社長面談とは?面接と面談の違いや社長面談を通過する要素とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

就職活動を行う大学生や転職活動を行う求職者から「社長の面接ってどんなことが見られるんですか?」「一次や二次とは違うんですか?」という質問を多く受けます。社長面談は、就職活動を行う上では最後の関門であり、ここでつまずく人は少なくありません。
そこで今回は、就職活動だけでなく顧問活動やフリーランスの採用選考時にも行われる、社長面談について解説します。

■社長面談とは?
人材を採用する際には、会社のトップである社長自身が面接官として担当することも多いため、最終面接は社長面談や社長面接と呼ばれることもあります。

大学生の就職活動や転職活動中の最終面接は、役員や社長クラスが面接官を担当することもあり、これまで就職活動や転職活動で経験した面接とは違って緊張感や大きなプレッシャーがあります。

内定が決定する重要な面接となるので、緊張感があり、失敗してしまう事もあります。

いよいよ最終面接などで社長面接となった時に、どの様な心構えをすれば良いのか、どんな準備をしておけば良いのか不安に感じる事も多いです。それまでの人事担当者との面接はスムーズに攻略できるものの、なぜか毎回、最後の社長面談で落ちてしまうという人も実際にいます。

大学生の就活活動や転職活動、フリーランスを問わす、社長面談とは、企業に自分自身を理解してもらい、就業への意欲や自分の能力をアピールする場と言えるでしょう。

その中で社長面談はこれまでの面接とは勝手が違うことが多いいため、注意しなければなりません。社長面談ならでは特徴や企業の目的を理解し、適切な対策をしましょう。

■「社長面談」と「社長面接」の違いとは?
面談と面接はどちらも直接会って話をするという意味を持っていて、就職活動において使われることが多いです。

面談が双方の希望をすり合わせるものであるのに対して、面接は応募者の中から内定者を選出するために行われます。

面談とは、双方の希望をすり合わせるために直接会って話すという意味です。就職活動で使われることが多いです。就職活動における面談は、企業と就活生とが相互の希望をすり合わせ、相互理解を深めるために行われます。

ですので、社長面談も面接とは違い、就職活動をしている転職者や業務委託で仕事を受ける顧問やフリーランスのプロ人材などが企業と対等な立場で行います。

就職活動の面接の場合には、求職者は事前に面接前に企業の情報を集めたり、エントリーシートを書いたりするなどいろいろな準備が必要になるため、就活生の負担も大きいくなります。

そのため、通常の担当者との面談ならば特別な準備を必要とせず、気軽に話を聞きに行こう、という感覚で参加する人も多いですが、社長面談の場合には、社長のプロフィールや創業の歴史、得意分野や強みなどをホームページで事前に確認して置くなど、圧程度の下調べをした上で面談に臨むのがベストです。

■社長面談のポイント
社長面談ではまず企業の側としては、気になる候補者に対して自社をアピールし、自社に対するイメージやを高めてもらうことを目的としています。社員の場合には入社意欲、フリーランスの場合には、実行支援の意気込みなどを確認します。

また、同時に候補者の適正や他社での活動状況、モチベーションをチェックしたりもします。次に、就活生の側は人生設計、その企業に入った場合の条件などを話したり、確認したりできます。面接などの場では話しにくい待遇などについても聞きやすいのが魅力です。

これまでの一般的な採用活動の場合、人材募集の要項を企業サイドが企画し、参加者を募って集まって貰うという形式で行われることが多いです。

これに対して近年は、企業から候補者に直接声をかける「ダイレクト・リクルーティング」や「ダイレクト・スカウト」を行う企業が増えています。また、最近では社員に人材を紹介して貰う「リファラル採用」に取り組む企業もあります。

ですが、正社員を募集している企業でも、面接と面談の違いが分からない会社が多いです。これは、フリーランスとして活躍する個人事業主にあたる顧問や業務委託でプロジェクトに参画するプロ人材の場合でも多く見られます。

つまり、人材の採用を担当している企業の人事部でも面談と面接の違いを理解していない人が非常に多いのが実情になります。

企業サイドとしても面談を設定したつもりが、一般的な面接と大差ない形になってしまうことも少なくなく、再就職で転職活動を行っているビジネスマンや顧問活動を行うプロ顧問ですら、その違いを理解していない人が殆どのため注意が必要です。

■社長面談の4つの特徴
社長面談を攻略するには、まずは面接の基本的な特徴から知っておくことが大切です。1次や2次は人事担当者や現場社員が面接することが多く、社長面談とは見ているポイントが大きく異なります。

1、社長面談と一般的な面接の違い
1次面接では社会人としての基礎力を、2次面接では企業への適性を見ています。

しかし、社長面談では、本当に入社意欲が強いかどうか、企業について十分理解しているかなどを重点的に見られ、これまでとは全く違った質問がされるのです。そのため、社長面談の特徴を知っておくことで、必要な事前対策や準備内容がわかります。

