自己研磨とは?自分を高める努力をする自己研磨の意味とコツ

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

ビジネスマンが市場価値を高め、キャリアアップを図るためには、専門スキルや知識を磨き、こなせる仕事の幅を広げることが不可欠になります。

社会人として学ぶことを 単なる“自己満足” で終わらせないためには、「なんのために学ぶか」という目的を明確にし、その目的に沿って自己研磨を図ることがスキルアップの秘訣になります。

そこで今回、自己研磨とは、自分を高める努力をする自己研磨の意味とコツについて解説します。

■自己研磨とは?
自己研磨とは、自分のスキルや技術、知識を深く磨きをかけることであり、一つのことを追求し、究めることを指します。

仕事に関する知識、スキル、技術の向上を目指することや学問や武芸、スポーツで自分を鍛え上げることを追求することも自己研磨にあたります。

自己研磨は、英語で「self-improvement」になります。日本語では、現状に満足せず、より高いものを目指して努力するスタンスのことを意味します。

自己研磨には、現状の状態に満ち足りることなくより高いステージへと臨むことが求められるための向上心が含まれる言葉です。

ビジネスシーンにおいて“自己研磨”は、能動的にスキルや知識を高めることを指して使われています。

組織から義務付けられたことではなく、仕事以外の時間を使って講座の受講や独学を通じて主体的に学ぶ姿勢を連想させるニュアンスになります。

自分の前向きな意志を表明する時や、勉強やスキルの習得に熱心な人の姿勢を評する際に、成長意欲の高さや、自ら目標を設定し、達成に向かう努力ができる姿勢などを表現する際にも使われています。

■自己研磨は、自主的な学び
自己研磨は、会社から強制的な学びではなく、主体的に学んでスキルや専門知識を深める意味合いがあります。

ビジネスの場面では、自己研磨はスキルアップやキャリアアップのために、自分の知識やスキルをブラッシュアップさせる行動を指します。

そのため、会社から出席を義務付けられた企業研修や、仕事に必須な知識を学ぶことは、“自己研磨”という言葉のイメージとは少々異なります。

ですが、ビジネスマンの場合、個人としての目標だけでなく、組織全体に貢献して高みを目指すスタンスを示すことで、企業から評価される事項になります。

今までの自分に、一つでもやれることを追加して自分の価値を高めていくと、周囲の人の役に立てることにつながります。

自分のスキルアップが、顧客満足や会社の業績向上を後押しし、会社の役に立ち、顧客や社会への貢献に繋がることを意識すると、身に付けたスキルを活かす機会がどんどん増えていくでしょう。

書籍やセミナーなどで情報を収集するのも大切ですが、それと同様に行動することも大切です。

自己研磨を続けるためには、アウトプットをする機会を作るようにしましょう。

■自己研磨にはアウトプットが不可欠な理由
自己研磨により新しいことを学んだのなら、それを使って試せる場面を設定します。自分自身の理解度や習熟度をチェックするのに、アウトプットが役立ちます。

なぜなら、アウトプットは、インプットした知識や情報を記憶に定着させるのに効果的だからです。

他人に説明したり文章にまとめたりするためには、情報を順序立てて構成する必要があります。

定期的にアウトプットの機会を設けることは、知識の定着を図るうえで重要なプロセスだと言えるでしょう。

ビジネスにおけるアウトプットは、経験したことや学習したことから得た学びを「話す」「書く」「発信する」など、具体的な行動に反映させることを指します。

実際に蓄えた知識を活かして行動すれば、はじめてそれが自分の糧となります。

自己研磨によっていきなり大きな変化を期待するのではなく、自己研磨の積み重ねにより、少しずつ成長していくイメージを持つとよいでしょう。

インプットした知識が使えるものかどうか、必ず行動に移してみましょう。

■自己研磨のポイント
自己研磨を行う際には、幾つかのポイントがあります。

1、深く狭い領域でスキルを磨く。
一度に沢山のことを学ぼうと、次々と新しいことを始めてしまうのもおすすめしません。

自己研磨で新しいスキルを獲得するためには、まずは1つのスキルをしっかりとマスターすることが大事になります。

なぜなら、自分が専門にしたいスキルを見極め、「狭く深く」マスターすることを目指した方が、効率的に知識を深め、自分を成長させることが可能になるからです。

ビジネスにおける自己研磨をしたら、学びえた知識を仕事に活かし実践経験を増やすことです。

自己研磨は、実際に業務に活かすことで、学びを深め、より効率的に業務をこなし、自身の生産性を高めることが目的となります。

2、ゴールを明確にする。
自己研磨は、ゴールを設定せずに行うと挫折しやすくなります。自己研磨のゴールとは、目指している自分の理想の姿のことです。

理想の自分が明確になると、その実現へ向けて、いつまでに、何を、どのように努力すればいいかが見えてきます。

ゴールが明確だと、進捗も可視化できるようになります。

前進している感覚を得ることはモチベーションの維持につながりますし、予定よりも進捗が遅れていることが分かれば、遅れをリカバリーするためにアクションプランを立て直すことができます。

