プロボノとは?プロボノの仕事とボランティア活動の違いとは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

働き方が多様化している現在、社員のスキルをいかに伸ばすかは企業にとって重要な課題となっています。もちろん上司からの教えや研修、能力による評価、資格の取得のサポートなど、企業に行えることは数多くあります。しかし、企業内だけでサポートしていても、身に着けられる能力やスキルには限界があります。

そのため、「プロボノ」を始める企業が増えてきています。そこで今回、プロボノの意味とプロボノは個人や企業にどのような影響を与えるのかについて解説します。

■プロボノとは?
「プロボノ」とは、ビジネスパーソンが自分の専門知識やスキルを活かしておこなう社会貢献活動のことです。企業が母体となって社会貢献活動をおこなうケースや、労働者自らが進んでプロボノ活動をおこなう場合など、いろいろなケースがあります。

プロボノは社会貢献やボランティア活動の新しい手法であると同時に、物質的な利益にとらわれない新しい働き方のひとつであり、新しいプロフェッショナリズムの表現であるともいえるでしょう。

プロボノはラテン語の「プロ・ボノ・プブリコ」、「公共善のために」という言葉が語源となっています。ボランティアが自分の能力やスキルに関係なく社会貢献するのに対し、プロボノは既に自分が持っている能力や経験を生かして社会に貢献する活動を指します。

近年の傾向ろしては、経営顧問、中小企業診断士、弁護士、金融業、コンサルタントなど、従来のボランティア活動とは少し結びつきにくい職種の方が、自分のスキルを生かしてプロボノ活動を行っているのです。現在では多くのNPO法人などが企業と提携してプロボノを推進しており、多くのプロ人材や企業が参加しています。

■プロボノとボランティアの違いは?
プロボノによる社会貢献活動というと「ボランティア」との違いはどこにあるのか、疑問に思う方もいるでしょう。プロボノもボランティアも、無報酬で他人のために働くという意味では共通しています。では違いはどこにあるのでしょうか。

その違いは、プロボノは自分が培ってきたスキルを活かしたホワイトカラーの活動であるのに対して、ボランティアはそうでないブルカラーの活動という違いがあります。プロボノは自らの得意分野を活かせるため生産性の高い活動ができ、自分の市場価値を知るきっかけにも繋がります。

社会人としての自らの専門知識や仕事上のスキルを社会貢献に活かす「プロボノ」は、いわば“本業の延長”であり、知識や経験、スキルを活かせるというその点で従来のボランティア活動とは大きく異なります。言わば、これまで慣れ親しんだ仕事のフィールドで貢献活動できることから、参加のハードルが低く、継続しやすいという大きなメリットがあるのです。

2009年頃から日本でプロボノ活動に対する注目が高まり、2010年はプロボノ元年とも言われました。

それ以降、何か自分のスキルを活かして、社会貢献できるプロボノ活動に参加したいという人々が増えています。士業のほかに、マネジメント系、デザイン、クリエイティブ、システム開発、IT系、マーケット調査、分析系などさまざまな分野で、プロボノとして自分の力を試したいワーカーがその場所を探しています。

■個人がプロボノを始める5つのメリット
個人がプロボノを始めることで、プロボノに携わる人は、様々なメリットを実感できるようになります。

1、楽しく社会貢献ができる
プロボノでは現在所属している会社以外で自分が持っているスキルや能力を用いた社会貢献ができます。つまり、自分の得意分野での社会貢献ができるので、楽しくプロボノに励めるのです。

さらに自分の会社では取り組んだことのない種類の業務をこなすこともあり、普段の業務では得られない経験をすることも可能です。そのため、たとえ無償であっても、人に直接的に役立つことができること、社会課題に貢献できる満足感があります。

2、スキルアツプに効果的
プロボノはスキルを必要としないボランティア活動とは異なりますので、プロボノを通して新たな経験やスキルアップする機会が得られることになります。

また、同じ目的に対して、他社や異業種の人たちがチームメンバーに加わることにより、普段の自分の仕事とは 違うアプローチを学べる上、自分の仕事が社会でどの程度役に立つのか、市場ではどの程度求められて いるのか、自分の市場価値を知ることができます。

3、人脈ネットワークの構築に繋がる
プロボノでは、他業種、他職種の人々と接しますので、人脈作りも繋がることが重要なポイントです。そうした人たちと協力しながらプロジェクトを進めていくと、おのずと広い人脈を得られるのです。

