これから新しく、挑戦していきたいことは何ですか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、本田季伸です。

「新しい技術への挑戦というリスクを取らない方がリスクは大きい。
この世界では、何もしないことが一番大きなリスクになる。」

オラクル・コーポレーション共同設立者<ラリー・エリソン>

変化のスピードが激しい、現在のビジネス環境では、
「挑戦するリスク」より「何もしないリスク」の方が、
ずっと大きいものです。

なぜなら、仕事でも人生でも、更に成長するためには、
大きな決断を行い、分岐的を通過しなければならない
局面が必ずあるからです。

どんな決断をするか否かによって、それぞれの人生や、
仕事の方向性が、全く異なってきます。

新しいことに「挑戦」することで得られる「経験」は、
チャレンジした者にしか手にできない貴重な「価値」
となるのです。

これから新しく、挑戦していきたいことは何ですか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

あなたが一番向いていると感じていることは何ですか?

こんにちは、本田季伸です。 「ゴルフもほかのスポーツも同じだ。 一番向いている人間に勝利のチャンスがある。」 プロゴルファー<アーノルド・パーマー> 何事も人によって、得手不得手というものがあると思います。 一般的に義務教育では、嫌な教科でも頑張りましょ...[続きを読む]

どうしても到達したい目的地へ向けて舵を切っていますか?

こんにちは、本田季伸です。 「あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、 それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。」 弁護士・宗教家・政治指導者<マハトマ・ガンジー> 長い旅に出発し、過酷な航海の途中で、嵐に遭遇したり 行き先を見失...[続きを読む]

目の前の困難を克服したら、どんな収獲がありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「困難につぶされなければ、人はその経験によって 強くなれる。」 ドイツの哲学者・古典文献学者<ニーチェ> 困難な状況が訪れた時にどのように対応できるかで、 その人の未来は変わってきます。 なぜなら、...[続きを読む]

あなたは、昨年の自分に勝つことができていますか?

こんにちは、本田季伸です。 「他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも 可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の 力が必要だ。」 プロ野球選手<鈴木イチロー> 毎年、最高のパフォーマンスを発揮するプロでさえ、 厳しいと感じる時は、自らが達成した前...[続きを読む]

目標を明確にし、実現させるプランを作ってますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「短時間に大きいことをやろうと焦るよりも、 時間をかけて大きいことを成すべきである。」 <藤田田> 何かを成し遂げたいと願うなら、多くの人に貢献し、 周りが応援したくなるような、大きな「ビジョン」を ...[続きを読む]