2、入社に関する具体的な話に及びやすい。
「社長面談に合格=内定」となるため、入社に関する具体的な話をされることも少なくありません。

社長が内定から入社までのスケジュールを細かに話したり、入社後どのように仕事を進めるかを教えたりする企業も中にはあります。これは合格が決まったサインとも言えますが、社長面談の性質上、必要事項として説明していることもあります。

つまり、入社に関する具体的な話をされたからといって、必ずしも合格するとは限らないことは理解しておきましょう。入社に関する具体的な話が出やすいのは、単に内定獲得が迫っているからで、最終面接という性質によるものと考えたほうがいいでしょう。

3、就職後について言及されることも多い。
社長面談では、入社に関することだけではなく、さらに就職後について言及されることも多いです。

就職後についての話は、入社直後、5年後、10年後にまで話が及ぶことも多く、内容は多岐にわたります。これも入社に関することと同じで、就職後について詳しく話す=内定というわけではありません。

就職後どのように働きたいのか、将来のビジョンを持っているかを見られていることが多く、ここでの評価次第で合否は当然分けられます。

就職後についての明確なビジョンや目標を持てていないと、マイナス評価にもなりやすいです。就職後についての話には、短期的、長期的両方の側面から答えられるよう、幅広く準備することが大切です。

4、顔合わせだけで終わらないことがほとんど
社長面接は顔合わせだけで、ほぼ内定確定と思っている人は多いでしょう。

しかし、実際はそうとは限らず、ほとんどの場合でこれまでの面接と同様、じっくり評価されていると考えなければなりません。顔合わせだけで終わる企業があるのも確かですが、これは極めて稀なケースと考えましょう。

新卒の場合は、ポテンシャルや人柄、相性を見て就職を決める傾向にあるため、基本的には最後までしっかり評価し、合否を決定します。

人材の採用には、採用広告費やエージェントへの人材紹介料など、多額のコストがかかっており、特に将来の長い新卒の採用にかかるコストは膨大です。

スタートアップや中小企業の場合には、特に1人の新卒を雇うだけでも、企業側にとっては重要な選択になるため、社長がじっくり見極めた上で、慎重な選択がおこなわれると考えましょう。

■社長面談のプロセス
中小企業の場合には一度の面接で経営者が面接官となり、採否の判断を行うケースも少なくありません。

社長面談のプロセスでは、社長面談ではまず最初にアイスブレイクを行います。アイスブレイクとは緊張をほぐすためのレクリエーションのことです。

人事部や社員との面接であれば、比較的気軽に参加することができますが、社長面談では最終審査にもあたりますので、転職活動をする人やフリーランスの顧問であっても殆どの人がどうしても緊張してしまいます。

そこで、アイスブレイクを行うことでその緊張をほぐし、本音を引き出しやすくする必要があるのです。

まず企業の側が自社紹介と自己紹介を行います。次に就活生や顧問側が自己紹介を行います。

そして、双方の紹介が終わったら、次は就職活動をしている求職者やフリーランスの話を聞きます。

企業側の事業説明や求職者への質問ばかりになってしまうと面接とあまり変わらないものになってしまうので、面談をする社長としては、仕事をする上での就活生の心配などの本音の部分を聞き出す必要があるのです。

この段階が終わったら、最終的に聞きたいことをお互いに質問をします。

自己紹介はコミュニケーションの基本になりますが、社長面談では、会話の中でスキルや知識、経験、実績だけでなく人間性も見られます。具体的には、応募者の人柄、能力、可能性などを評価します。

これにはミスマッチを防ぐという目的もありますが、やはり短時間の面接でこれらの要素を確かめるのは難しいため、ミスマッチも多くなってしまうという現状があります。

そのため、社長面談の段階に入る前に社員との面談を行ったり、面接を複数回行ったりする企業も多く存在します。人材紹介のエージェントが介在する際には、プロフィール登録時にエージェントとの面談を行うケースも多いです。

企業側では現在、欠員が出たから求人広告を掲載して直ぐに採用する。という方法では優秀な人材をジョインして貰うことが難しくなっています。だからこそ、社長面談を含め、お互いが一緒に働きたいと思って貰えるようなコミュニケーションが大切だと言えるのです。

■社長面談では人間性のフィーリングが鍵
社長面談では、担当者による面接と大きくことなり、企業や職場へのマッチングの観点で見られていると理解することが採用や顧問契約への近道になります。

つまり、顧問の場合には、依頼主の社長との相性とフィーリングが合うことが大きな鍵となり、最終面接のやり取りを通して採用を決めています。

ですので、フリーランスの社長面談では、社長からの質問に対して無難なことだけを答えていれば良いのではなく、逆質問もあるので相手に意図を汲み取って評価に繋がる受け答えをするように心掛けることが肝要です。

通常の面接では、業務に関するスキルや資質、入社への意欲などがチェックされています。これらは担当する面接官が見極めやすい部分でもあり、面接を担当するのは一般社員や人事の担当者です。

