顧問メーカーとは?製造業出身者のコンサルタントとしての役割

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

昨今IoT・AI等デジタル技術の発達により、モノ作りを行う製造業において大きな変革が現在進行系で起こっています。

このような変化に伴って発生しているメーカーでは、経営・現場の課題を解決するため、コンサルティングファームに高額な報酬を支払いコンサルティングを依頼しています。

製造業では、IOTなどの技術革新に対応するため、メーカー各社はエンジニアリングスキルが高く、MOT経営を推進でき、大手メーカーで活躍した経営層やマネジメント人材を「顧問メーカー」として迎い入れ顧問契約を活発に行っています。

そこで今回は、顧問メーカーとは何か、製造業出身者のコンサルタントとしての役割について解説します。

■顧問メーカーとは?
「顧問メーカー」とは、製造業コンサルタントとして、モノ作りを行う製造業、技術革新を推進するメーカーに対してアドバイスや実行支援を行う顧問やプロ人材を指します。

製造業コンサルタントは、現場の人材育成や業務効率化の改善支援から、営業やマーケティング、製品開発、生産技術や品質管理のサポートまで、製造業におけるすべての要素を一貫して支援します。

「顧問メーカー」の主な業務は、プロダクトを開発し、製造するメーカーにおける現場の業務効率化の改善支援になります。生産工程の改善、リードタイムの削減、オペレーションの再検討やプロダクトのライフサイクルの管理、コスト削減などが挙げられます。

メーカーに勤めている技術者が実際のモノ作りを行う「職人」だとするならば、製造業コンサルタントである「顧問メーカー」は、「職人」がよりモノ作りに集中できる環境を整えることがミッションだと言えます。

産業機器や産業機械の製造メーカーや、機械加工業や板金加工業などの受託型の部品加工業や、機械工具商社に対して、「人手不足を解決するデジタルマーケティング 」を行うこともあります。

■顧問メーカーの役割
「顧問メーカー」は、顧問契約を締結しメーカーに特化した形で経営改善や製造現場の業務改善が主な仕事になります。

製造業は日本の基幹産業であり、製造業コンサルタントの役割を果たす「顧問メーカー」は、日本の「モノ作り」をバックアップし、ひいては日本の経済で大事な役割を担うメーカーの裏方として支えているといっても過言ではないでしょう。

製造メーカーは良くも悪くも、役割分担の業務体制です。大手であるほどこの傾向は顕著となります。メーカーの経営アドバイザーに相当する「顧問メーカー」は、製造メーカーのコンサルタントにあたるため、プロフェッショナルとして成果を出すことが強く求められます。

そのため、自分自身がエンジニアとして自分の作業だけを進めて、後の責任は誰かにとって貰うという訳にはいきません。

コモンメーカーには、顧問先の現場の人間、時には経営陣と連携し製造プロセスの改善やマネジメントを行いプロジェクトを成功させることが求められます。

経営サイドでは海外への輸出や工場移転などのグローバル化への対応と流通網確保と整備推進、イノベーション創造のための組織編成といった業務を上げることができます。

■顧問メーカーの仕事内容
「顧問メーカー」は、製造業コンサルタントになるため、現場サイドの仕事としては生産工程の改善、リードタイム短縮・オペレーションのリエンジニア二ングの推進役としての役割を担うことになります。

既存商品のプロダクトのライフサイクルの管理、場合によっては、新商品開発に費用なマーケティングや営業戦略もその範疇に入ってくる場合があります。

「儲かるニッチトップ戦略 」などの提案によって営業利益率の向上をコンサルティングすることもあります。

「顧問メーカー」は、顧問契約の期間内でコンサルタント業務を担う役割を果たします。

そのため、業務改善のスケジュールの期限が定められた中で成果を上げる必要があるため、製造業務の改善プロジェクトの期間中であればある程度のハードな業務量は求められます。

コンサルタントの業務が激務になる理由として、「知識集約型」のビジネスモデルになることが挙げられます。知識集約型産業とは、頭脳労働や知識労働が事業の中心となる産業を指す言葉です。

「顧問メーカー」には、プロフェッショナルなホワイトカラーとしての成果が求められます。

■製造コンサルを行う顧問メーカーの顧問報酬の相場
製造業向けに限らず、コンサルティング業界は給与水準が高い傾向が見られます。

「企業四季報 業界地図 2019年度版」によると、コンサルティング業界の平均年収はなんと1316万円。メーカーの中でもトヨタ自動車の平均年収が約800万円であることを考えると、コンサルティング業界の高給取りであることがよく分かるでしょう。

