世のため人のためにパワフルになる仕事をしてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。

「人間は自分のためになりながらも、同時に世の中の
進歩に貢献していると胸をはれる仕事をやるべき。」

〈藤田田〉

ビジネスで成功を収めるには、家族に対して正々堂々と
誠実に胸のはれる仕事をすることです。

なぜなら、家族や周りの人に、自分のやっている仕事を
自信を持って説明でき、かつ誇りを持って、その仕事の
内容を話せるような仕事に関わって行けば、「自尊心」が
高まり、成果を上げられる可能性がアップするからです。

自分のスキルを生かしつつも、世の中の問題を解決する
という壮大なミッションを持った仕事は、ポジティブな
自己成長を促し、思いっきりアクセルを踏み込むことが
出来るのです。

世のため人のためにパワフルになる仕事をしてますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

本やセミナーで得た気付きを、直ぐに実行できていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「時のある間にバラの花を摘め。 時はたえず流れ、今日ほほえむ花も明日には枯れる。」 詩人<ロバート・ヘリック> チャンスに巡り合ったり、革新的なアイデアを発案した時は、 直ぐに何らかの「行動」を起こすこと...[続きを読む]

自らの誇りを捨てないために冒険していますか?

こんにちは、本田季伸です。 「何のリスクも取れない人間は、 人生で何一つ成し遂げることはできない。」 〈モハメド・アリ〉 人生で何かを成し遂げたいと思うなら、 ギリギリまで計算し尽くしたリスクに挑戦することです。 なぜなら、リスクに立ち向かい、それを克...[続きを読む]

貴重な経験を通して得られる価値を大切にしていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「ビジネス世界の報酬はすべて二種類の通貨で支払われる。 二種類の通貨とは「現金」と「経験」だ。 報酬はまず経験で受け取ること。現金は後でついてくる。」 <ハロルド・ジェニーン> 自分だけの何かを体得し...[続きを読む]

自分の使命に気付き、全うすることができていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分には自分に与えられた道がある。 天与の尊い道がある。 どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。 自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。 」 パナソニック創業者<松下幸之助> ...[続きを読む]

夢中で追い求めている、やりがいのある目標は何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自らが自らに求めるものが少なければ成長しない。 だが多くを求めるならば、何も成長しない者と 同じ程度の努力で、巨人にまで成長する。」 経営学者<ピーター・ドラッカー> 新しいアイデアや何かの問題の答えを...[続きを読む]