ですが、一方で転職や経営課題の解決に必要なフリーランスの人選や社運を賭けるプロジェクトや難易度の高い仕事依頼などの際には、最終面談を担当するのは役員クラスになることが多く、中小企業やベンチャー企業によっては社長自らが行います。

採用決定権のある人物が出てくるのが一般的で、スキルや資質を満たした人物を社風に合うのか、企業の理念に合うのか、長期的に活躍してくれる人物なのかを見極めて、採用するのかを社長が面接する事で決定するのです。

社長面談では、応募者がどのような人間なのか、どんな個性を持っているのか、企業にマッチする人材なのか、会社にとって有益な人材なのかを掘り下げ、経営者として最終的な判断を下される形になるのです。

■まとめ
社長面談で「顔合わせ程度だろう」という油断は禁物です。なぜなら、人事の評価がいかに高くても、最終的な判断を下すのは社長や役員の経営層だからです。

これまでの転職活動の試験との違いは、会社の成長を支えてくれる人物なのかを確認している点です。面接をする社長は会社の経営者でもあり、会社が長く続いてこれからも成長し続けることを考えています。

特に正社員の募集や経営顧問、社外取締役の採用の場合には、短期的な売り上げアップや直近の企画案などではなく、会社の成長を支えてくれそうか?長期的に働いて自社に会社に貢献してくれる人物を探しているのです。

中でもユニーコーン企業など、応募者が多数集まる人気企業の場合には、社長面談に進んでいる応募者はスキルや経験には大きな差は無く、最終的な判断は熱意になります。

社長面談で問われるのは、スキルや経験ではなく、候補者のキャリア感や価値観や社長との相性になるケースも多いのです。

応募者がその会社で長く働き、成果を上げるだけの覚悟があるのかを知るために行われています。ですので、志望動機などを語る時には長期的なプランや目標を踏まえて答えるようにします。

多くの場合は「入社意欲」や「なぜその企業なのか」「その企業で何をしたいのか」など企業に紐づく質問が多くなります。

就職活動をしている大学生や転職活動を行う求職者からすると、多くの候補企業の中の1社かもしれませんが、内定通知を出す企業や大事な仕事を依頼する経営者からすると、限られた採用枠の一名を決める大切な選考になりますで、その重要度は高くなります。

また、大手企業の場合には、経営層の方と直接話せる機会は入社や採用後であってもそう多くはないため、聞いてみたいことを予め逆質問でいくつか用意しておくことは欠かせない要素になると思います。

自分が一緒に仕事をしたり、正社員として勤めるかもしれない企業のトップに対して聞きたいことが聞ける限られたチャンスだと思いますので、しっかりと質問したいことをいくつか考えて臨みましょう。

【顧問報酬100%】顧問契約に特化したプロ人材のエージェント会社
https://kenjins.jp/lp/prokomon/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

副業のプロ人材として働くメリット?新たな副業のスタイルとは?

現在、副業が解禁されたことで「自分の会社でも副業が認められるようになった」「周りで副業を始める人が増えてきた」「今の会社で働きながら、副業で新たなキャリアを身につけたい」など、副業を身近なものとして考える人が増えています。今回は、新たな副業スタイルとそのメリットについて解説します...[続きを読む]

プランド・ハップンスタンスとは?顧問やプロ人材も対象なのか?

「振り返って見ると、あれは必然的な偶然だったな」という「出会い」や「出来事」がありませんか?多くの人は、仕事の選択や必要なスキルを磨く過程で、偶然の出来事や出会いを味方に付けるようなポジティブ・シンキングによって、キャリアアップを図ることができたという経験があるはずです。近年、こ...[続きを読む]

年功序列とは?年功序列と成果主義のメリットと両者の違いとは?

現在、日本の企業では、年功序列という人事制度が当たり前のように採用されてきており、今でも多くの企業に根深く浸透しています。ですが、高度経済成長期に導入された年功序列制度に代わり、現在、多くの企業が成果主義を導入し始めています。そこで今回は、年功序列制度と成果主義との違い、年功序列...[続きを読む]

キャリアプラトー対策とは?人生100年時代の顧問という働き方

世界屈指の長寿化社会で、働くことも長くなる私たちは、誰しもがこのキャリア・プラトーに陥るといっても過言ではありません。このキャリア・プラトーを抜け出す選択の一つとして、近年、増加傾向にあるのが、プロティアン・キャリアです。 そこで今回は、キャリアプラトー対策とプロティアン・...[続きを読む]

キャリアパスを明確にしスキルと経験を積む重要性とは?

人手不足が深刻化する中、企業は採用活動とともに人材流出防止対策を講じる必要に迫られています。その方法の一つとして挙げられるのが、実効性の高いキャリアパスです。 キャリアパスは、人材確保の手段となるだけでなく、ビジネスパーソンにとっては、自らのキャリアデザインを描くうえで重要...[続きを読む]