例えば、フリーランスの顧問や副業のプロ人材として活躍するためには、特定の業務において3年以上の経験を持ち、直近で2年間以上の活動実績があることが求められます。

3、継続すること。
自分研磨を始めると必ず現れるのが「挫折」です。

環境変化が起こった場合には、「環境変化への対応を優先」し、冷静に環境分析して、当初の目標に固執しすぎず、柔軟に対応していきましょう。

自分研磨をする際は、まず自分と「継続すること」をコミットしてください。

ゴールまでの期間が長い場合は、途中で挫折しないよう、小さなゴールをいくつか設定して、定期的に達成していけるように工夫しましょう。

大切なのは、途中で挫折しても、一日くらい無理な日があっても「継続する」ことです。長期的に継続できる人は、自分研磨も成功しやすいでしょう。

■まとめ
自己研磨とは、語学や資格取得のための勉強やスキルを高めるための練習など、自分を磨き、鍛えることです。

目標を定め、継続して行うことが大切です。自己研磨で成長できたことを、これからの仕事でどう活かすかも考えていきましょう。

当然、目標達成までの途中で、当初予想しなかった出来事が起こる可能性もあります。

目標設定時には、「自分たちを取り巻く環境はどのように変化するだろうか」という想定も織り込みつつ設定する必要があります。

新規事業にチャレンジする起業家の場合、目標が高いほど、上手く行かないことも多くなります。

行動してたとえ失敗したとしても、なぜ失敗したのか、今後失敗しないようにするにはどうしたら良いのかを考えることが、自分自身の成長に寄与します。

「私は、自分のバスケットボール人生の中で、9000回以上のシュートに失敗した。300近いゲームに負け、26回は試合の勝敗を決めるシュートを外した。私は、人生の中で何度も何度も失敗している。そして、それこそが私が成功する理由なのだ。」

<マイケル・ジョーダン>プロバスケットボール選手

誰もが知る世界的に有名なプロになったスター選手でさえ、成長の過程では何度も失敗や挫折を味わっています。

彼らのスキルがズバ抜けた存在にまで昇華した理由は、試合でミスし負けた悔しさをバネに、更なる苦しい練習に耐え、成長を遂げて勝つための原動力に変えたことです。

そこで大事なのは、失敗を糧にそこから多くを学び、改善し、決して成功するまで諦めないという折れない心なのです。

壁を打ち破るために自己研磨し、シュートを打ち続けていますか?

■最後に
学生として、インターンシップに参加することや社会人が副業のプロ人材として、自己研磨を積むことは、座学での勉強とは異なりますので、大きな自己成長に繋がります。

サラリーマンの場合、1つの会社で仕事をするだけでなく、副業として顧問料という報酬を貰いながら、ビジネスの最前線で自己研磨することで、独力での勉強を行うよりも効率的なスキルアップが見込めます。

なぜなら、クライアント企業に課題に合わせた解決法を考えながら、アウトプット中心で自己研磨することは、最速での自己成長に繋がるからです。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、大手企業やスタートアップで培った経験や実績に裏打ちされたプロ人材の知見、課題解決能力、経営コンサルティングのノウハウによって満足度の高い、顧問サービスを提供しています。

フリーランスの顧問や副業のプロフェッショナル人材のエージェントとして、業界トップクラスのフリーランスの顧問や副業のプロ人材を企業の課題解決に向けたマッチングを実現させています。

リモートワークが普及した今、最初から転職を前提としなくても知識、経験、スキルや今後のステップアップの方向性に合った、課題解決プロジェクトに日本全国どこからでも挑戦することが可能になりました。

KENJINSでは、顧問契約をベースに年齢を問わず上場を目指すスタートアップや中小企業の事業課題を解決に導くための武器となる、ハイスキルなフリーランスの顧問や副業のプロ人材をアサインしています。

最初はインターンの学生でも上場を目指すスタートアップのCEOに気に入られ、企業文化とカルチャーフィットすれば、20代でCTOに就任するなど、年齢を問わずCXOや経営幹部としてジョインすることもできます。

KENJINSの特徴として、まずは顧問や副業から参画し、経営者や他のCXOとの相性が合えば、取締役としての転職や社外取締役の就任に繋げる、新たなエグゼクティブサーチを推進しています。

【顧問報酬100%】フリーランス・副業のプロ人材に特化したエージェント会社
https://kenjins.jp/lp/prokomon/

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

大きな課題を解決するために、自己成長を目指していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「知恵に知づくには、まずは沈黙し、次に相手の話に耳を傾け、第三にそれを自分の中で吸収し、第四にそれを実践に移し、最後は人に教えてみることだ。」 詩人・哲学者<ソロモン・ガビロール> 知識を定着させるためには、最初から人に...[続きを読む]

リーダーとは?社長やリーダーになるために必要な経験・スキル

近年、会社経営者である社長や取締役だけでなく、リーダー職や管理職以外のメンバーにおいても、それぞれがリーダーシップを身につけることが求められています。 この背景には、事業環境の変化のスピードアップに加え、女性活躍推進などの従業員のダイバーシティ(多様性)推進が影響しています。 ...[続きを読む]

独立する目標に対して期限を決め、実行計画を作っていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「今出来ない事は、10年たっても出来まい。思いついた事はすぐやろうじゃないか。」 歌舞伎役者<市川左団次> 独立して成功を勝ち取るためには、本やセミナー人の話などから、良いアイデアに出会ったら、間髪を入れずに最終「期限」...[続きを読む]

1つの言葉を使い続け、マインドシェアを獲得してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「マーケティングにおける最も強力なコンセプトは、見込み客のなかに、ただ1つの言葉を植えつけること。」 <星野佳路> 顧客の頭の中にある「マインドシェア」を高めるためには、自分をイメージする「象徴的な言葉」を選び抜き、...[続きを読む]

顧客と共創することで、差別化優位性を構築してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「新しいアイデアを生むためには、顧客の近くにいることが必要。顧客の声を聴いて、コクリエーション(共創)することが大切だ。」 <フィリップ・コトラー> 成熟した市場から脱却するためには、企業や商品・サービスに対し、忠誠...[続きを読む]