何かを達成したら、自分へのご褒美を上げてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 「KENJINS」コラム   パーマリンク

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト
「KENJINS」の本田季伸です。
本日の名言をお届けします。

「大切なのは、目標をひとつ達成した自分を、
一番楽しい状態に持っていってあげることです。」

<松岡修造>

次のプロジェクトに向かう「意欲を高める」には、
一つのプロジェクトが「達成」できた段階ごとに、
そこまで頑張った自分にご褒美を与えることです。

なぜなら、人間の脳というものは、何かを懸命に
努力して得られた、「報酬」がトリガーとなり、
更なる「チャレンジ精神」を駆り立てる仕組みに
なっているからです。

目標ごとに区切りを設定し、難しいプロジェクトを
やり遂げたタイミングで、自分にしっかりと褒美を
与えることが脳のドーパミンを活性化させ、更なる
「やる気」を生み出してくれるのです。

何かを達成したら、自分へのご褒美を上げてますか?

 

『賢人たちに学ぶ 自分を超える言葉』キャンペーン
http://bizlabo.net/in/

「知恵、経験、人脈」を豊富に持つ、顧問のチカラで、
「業務提携・販路開拓・海外進出・新規事業」などの
経営課題を解決し、「売上アップ」を可能にする!

限界突破に導く、最強の顧問を探すなら「KENJINS」
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数の会社を代表取締役兼ファウンダーとして創業する。 1997年の起業当初は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタートし、その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、特許を取得するともに事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。

この記事にコメントする