社会学者<ピーター・ドラッカー> 起業家として独立するためには、...[続きを読む]

顧客の課題を解決するプロの仕事が出来る事を感謝していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人生が与えてくれる最高の宝物はなんといっても、する価値のある仕事に打ち込めること。」 <セオドア・ルーズベルト> フリーランスのプロ人材として最高の人生を送るためには、大きな価値を生み出せるやりがいのある仕事ができるこ...[続きを読む]