最も強い能力に特化し、他は捨てる決断をしていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、本田季伸です。

「事業全体をよく見渡し、どこを手直しし、どこを強化し、
どこを捨てる必要があるか、できるだけ早く決断せよ。」

ゼネラル・エレクトリック社の元最高経営責任者<ジャック・ウェルチ>

人生を「好転」させるには、何を始め、何を辞めるか、
のいずれかを潔く決断することです。

なぜなら、特定の何かを「選択」することを覚悟し、
他の可能性を捨て去り、自己責任で「決断」した意志
決定こそが重要だからです。

様々な方向性の中から、ある一つの可能性だけを選び、
進むべき未来を決定することが、次のステージへと
飛躍するためのステップとなるのです。

最も強い能力に特化し、他は捨てる決断をしていますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

今あるだけで十分に感謝したいことは何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「期待値が、ゼロまで下がれば、 自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く。」 <スティーヴン・ホーキング(物理学者)> ひとつの分野で目覚ましい成果を上げるためには、 足元に埋まっている金鉱を自...[続きを読む]

絶えず自分を向上させ、絶好のチャンスに備えていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「機会は魚群と同じだ。はまったからといって 網をつくろうとするのでは間に合わぬ。」 三菱財閥創業者<岩崎弥太郎> 上を目指す人は、いつ、チャンスが訪れても大丈夫なように、 常にアンテナを張り、日々の努力を...[続きを読む]

ピポットすることを恐れず挑戦し、仮説検証を試みていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「誰かから「いいね」と認めてもらう前に、 アイデアは実行に移さなければいけない。 試されないグッドアイデアよりも、 試したみたバッドアイデアの方がよっぽどましである。 アイデアは使えば使うほど人から認めら...[続きを読む]

どうしても到達したい目的地へ向けて舵を切っていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、 それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。」 弁護士・宗教家・政治指導者<マハトマ・ガンジー> 長い旅に出発し、過酷な航海の途中で、嵐に...[続きを読む]

失敗を通し飛躍のカギとなる成功要因に出会えましたか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「たくさんの失敗を重ねてみて、 はじめて真実の全体像に出会えるのだ。」 精神分析学者・精神科医<ジクムンド・フロイト> スタートアップが売上を上げるために最も必要なことは、 売れるための仕組み作りに徹底し...[続きを読む]