エグゼクティブコーチングとコーチングの違いとは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

一般的にビジネスシーンで行われるコーチングとは、一般社員を対象に、その相手の持つ能力を引き出すために行なわれるものです。しかし、そんなコーチングの中には、経営者や経営幹部など、会社のトップやそれに近い人材向けのコーチも存在します。そんなエグゼクティブコーチングについて解説していきましょう。

■エグゼクティブコーチングとは?
エグゼクティブコーチングは、企業のトップおよび経営幹部クラスの方が、より一層優れたリーダーとして周囲に肯定的な影響を及ぼせるようになるための意識変革・行動変革を行っていただくためのプログラムです。組織にとってのよりよい行動を促し、よりよい影響を生みだすことを目的とします。組織が変わるためには、トップ自身・経営幹部自身の変革が不可欠であるため、ここ数年多くの企業で急速に導入が広がっているプログラムです。

通常のコーチングとの大きな違いは、1on1のコーチングの事前と事後にステークホルダーに対するヒアリングを実施することです。コーチングの目的が、「リーダーとして周囲に肯定的な影響力を及ぼす」ことにあるため、周囲の方々がコーチングの対象となるリーダーの言動についてどのように評価しているかが成果を図る上で重要な指標となります。

■コーチングとコンサルティングの違い
コーチングとはコーチングとは、「人が本来持っている能力や可能性を最大限に発揮するためのサポートをすること」です。コーチングする人のことをコーチといいます。コーチといえばアスリートや部活動などの指導者を想像する方も多くいらっしゃるでしょう。

しかしながら、ここで言っているコーチは、スポーツのコーチのように指導者とか教える人ではありません。相手の人と対等の立場に立って、相手の人が自分の可能性に気づいて、自分で行動できるように一緒になってサポートすることです。コーチをつけることによって、一人では気づけなかったことに気づき、行動が促進され、より早く、より高く、相手の人のありたい姿、目指す姿に近づくことができるようになります。

コンサルティングは、コンサルタントが持っている知識・経験・情報などをもとに、コンサルタントが提案・指導しますが、コーチングはコーチが解決するのではなく、解決するのは相手つまりクライアントの経営者自身になります。

ですので、コーチングとコンサルティングはアプローチの仕方が大きく異なります。コンサルティングは、コンサルタントが持っている専門知識や経験をもとに、コンサルタント自身が課題解決策を導き出します。

それに対して、コーチングはコーチが解決策を提示するのではなく、経営者が自ら解決するのをサポートします。コーチングはコンサルティングのように結果を出すことたけが目的ではなく、相手の成長というところに大きな視点の違いがあります。

■エグゼクティブ向けのコーチの内容
エグゼクティブ向けのコーチとなると、その内容も一般社員向けのコーチングとは少し異なります。そんな内容をまずは把握しておきましょう。

1、経営者に求められるもの
エグゼクティブコーチングの第一の目的は、エグゼクティブの皆さんに、よりすぐれた経営者に成長して頂くことにあります。すぐれた経営者とは、経営のプロフェッショナルであり、同時に豊かな人間性と社会性を備えた経営者を目指すことです。

経営者としては、当然ながら、いかなる状況にあろうとも、同業他社よりも高い利益を上げ、企業を健全に成長させていかなければなりません。そして私利私欲を求めるのではなく、従業員や社会全体の幸福に貢献することを真剣に考えて行動することが必要です。そのために、経営者は多くの人が自然に集まって、その人のリーダーシップにしたがって、それぞれがベストを尽くすような人間的魅力にあふれた人であることが期待されています。

したがって、一般のコーチングと異なるのは、経営者個人の問題だけではなく、会社経営全般に関わる事がテーマになります。従業員はもちろん経営を取り巻く利害関係者など幅広く扱うのが特長です。

2、経営者自身の中にもう一人の自分を持つ右腕的存在
経営者や経営幹部といったエグゼクティブになると、部下とあまり気軽な話もしづらくなります。また、経営者が部下の前でネガティブな発言や、悩み事を告白するのも難しくなりますし、部下の方からも意見をすることは難しくなることがままあります。