中小企業を対象にした製造業コンサル会社であっても、日本を代表する超一流メーカー並みの給与水準です。そのため、「顧問メーカー」の顧問料は、フリーランスを目指す上でも一つの魅力だと言えそうです。

製造業のコンサルタントに大手企業が支払うコンサルフィーは、大手のコンサルティングファームの場合、大きなコンサル料がチャージされます。

新卒のコンサルタントであっても月単価は、『200~300万円』と非常に高額な金額がコンサル費用の相場になります。

企業はコンサルティングという目に見えないサービスにお金を払うことになるので、担当するコンサル人材は、クライアントの期待を上回る結果を出すために、それ相応の時間を使うことになります。

そのため、コンサルタントの仕事は、人間の知的労働力に頼る割合が大きい産業であるという理由から、AIなどで自動化することができず、結果として労働時間が長くなってしまうケースもあります。

■フリーランスの顧問メーカーになる魅力
多くの製造業は、現場を知っているメーカー出身者を顧問として求める傾向にあります。そのため、フリーランスの「顧問メーカー」になれば、年齢を問わずメーカーでの業務経験を活かすことができます。

大手コンサルティング会社の若手コンサルタントの中には、メーカーで働いた経験が無く、製造の現場を全く理解していない資料を渡すだけで、なんの解決にもならない提案をするだけのコンサルも沢山います。

そのような問題をなくすため、クライアントであるメーカーは、同じくメーカー出身者で構成された製造業に強いコンサルタントに業務改善プロジェクトを依頼するのです。

そのため、例えば、中小の製造業コンサルファームに、誰もが知っている超一流メーカーからコンサルティングの依頼が来るということも少なくありません。

現場の流れを理解し、メーカーでの勤務経験があり、ビジネスの課題について肌感を持って認識しているプロ人材に顧問やコンサルをお願いした方が、効果的な打ち手に繋がるケースが多いです。

そういった意味で、製造業コンサルタントである「顧問メーカー」は、キャリアチェンジであっても前職の経験を活かすことができる魅力的な仕事であると言えます。

■まとめ
日本の基幹産業である製造業。その支援をするのが製造業コンサルタントの「顧問メーカー」です。経営だけではなく、現場の改善も担当することが多く、日本のモノ作りを裏側から支える大事な仕事と言えます。

「顧問メーカー」が担うコンサルティングの内容は、開発や生産のプロセス改善であり、製造業のモノ作りの根幹に関わるところです。

改善による生産性向上が実現出来れば、今後のプロとダクト開発、工場での生産体制を作り上げ、日本で需要を掴み取れば、海外でも水平展開をすることが出来るため、メーカーにとっての生命線とも言える活動を緩めることは有りません。

現場に近いものとしては生産工程の改革、たとえばリードタイムの短縮やオペレーションの見直しなど。また、プロダクトライフサイクルの管理や営業戦略なども「顧問メーカー」のスコープに入ってきます。

経営に近いものとしては、海外への輸出、あるいは生産拠点の移転など、グローバル化や流通網を整備・推進するものや、イノベーションを生み出すための組織作りなどが挙げられます。

「日本の製造業も本当に厳しい状況に直面しています。ただし、製造業としては常に技術的な優位性を保っておけば、どんな環境でも世界競争を勝ち抜けるものです。いまこそ、こうした信念が大切です。会社の基本姿勢が揺らげば、会社は駄目になってしまいます。」

<西岡喬>

■最後に
製造業コンサル企業はコンサル業務の経験者よりも、メーカーでの一連の業務の流れを理解している人材を求める傾向にあります。

「顧問メーカー」の場合、コンサル経験があってもメーカーでの業務経験が無いと、プロジェクトに応募しても書類が通過しないこともあり、コンサル業界の中でも現場経験を重視する傾向にあるようです。

そのため、コンサル業務の未経験者であってもメーカーの製造現場に精通しており、製造プロセスの改善や効果的なマネジメントができれば、フリーランスの「顧問メーカー」になるチャンスは十分にあります。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、メーカーでの業務経験を持つコンサルタントが、自らの業務経験、これまで製造メーカーを多数支援した経験を活かし、企業とのリレーションを生かして顧問活動の支援を行っています。