異なった価値観を持つ人たちと働けば、自分の視野も広がります。通常の業務では構築できなかった人脈は、通常の業務にも生かされることでしょう。社外の人たちと繋がる機会により、より広い視点や、ニュートラルな考えを持てるようになります。

4、会社の看板に頼らず自分の力を試せる
加えてプロボノは会社のブランド、肩書きなどを無しにして自分の力量を試すチャンスでもあります。真の実力を知ることで、モチベーションのアップが期待できるでしょう。

自身のスキルの腕試しになることはもちろんのこと、これからパラレルキャリアで活動してみたい方、今後、複業や起業を考えている方にとっても、人生の選択肢が増える大きな“キッカケ”にもなります。

5、定年後も働きつづけるために
人生100年時代が到来した今、年金の受給開始時期も伸びる傾向にあり、様々な理由から誰もが想定以上に長く働くことになる時代になって来ることが予想できます。

早い段階から、次の仕事に繋げるストレッチとして、会社での仕事とは別の活動を始めていくことは、その後の顧問としての活躍の場を見つけやすくすることにも繋がる上、終身雇用がない時代のリスクヘッジにもなるでしょう。

■プロボノ活動を積極的に支援しよう
プロボノは、自らが得意な分野の経験を活かしながら、自分自身のスキルアップや実績にもつながります。そのためボランティアには、興味がないけれどプロボノだったらやってみたい、という方も多いようです。

プロボノ活動はそのときには金銭的な利益が感じられない活動と思えるかもしれません。しかし長期的に見れば非常に多くの利益を企業にもたらす可能性があります。自身のスキルアップ、モチベーションの向上、多様な人脈作りは企業内ではなかなか得ることのできないものです。

多くの企業は営利活動を行って行かなければなりませんから、社会貢献と営利活動とのすみ分けも難しい課題です。ですが、所属会社では難しくても個人として金銭的、時間的な余裕のある方であれば、長期的な視点を持ち、プロボノ活動にも取り組んで行くことも可能だと思われます。

現在、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、将来性はあるが少ない経営資源で活動しているスタートアップ企業や社会に役立つサービスを展開している中小企業を「顧問のチカラ」で支援しています。

KENJINSでは、プロボノとは異なり顧問報酬を得ながら、社会的にも意義あるビジネス支援の活動をすることが可能です。是非、この機会に中小企業やベンチャー企業に対して、専門分野を活かして働くことができる顧問活動に、参画してみませんか?

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

オンライン商談がコロナ対策で急増している理由とは?

あらゆる会社にとって重要な役割を担う営業活動ですが、非常事態宣言が発令され日本全国が対象エリアとなった今、コロナ対策の一環として、「3密」を避けることが絶対条件になっています。 そのため、法人営業の活動においても集団感染が生じる場という共通点を踏まえ、 1.密閉空間(...[続きを読む]

プランド・ハップンスタンスとは?顧問やプロ人材も対象なのか?

「振り返って見ると、あれは必然的な偶然だったな」という「出会い」や「出来事」がありませんか?多くの人は、仕事の選択や必要なスキルを磨く過程で、偶然の出来事や出会いを味方に付けるようなポジティブ・シンキングによって、キャリアアップを図ることができたという経験があるはずです。近年、こ...[続きを読む]

外部顧問とは?外部顧問を活用するスタートアップが増えた理由?

スタートアップ企業の多くは、ビジネスにおける何かしらの課題を抱えています。そうした課題に対して、正社員の人材では解決すことが困難がケースがあります。専門的な知識や経験に基づきアドバイスを行うのが外部顧問です。今回は、外部顧問の有用性について解説します。 ■外部顧問とは? ...[続きを読む]

人生100年時代に顧問になるプロティアン・キャリアとは?

世界屈指の長寿化社会で、働くことも長くなる私たちは、誰しもがこのキャリア・プラトーに陥るといっても過言ではありません。このキャリア・プラトーを抜け出す選択の一つとして、近年、増加傾向にあるのが、プロティアン・キャリアです。そこで今回は、プロティアン・キャリアと顧問という働き方につ...[続きを読む]

スタートアップの働き方改革は“人材不足”が大きな課題

昨今、国を挙げて企業の意識改革の一環として取り組みを推奨しているのが「働き方改革」ですが、そもそも何をすべきか、何を目標として取り組めばよいか理解していない方も多いのではないでしょうか?働き方改革はアベノミクスで叫ばれる「一億総活躍社会」実現の目玉とも言え、今後もその重要性は高ま...[続きを読む]