こうした状況では、エグゼクティブの相談相手や、エグゼクティブの持つ悩みを打ち明ける相手も非常に限られてしまい、解決が難しくなるというケースも考えられます。そんなエグゼクティブの良き相談相手となるのがエグゼクティブコーチという存在です。したがってエグゼクティブコーチには、エグゼクティブの皆さんの気持ちを理解できる共感力が特に求められます。

3、エグゼグティブコーチングの効果
役職や地位が上がれば上がるほど、部下からフィードバックを受ける機会は少なくなります。エグゼクティブコーチングでは、ステークホルダーからコーチング対象者の強み・課題を聞き、当該対象者固有の強化ポイントを特定し、その部分について焦点を当ててコーチングを行います。

ですので多くの場合、完全なオーダーメイドのプログラムであり、よくある管理職研修では解決できない固有の課題について扱うことで、当該リーダーのパフォーマンスを確実に向上させることが可能になります。

■エグゼクティブコーチングの方法
では、そんなエグゼクティブに対するコーチングはどのように行なわれるのでしょうか?その方法と主な目的に関してまとめておきましょう。

1、主な目的はエグゼクティブの意識改革
その企業が大きく躍進する、もしくは安定して成長を続けるには、経営者や経営幹部の言動や意識が重要になります。エグゼクティブに対するコーチングはこの点を重点的に考え、エグゼクティブが会社やスタッフ、メンバーに対して、「肯定的な影響を与える」ことができるよう支援していくことを目的としています。

2、コーチングは1対1の個別対応が基本
エグゼクティブに対するコーチングは、1対1の個別対応が基本です。対面で行うことが多いですが、Zoomやスカイブなどのオンラインシステムや電話、メールでのサポートも行っています。役員や社員に関してはグループコーチングという手法を使って、グループで行うこともあります。

エグゼクティブコーチングは経営者や経営幹部に対するコーチングのことを言いますが、マネージャーや一般の従業員も含め全社的に取り組むことが多いのも一つの特長です。

最近では、上司が部下に対して定期的に面談をする1on1ミーティングが注目されていますが、1on1ミーティングを実施する際に、コーチングの考え方やスキルが不可欠となっています。

3、コーチング前と後の検証もできる
エグゼクティブに対するコーチングに関わらず、コーチングの難しさの一つは、成果をどう評価するかです。離職率の改善や売上アップなど数字で明確に表せる場合はいいのですが、コミュニケーションの改善や従業のモチベーションアップのような抽象的・定性的要因については、明確に確認が難しい場合があることです。

そのために、コーチングの目標を明確にして見える化することが大切です。またコーチングを始める前とコーチング実施後に従業員・部下などからの360度評価やアンケート比較によって、成果を測ります。

4、エグゼクティブコーチングの期間は?
コーチングの目的によっても異なりますが、通常は1年契約で行われることが多いです。回数もクライアントのご希望で設定していきますので、いろいろなパターンがありますが、毎月1~2回、1回あたり60~90分間というのが一般的です。数ヶ月~一年の実践期間中に、定期的にコーチングセッションを開催していきます。

エグゼクティブにとっては目標達成のための実践期間となります。期間中に目標に対して取り組み、コーチングセッションにおいて目標の再確認や現状評価、次のアクションの検討を行います。

■エグゼクティブコーチの内容は多岐にわたる
実際にエグゼクティブコーチングを依頼した企業を調べてみると、その相談内容はさまざまであることが分かります。そんな実例を調べてみました。

1、ワンマン経営者の意識改革
外部から見ればいわゆるワンマン経営者に見える経営者の中にも、実際自分の言動は正しいのかどうか悩んでいる方もいます。そんな経営者がコーチングを依頼し、自分の言動が部下や対外的にどんな影響を与えているか、そしてどのような印象を与えているかをチェックする方も多いようです。

こういった場合コーチは、部下へのヒアリングなども行い、経営者の言動や考え方を振り返るきっかけにしてもらいます。自分で自分のことは意外とわからないものです。コーチは経営者が自ら気づくことができるよう関わっていきます。時にはコーチから聞こえこと、見えたこと、感じたことをフィードバックします。

