成果を上げるために具体的なアクションプランを策定してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「エグゼグティブとは行動する者であり、物事をなす者である。
エグゼクティブにとっては、いかなる知識があるといえども
行動に転化しない限り、無用の存在である。
しかし、行動の前には、計画しなければならない。」

<ピーター・ドラッカー>

ビジネスを通じて成し遂げたいビジョンを持った経営者なら、
望むべき結果、到達までのステップ、優先順位などを想定した
「アクションプラン」作ることです。

なぜなら、明確な目標を定めず具体的なアクションプランを
策定しない状態で行動を開始すると、日々の全ての行動が
成り行き任せとなってしまうからです。

何も考えずに偶然の出会いで成功を掴み取る運の良い社長も
稀にいますが、「再現性」という観点からは、「成功法則」を
手に入れたとは言えません。

例えば、エベレストに登頂する前に無計画のまま登山を開始
したら、恐らく99%の人は、かなりの確率でクレバスにはまり、
適切な登頂ルートで進まないと、遭難してしまい無事に生きて
帰ることすら難しいです。

登山の場合は特に最初に行動計画を練り上げ、その日の天候状態や
クルーの健康状態を考慮しつつ、現在地を的確に把握し定期的に
アクションプランを定点観測することを徹底して実行しないと、
「テッペンに旗を打ち立てる」ことができないのです。

若い起業家が新規事業の立ち上げという冒険の旅に挑む過程では、
予想外の不運に遭遇したり、とんでもない過ちを犯してしまったなど、
幾度もの試練を乗り越える厳しいプロセスも当然あるでしょう。

そのような時は、具体的なアクションプランがあれば、臨機応変に
軌道修正も出来るし、本当に辿り着きたい究極のゴールに向けて、
己だけでなく関係者全員が高い「モチベーション」を維持しながら、
「頂点に立つ」ことが可能になるのです。

成果を上げるために具体的なアクションプランを策定してますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

ビジョンを掲げ、明確な方向性を示していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「基本理念を維持し、進歩を促すようにしてさえ いれば、必ず時代を越えて一流であり続けられる。」 <ジェームズ・C・コリンズ> チームを効果的に動かすには、リーダーの頭の中 にある考えをまとめ、組織が目...[続きを読む]

未来を予測し、先手を打つことが出来てますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「満点をとったことは自慢にならないよ。 本当に大切なのは知識を丸暗記したり、 教えられたとおりのことを答案に書くこと ではなくて、先を見る洞察力だ。」 マイクロソフト社共同創業者〈ビル・ゲイツ〉 新たな...[続きを読む]

アイデンティティを明文化し、存在意義を顧客に訴求してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「世界中で競合製品は、ますます似通ってくる。 消費者がどの会社を選ぶかを判断する際、会社のパーソナリティ、 会社のアイデンティティが最大の判断材料になる。 そういう時代が来ることは避けられない。」 <ウォーリ...[続きを読む]

フォーカスする物を決めて、冒険の旅に出発していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「美しいものを見つける為に私たちは世界中を旅行するが、 自らも美しいものを携えて行かねば、 それは見つからないだろう。」 <ラルフ・ワルド・エマーソン> 冒険の旅に出る時は、その旅で得たい目的に焦点を当て...[続きを読む]

自己成長に繋がる大きな人に会い、人脈を形成していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分を磨くためには、大きな人に会うことです。 対面すること、対面しようと努力することで、 人間力は確実に強まるのですから。」 資生堂創業者<福原義春> 真の意味で幸せな成功を収めるためには、目標を明確に...[続きを読む]