仕事で成果を上げ早く帰れる様にタスクを仕組み化してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。大抵の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。」

<トーマス・エジソン>

ビジネスの「生産性向上」のためには、周囲に人達に流されてダラダラと残業する組織全体の意識を改革し、その日のタスクや一定の成果を確実に上げたら、早く帰ることが人事評価される「ホワイトカラー・エグゼンプション」を導入することです。

「ホワイトカラー・エグゼンプション」は、専門職や管理職などの「頭脳労働者」=「マネジメント層」を対象とした制度になりますが、マネージャークラスは年俸制であり、期限内に成果をあげることが求められるため、そもそも残業という概念がありません。

フリーランスの「プロ顧問」の場合には、同時に複数の会社に関与する「パラレルワーク」が前提になるため、1つの会社に定時に毎日出社して時給で働くという概念自体が無く、何らかの結果を出してこそ評価されるので「ホワイトカラー・エグゼンプション」の典型例になります。

「頭脳労働者」にとっては特に「ワークライフバランス」的には、長時間労働は弊害しかなく、重要な局面でのモチベーションを一気に上げて「最重要事項」にフォーカスし「短時間集中型」で取り組むことがカギになりなります。

ですので、その日にやるべき仕事が終わったら速やかに帰る方がエネルギーの維持には必要不可欠で、長いスパンで継続して頑張り続ける活力の再生に繋がることは間違いありません。

私自身の場合でもサラリーマン当時も起業家として働く今現在も、夜遅くまで仕事をすることは昔から非常に大嫌いでしたので、成果を上げる仕事の効率化やビジネスの仕組み化を徹底しており、残業は過去にほとんどしたことがありません。

現在も夕方6時には仕事を切り上げ、朝6時から仕事するスタイルが大きなパーフォーマンスに繋がると自らの体験から実感しています。ちなみに土日祝もその習慣を徹底し、このリズムを崩していません。

海外の企業では残業する人には、マイナスのイメージしか無く、頻繁に残業する人は、「決められた時間内に仕事を終わらせることができない人=仕事ができない人」と見なされてしまいます。

日本の会社の場合、仕事を終えても早く帰れない原因としては、周囲の目や仕事環境、雰囲気作りにも問題があり、仕事の中身よりも不毛な残業を評価するような空気が漂っている企業すらあります。

日本では、労働基準法によって労働時間は週40時間、1日8時間と決められています。

この基準を超えた労働時間は残業扱いになり、会社は残業に対して、1時間あたりの賃金に25%上乗せした残業代を支払う義務が生じるので、会社側の残業代の負担も大きくなります。

ですので、あらゆるビジネスマンにとって、仕事を効率化して生産性の高い働き方を推進するためには、働く時間ではなく成果を上げる人こそが真の「プロ人材」であることを組織全体に浸透させ、チーム内や会社からも、「タイムマネジメント」に優れた人物だと評価されるべき重要な要素になるべきだと言えるのです。

仕事で成果を上げ早く帰れる様にタスクを仕組み化してますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営会社社長 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

自分が働く選択肢の他に、お金を働かせる考えはありますか?

こんにちは、本田季伸です。 「道はふたつだ。金のために働くか、金に働かせるかだ。」 米国の金融業者<コンラッド・レスリー> 「経済的自由」を手に入れるには、自分に投資して稼ぎを得る こと意外に、「お金に働いてもらう発想」を持つことです。 なぜなら、基本的...[続きを読む]

物事の原理原則を知ることを怠っていませんか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「何かをするときに方法しか知らなければ、その方法に縛られてしまう。しかし、原理を知っていれば、自分なりに方法を工夫できる。」 <ラルフ・ワルド・エマーソン>思想家・哲学者・作家 世の中には、誰でも容易に再現で...[続きを読む]

特定分野の専門家になるために、あるゆる失敗を重ねていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「専門家とは、非常に狭い範囲で、 ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。」 理論物理学者<ニールス・ボーア> 優秀な専門家の条件は、ある特定の分野に深く精通していること されていますが、そんな専...[続きを読む]

やりがいのある目標を成し遂げたい理由は明確ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「頂上へは楽な道などない。それなら私は自分なりにジグザグに登ればいい。」 〈ヘレン・ケラー〉 目指すゴールに到達するためには、掲げた「目標」に対して自分なりの「達成動機」を明確にすることです。 なぜ...[続きを読む]

IRとは?未上場企業でも会社の成長戦略にIR活動が必要な理由

日本の企業数のうち9割以上を占める非上場企業は、財務諸表を投資家に向けて一般公開することは殆どありません。なぜなら、未上場会社の場合には、HP上で財務諸表を公開する法的な義務は無いからです。 ですが、株式公開を目指し新たに投資家から第三者割当増資を行う際や資金調達後には、投...[続きを読む]