「6次の隔たり」の概念を駆使し、影響力を手中に収めてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「一日中、川の底を覗いていたとしても、魚は決して取れるものではない。たまたま魚が沢山やってきても、その用意がなければ、素手では掴めない。

魚は招いて来るものでなく、来るときに向かうから勝手にやって来るものである。だから、魚を獲ろうと思えば、常平生からちゃんと網の用意をして置かねばならない。人生全ての機会を捕捉するにも同じことが言える。」

<岩崎弥太郎>三菱財閥の創業者

特定の商品やサービスを効果的に認知し販売するためには、「べき乗則」に乗っ取り、世の中に対して影響力のある、「アーリーアダプター」5人との太いパイプを作り上げ、独自の「コネクション網」を構築することです。

その理由としては、人と人が繋がるネットワーク理論には、「6次の隔たり」という概念があり、6人のコネクターを介在すると世界中の誰とでも知り合いになることが可能だという「スモールワールド現象」が成り立つからです。

警察を舞台にした刑事ドラマの中には、現場での聞き込み調査が必要なシーンでは、ほぼ必ずと言って良いくらい「情報屋」という貴重な情報を提供してくれる人物が登場しますが、情報収集のスキルが高い人は、様々な課題解決に大事な役割を果たします。

ベンチャー企業が市場に新商品や新サービスを投入した際にも、この「アーリーアダプター」に受け入れられるか否かによって、商品やサービスの需要が確かにありマーケットに普及するか、全くしないかが概ね決定すると言われています。

「アーリーアダプター」は、イノベーター理論の用語ですが、革新的なプロダクトや新サービスを「比較的早期」の段階でも喜んで使ってくれる人のことを差しており、この人物の動向が後から続く潜在的な購入者の意志決定にも大きな影響を与える、「オピニオンリーダー」としての役割も果たしています。

アーリーアダプターには、以下のような特徴があります。

・流行に敏感で周囲への大きな影響力ある。
・常にアンテナを張り、情報網を持っている。
・情報発信力力が高く熱狂的な信者がいる。
・独自性を重視し人とは違う価値を求める。
・先見の明を持つビジョナリーである。

大手企業の役員クラスとの商談機会を作り出したい場合には、商品やサービスを提供する企業側はこのような特徴を踏まえて、「アーリーアダプター」に受け入れられ、協力関係を構築できる営業・販路開拓戦略を練ると、「トラクション」獲得を証明する
優良企業への導入実績の増加や売上アップにも効果的なのです。

「6次の隔たり」の概念を駆使し、影響力を手中に収めてますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

何事にも臆すること無く、当たって砕けていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「成功させる方法は一つしかないとわかっていた。 当たって砕けろ、とにかくやれ、ということだ。」 <ウォルト・ディズニー> 仕事や知識の幅を広げるには、最初から守備範囲を 固定せず、自身の能力に枠を設けない...[続きを読む]

アイデアと市場の擦り合わせから最高の改善策を見出してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「安易な金儲けに走るのを辞めて、身を賭して何かを生み出せ。 他人様のものを売り買いして暮らすのではなく、みずから創造するんだ。」 <カール・フォーックス> ブルーオーシャンを目指す創業期のスタートアップの起...[続きを読む]

トップセールスによる営業がスタートアップには必要な理由?

モノで溢れている今日、独自の価値を打ち出せない企業は生き残っていけません。情報氾濫の時代においては、マス広告の効果が薄れています。これらの理由から、ブランド構築の必要性を感じている企業は少なくありません。とは言うものの、ブランド理論の多くは大企業向けで、中小企業がそのまま真似した...[続きを読む]

難しいことは、焦らず時間をかけて攻略していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「肝心なことは、状況を前向きに変えるように努力 しながら、時がたつのを待つことです。」 <R・カールソン> 難易度の高いプロジェクトを軌道に乗せるためには、 決してあせらず、長いスパンで取り組んでみること...[続きを読む]

フォーカスする物を決めて、冒険の旅に出発していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「美しいものを見つける為に私たちは世界中を旅行するが、 自らも美しいものを携えて行かねば、 それは見つからないだろう。」 <ラルフ・ワルド・エマーソン> 冒険の旅に出る時は、その旅で得たい目的に焦点を当て...[続きを読む]