仕事で成果を上げ早く帰れる様にタスクを仕組み化してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。
大抵の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、
彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に
全てのエネルギーを集中する点だ。」

<トーマス・エジソン>

ビジネスの「生産性向上」のためには、周囲に人達に流されて
ダラダラと残業する組織全体の意識を改革し、その日のタスクや
一定の成果を確実に上げたら、早く帰ることが人事評価される
「ホワイトカラー・エグゼンプション」を導入することです。

「ホワイトカラー・エグゼンプション」は、専門職や管理職などの
「頭脳労働者」=「マネジメント層」を対象とした制度になりますが、
マネージャークラスは年俸制であり、期限内に成果をあげることが
求められるため、そもそも残業という概念がありません。

フリーランスの「プロ顧問」の場合には、同時に複数の会社に
関与する「パラレルワーク」が前提になるため、1つの会社に定時に
毎日出社して時給で働くという概念自体が無く、何らかの結果を
出してこそ評価されるので「ホワイトカラー・エグゼンプション」の
典型例になります。

「頭脳労働者」にとっては特に「ワークライフバランス」的には、
長時間労働は弊害しかなく、重要な局面でのモチベーションを
一気に上げて「最重要事項」にフォーカスし「短時間集中型」で
取り組むことがカギになりなります。

ですので、その日にやるべき仕事が終わったら速やかに帰る方が
エネルギーの維持には必要不可欠で、長いスパンで継続して頑張り
続ける活力の再生に繋がることは間違いありません。

私自身の場合でもサラリーマン当時も起業家として働く今現在も、
夜遅くまで仕事をすることは昔から非常に大嫌いでしたので、
成果を上げる仕事の効率化やビジネスの仕組み化を徹底しており、
残業は過去にほとんどしたことがありません。

現在も夕方6時には仕事を切り上げ、朝6時から仕事するスタイルが
大きなパーフォーマンスに繋がると自らの体験から実感しています。
ちなみに土日祝もその習慣を徹底し、このリズムを崩していません。

海外の企業では残業する人には、マイナスのイメージしか無く、
頻繁に残業する人は、「決められた時間内に仕事を終わらせる
ことができない人=仕事ができない人」と見なされてしまいます。

日本の会社の場合、仕事を終えても早く帰れない原因としては、
周囲の目や仕事環境、雰囲気作りにも問題があり、仕事の中身よりも
不毛な残業を評価するような空気が漂っている企業すらあります。

日本では、労働基準法によって労働時間は週40時間、1日8時間と
決められています。この基準を超えた労働時間は残業扱いになり、
会社は残業に対して、1時間あたりの賃金に25%上乗せした残業代を
支払う義務が生じるので、会社側の残業代の負担も大きくなります。

ですので、あらゆるビジネスマンにとって、仕事を効率化して
生産性の高い働き方を推進するためには、働く時間ではなく成果を
上げる人こそが真の「プロ人材」であることを組織全体に浸透させ、
チーム内や会社からも、「タイムマネジメント」に優れた人物だと
評価されるべき重要な要素になるべきだと言えるのです。

仕事で成果を上げ早く帰れる様にタスクを仕組み化してますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

あなたが大切にしたい挑戦の「原点」は何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「迷ったときは原点に戻って再スタートすればいい。」 将棋棋士<谷川浩司> 困難なことにチャレンジしていると、時には成長が鈍化 したり、現在の取り組みが不安になることもあります。 そんな時は、挑戦を始め...[続きを読む]

世のため人のためにパワフルになる仕事をしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「人間は自分のためになりながらも、同時に世の中の 進歩に貢献していると胸をはれる仕事をやるべき。」 〈藤田田〉 ビジネスで成功を収めるには、家族に対して正々堂々と 誠実に胸のはれる仕事をすることです。...[続きを読む]

副業顧問や副業セールスなどに挑戦し経験値を増やしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「商売をするときは、金を儲けようなどと考えずに、ひたすら 商道の本意を勤めなさい。 よく商人の本意を守って努力すれば、財は求めなくても集まり、 豊かになることは計り知れない。」 <二宮尊徳> 最近、コロ...[続きを読む]

他者が共感できる大きな意義を見出し、周囲を巻き込んでますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「志を立つることは大にして高くすべし。 小にして低いければ、小成に安んじて成就しがたし。 天下第一等の人とならんと平生志すべし。」 本草学者・儒学者<貝原益軒> 多くの人から支持され応援されるような会社に...[続きを読む]

自分や他人の目に見える形で、目標を設定していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「障害が恐ろしい物に見えるのは、目標から目を離すからだ。 一直線に目標だけを見なさい。」 <ヘンリー・フォード> 目標を達成するためには、より具体的な言葉を書き出し、 手帳に貼り付けたり、常に「見える」状...[続きを読む]