顧問や経営コンサルタントを選ぶポイントとは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト
「KENJINS」の本田季伸です。

今回は、顧問や経営コンサルタントを選ぶポイントについてお話します。

 

経営革新に熱心な企業の多くは、一度は相談したり、実際に顧問や経営コンサルタントに依頼をしている経験があると思います。
しかし、その多くが「経営コンサルタントを使ったけど、大して効果がなかった」と言われる場合が多いものです。

その理由としては、たまたま知り合った顧問や経営コンサルタントに依頼してしまい、本物のプロフェッショナルに会うことができる確率が非常に低いからです。

それ以外にも依頼をする経営者側に真贋判定に誤りがある場合も多々あります。

 

また、顧問や経営コンサルタントを次々と変えている企業もあります。

そのような経営者と話をすると「いろいろなコンサルタントにあってきたので、コンサルタントの見分け方は非常に上手になった」とシャーシャーとして言っています。

そのような経営者に、いろいろと提案すると、

「先生、そんなことはどの企業でも常識でしょう」

「そんなことは知っています」

「そのようなことは過去にやってきました」

「その方法は効果がないですね」

という返事が返ってきます。

 

「では、なぜ御社は今このような問題を抱えているのですか?」

と質問を返すと、きちんとした回答が返ってきません。

経営コンサルタントずれをしてしまって、経営コンサルタントに依頼するという意味がわからなくなってしまっているのです。

その結果、経営コンサルタントの提案がどのような意味を持つのかを理解できなくなっているのです。

 

同様なことがセミナーや社員研修でも言えます。
社員研修に熱心な企業は、今までにいろいろなテーマで研修をやってきているので、今までにやったことのないテーマで講師をできる人を見つけるのが難しくなっているのです。

どうでも良いようなテーマで研修をしても、経済学の基本である効用低減の法則で、効果が少なくなっているのです。

これをセミナーや社員研修の麻薬性と言います。

プロの経営コンサルタントは、最終的には「経営コンサルタント不要な企業作り」を目指します。

本当に優れた顧問やコンサルタントは、アドバイスやコンサルティングをしながら、経営コンサルタントがいなくても継続し、効果が持続できるような仕組みを風土として定着させていってくれるのです。

そこまで、依頼側の企業が、特に経営者の経営コンサルタント使いこなしができていないのです。

 

経営コンサルタントを使うことにより、下記のことを身につけることが肝要です。

1.経営コンサルタントを使いこなせる力

2.暖かい管理を愚直に実施できる企業作り

3.当たり前のことが当たり前にできる企業作り

そして、経営コンサルタントの苦言を取り入れられる経営者の度量と、自分が先頭に立つ気概がなければ、経営コンサルタントを
使いこなして、成果を上げることは困難でしょう。

そのため、顧問や経営コンサルタント選びのポイントは、その顧問や経営コンサルタントがこれまで何をやってきたかではなく、
どのような考えでクライアントである顧問先と取り組む、顧問コンサルタントなのかを見極めることが大切なのです。

自社でどのような顧問コンサルタントが最適なのか、迷ったり分からない場合は、「KENJINS」にご相談ください。

 

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問紹介サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!

営業顧問、マーケティング顧問、開発顧問、財務顧問など、
顧問契約を活用することで、圧倒的な成果を実現しよう。
http://kenjins.jp/

自社の経営課題にベストな顧問を探している企業はコチラ!
http://kenjins.jp/contents/corp.html

顧問として中小・ベンチャ企業の支援をしたい方はコチラ!
http://kenjins.jp/contents/adviser.html

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

キーマンといかに多く接触することが法人営業の鍵になる訳?

法人営業を成功させるためには、顧客の担当者ではなく、顧客のキーマン(決裁者)へアプローチをすることが重要なポイントです。いくらプロダクトが優れており、積極的な営業活動を行ったとしても、キーマンである決裁者と商談をしないと、決裁の段階で断られてしまうケースは珍しくありません。 ...[続きを読む]

品質管理に必要な3つの管理業務の内容とは?

「メイドインジャパン」といえば、全世界的に高品質の代名詞として知られてきました。しかし、近年日本を代表するモノづくり企業で品質問題に関する不祥事が相次いでいます。日本製品の質の低下が懸念されています。原因を辿ると、「人員削減」「熟練技術者の減少」などの雇用環境の変化があるようです...[続きを読む]

営業顧問や営業プロ人材がセールス活動を支援!

販路開拓において、多くの中小・ベンチャー企業がマーケット動向の把握や見込み顧客の開拓に関して問題を抱えています。また、売上を拡大させていくなかで、営業社員の育成や営業組織に課題を抱えている企業も多くあります。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」には、営業の専門家...[続きを読む]

中小・ベンチャー企業の顧問人材に求める期待と役割とは?

長年にわたり企業社会の中で培ってきた中高年の力を定年により失ってしまうことは、日本社会にとって大きな損失となります。今回、中小・ベンチャー企業のシニア・OB 人材に求める期待と役割や採用において重視するポイントと、優秀な顧問人材を獲得する手段を解説します。 1、経営企画・マ...[続きを読む]

人事顧問との顧問契約がスタートアップにお勧めな理由

多くの企業にとって人事部は優秀な人材を採用したり、適材適所で人材に役割を与えたりしながら、「ヒト(人材)」という経営資源を活用しながら企業をサポートしていく重要な部署です。しかし、いざ新しく人事部を立ち上げようとしても、「人事業務経験者がいなくて困っている」という企業も多いのでは...[続きを読む]