2、次期経営幹部候補の意識改革
経営者などが、次期経営幹部候補に対し、意識改革を施すためにコーチングを依頼するケースも少なくありません。

例えば、以下の問題の解決を依頼されることがあります。
・仕事の能力には問題ないものの、部下に対する高圧的な言動が目立つタイプ
→その事実を気づかせて意識改革を促す

・現場の仕事に関しては完璧にこなすものの、会社全体の経営という部分に不安を残す
→経営者としての意識改革や視点を広げ、気づきを促すサポートをします。

経営者にとって次世代の育成は大きな課題です。単に権限を与えるのではなく、会社全体により良い影響を与える経営幹部になるようにコーチングを利用するケースが増えています。

3、女性躍進の後押し
女性の活躍が望まれる現代。そんな女性幹部候補生の育成にコーチングを利用する企業も増えています。リーダーやマネージャーに対するコーチング型のマネジメント教育を施すと共に、もし社内に女性に対する偏見や誤解があるようでしたら、そうした社員の意識改革を進めるのもコーチングの重要な役割になります。

■まとめ
エグゼクティブコーチングとは、会社の利益や成果に影響力があるエグゼクティブ層(経営者や経営幹部クラス)を対象としたビジネスコーチングのことです。

エグゼクティブに対するコーチングは、エグゼクティブ自身のことはもちろん、幹部や社員のことから会社全体のこと、あるいは会社を取り巻く多くの利害関係者や社会に向けての課題解決など多岐にわたります。コーチングの目的を明確にしたうえで、エグゼクティブが日々抱えている課題のサポートをしていくという柔軟性が求められます。そのため、経営者の意思決定の質の向上、経営幹部候補者の人材育成、経営幹部内でのチームビルディングなどを目的として活用されています。

会社は経営者の器以上にはならないとも言われます。経営者の成長が会社の成長に直結します。エグゼクティブコーチとして結果を出すことは当然ですが、エグゼクティブに寄り添い、エクゼクティブの右腕としてよき相談相手となることが期待されています。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

人物の選考基準にポータブルスキルが肝になる理由とは?

■ポータブルスキルとは? ポータブルスキルは、性格や人柄など、資格や経験だけでは図り切れない能力を評価するための基準です。そのため、ポータブルスキルとは、特定の業種・職種・時代背景にとらわれない能力になります。たとえば、真面目さや積極性、几帳面さなど、その人のことを表す性格や人...[続きを読む]

売上向上に繋がるプロモーション・ミックス戦略とは?

サービスや商品を販売する際、生活者がサービスを認知・比較検討し購入に至るまでに、適切にサービスを認知し魅力を感じてもらうきっかけづくりが必要です。マーケティングではまさに、このきっかけづくりとしてプロモーション戦略を考えます。その際にどんなプロモーション手段があるのか、その手段が...[続きを読む]

「外部人材シェアリング」プラットフォームを使う価値とは?

人材不足のスタートアップ企業にとって人材採用や業務のコストを削減しながら、事業課題を解決したり、経営課題を解決に導く手段として、「外部人材シェアリング」プラットフォームを活用することが効果的な経営手法となっています。今回は企業が抱えている事業課題に対して素早く専門的な業務をハイス...[続きを読む]

海外アライアンスや販路開拓に人脈コネクションが必要な理由?

近年、少子化などに伴う国内市場の縮小が進む中で、中国を始めとするアジア新興国市場に注目が集まっています。海外市場では、経済発展に伴う富裕層の台頭や、中間層の増加による購買力の拡大が続いており、そうした中で、日本の高品位な製商品へのニーズが高まりつつあります。今回は、海外での販路開...[続きを読む]

会社顧問とは?会社顧問の選び方や活用方法とは?

顧問というと、一般的にはどのようなイメージを持たれるでしょうか。企業や団体で、相談されたことに対して意見や助言をする人というイメージでしょうか。顧問は会社法上の機関ではなく、役員とは異なり特別な権限を持たないために、役員を退いた方の名誉職的なイメージが強いかもしれません。具体的に...[続きを読む]