ビジネスエビデンスでプロ顧問としての価値を証明してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「顧客が価値を認め購入するものは、財やサービスそのものではない。
財やサービスが提供するもの、すなわち効用である。
加えて、顧客にとって価値あるものが何かは自明ではない。」

<ピーター・ドラッカー>

「プロ顧問」としてクライアントから仕事を獲得するためには、
自身が培ったパーソナルスキルの有用性が確かで間違いないという
仮説を立証する「ビジネスエビデンス」を提示することです。

エビデンスとは、元々は医療業界における薬や成分の有用性を
証明するための「根拠」や「証拠」といった意味合いを持ちますが、
近年ではビジネス用語としても使われる極めて重要なキーワードに
なります。

プロ顧問にもエビデンスが必要な理由としては、プロ人材に顧問
として仕事を依頼する際には、必ず事前に面談を行いますが、
その際に「根拠はありませんが、会社経営に良いですよ」という
自己宣伝を聞いて、高額な報酬を支払って仕事を頼む経営者は、
まずいないからです。

「ビジネスエビデンス」には、自身が提供する知見の価値やスキルを
見込客に「主張や仮説を立証するための材料」というニュアンスがあり、
意見の客観性や正当性を主張する「証拠」に値するものになります。

Googleは、人事評価において、評価される社員の国籍や顔写真、年齢、
性別といった情報を伏せているそうです。評価する側の偏見や個人的な
印象を排除し、純粋な実績「エビデンス」だけをもとに評価を下そう
としているからです。

起業家の場合でも魅力的なビジネスプランを描き、優れたアイデアを
持っていたとしても、その裏づけとなるエビデンスを示せなければ、
主観的なダダの思いつきの発想という域を出ません。

それゆえ、ベンチャーキャピタルが投資判断を下すシーンでも既に、
エビデンスとなる「トラクション」を獲得しているのかを重要視し、
最終的にこの起業家から事業創出の困難を乗り越えてやり遂げるか?
を予想してリスクを取り数千万から数億のファイナンスを実行します。

この事実からも「プロ顧問」に対して難易度の高い事業ミッションを
担う大事なプロジェクトへの参画を打診する際には、明確な基準を設け、
幾つかの選択肢の中から意思決定を行い、これまでのビジネス実績や
スキル、人脈ネットワーク、人間性、社風や社長との相性などを鑑みて、
成果を上げるプロ人材だと思えた際にマッチングすると言えるのです。

ですが、正社員とはその立ち位置が大きく異なる「フリーランス」の
「プロ顧問」の場合だと、最初から長期契約を保証することは稀で、
仕事を獲得することがゴールではなく、スタート地点になります。

それゆえ、最初の「3ヵ月」という短い期間でいかにして成果を上げ、
自らのポテンシャルを立証することが長期契約や高額な顧問報酬を
得るための必須要件となるのです。

ビジネスエビデンスでプロ顧問としての価値を証明してますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

結果を出すために、孤独な環境を受け入れる覚悟はありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「我々はみな真理のために闘っている。だから孤独なのだ。 寂しいのだ。しかし、だから強くなれるのだ。」 イプセン(ノルウェーの劇作家、詩人) 沢山の人と会い会話するのは楽しいことですが、一流の経営者として、 ...[続きを読む]

価値ある商品を提供し、誠意ある対応をしてますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 「信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生。」 <ニック・レビー> 何かの商品を販売する際は、売り込みばかりに力を 入れるのではなく、「信用残高」を高めることにも、 細心の注意...[続きを読む]

人のつながりを活性化し、シナジーを生み出してますか?

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 「オーケストラの各奏者は、その聴力の二分の一で、 同僚の音を聞いている。」 <芥川也寸志> 新しい何かを創造する力をアップ劇的に向上させるには、 人とのコミュニケーションを重視し、横の連携をはかり、 個の「つなが...[続きを読む]

顧客のニーズを満たすことに意識を集中させていますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「企業は、製品やサービスを生産するためでなく、 顧客を引きつけ、その企業と取引したいと思わせる ような活動をす...[続きを読む]

解明したい事柄をハッキリさせ、先駆けて行動してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「アイデアを見出す目さえ持っていれば、 自分の想像力を発揮できる分野は至る所にあります。 人より先に走りだす者こそ創造者なのです。」 <ヴィタ・サックヴィル=ウェスト> 新しいアイデアを想像するた...[続きを読む]