KENJINSでしか取り扱っていない、非公開求人も多数ございますので、あなたにピッタリの顧問求人を見つけることができます。もちろんコンサル以外にも幅広く顧問求人をご紹介いたします。

従来の顧問紹介会社やエージェントの枠を超え、業界出身として顧問としての活動ご支援をさせて頂きます。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、顧問報酬のピンハネが横行している顧問紹介の業界において、事業コンセプトとして「顧問報酬100%」を両者にコミットし、中間マージン無しで顧問やプロ人材として仕事をアサインしています。

この機会に「フリーランス」と「副業」の両輪から、中小企業やベンチャー企業のビジネスの課題を解決し、「コモンメーカー」として、製造業の業務プロセスの実行支援を推進するパートナーになりませんか?

【顧問報酬100%】顧問契約に特化した顧問・プロ人材のエージェント会社
https://kenjins.jp/lp/prokomon/

■技術顧問・製造コンサルタントに相談したい企業様へ
メーカー出身者の専門的な知識、経験、経営スキルを備えたMOT人材を製造コンサルタントとして迎え入れたい製造メーカーは、「技術顧問」の登用に目を向けてみてはいかがでしょうか。

メーカーでのキャリアと豊富な実績を持つプロフェッショナル人材である「顧問メーカー」ならば、経営視点からテクニカルなアドバイスから製造のリエンジニアリングの実行サポートが可能です。

メーカー自身が見落としていた製造の課題が明確になり、大手のコンサルティングファームに依頼するよりも、リーズナブルなコストで、その課題を解決するまで、帆走型のコンサルティングを行います。

優秀な技術顧問がいれば、事業の拡大や社員の成長など、様々なメリットが得られることから、海外進出など企業として更なる高みを目指しやすくなります。

技術顧問や製造コンサルタントの活用なら「顧問報酬100%」をコミットし、「中間マージン無し」でダントツの費用対効果を保証する日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」に、是非、一度ご相談ください。

「人数無制限」のサブスク型プランで、企業の課題に適切な解決策を提案できる沢山の顧問と繋がることができます。

【人数無制限】顧問のサブスクと言えば、業界最安値のKENJINS
https://kenjins.jp/lp/subscription/

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

海外営業とは?海外の販路開拓に顧問の人脈やコネが武器なる訳

近年では、新興国の市場規模が先進国をしのぐレベルに発展し、海外戦略の策定と実行がますます重要になってきています。 国内消費に頭打ち感がある業界も多く、海外との取引に目を向けている企業は増えています。今後、海外営業の需要はますます増えることが予想されます。 ただし、外国の交渉相...[続きを読む]

内発的動機づけとは?目標の達成に内発的動機づけが大事な理由

現在、人材育成において、「動機付け」が改めて重要視されています。 なぜなら、この動機付けによりモチベーションのアップを高め、人材育成を促進させることが可能になるからです。 動機付けとは、「モチベーション」と訳され、特定のスキルを身に付ける際や目標達成の原動力になります。 動...[続きを読む]

プランドハップンスタンスとは?天職と言える仕事を見つけるコツ

現在、海外同様に日本でも終身雇用の崩壊から働き方が多様化し、人生100年時代と言われる中、いつ何が起こるか想像することが難しくなりました。 ITテクノロジーの発展・グローバル化などにより、様々な業界や会社のビジネスが予測不能なVUCAの時代と言われています。 つまり、5年後1...[続きを読む]

リファラル採用とは?人材の獲得にリファラル紹介が効果的な理由

アメリカではすでに一般的な採用方法で、日本でも2015年頃から注目が高まってきているリファラル採用。具体的にはどのような採用方法で、いわゆるコネ採用とはどう違うのでしょうか? 売り手市場が続く昨今、母集団を確保するには、さまざまな採用チャネルを組み合わせた採用活動が不可欠であり...[続きを読む]

副業とは?副業の意味・スキルを活かしてプロ人材として働くコツ

新卒で入社した企業で定年まで働くという終身雇用は崩れ、自分の専門的スキルや経験を活かして副業するのが当たり前の時代となっています。 働き方改革が一般的になった近年では企業に就職したが、本業と並行して副業として働く複数の会社に関与するプロ人材も珍しくありません。 その理由として...[続きを読む]