顧問のサブスクならKENJINS。月額3万円業界最安値の顧問紹介

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

経営課題の解決にハイスキルな顧問やプロ人材を「人数無制限」で活用可能に

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を展開するプライドワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:本田 季伸)は、「顧問のサブスク紹介サービス」として業界No.1の低コストで「人数無制限」の定額制で、経営課題の解決に必要な顧問を何人でも定額料金でアサインできる「顧問のサブスク」をリリースしました。

現在、中小企業やベンチャー企業では、新規事業の立ち上げの経験や実績、スキルを持つマネージメント人材を採用することは、非常に厳しい環境にあります。

また、新卒採用や社会人経験が3年くらいの若手の人材では、「経営人材」として社内ベンチャーを立ち上げたり、新規事業の創出に必要な事業開発をゼロから行いマーケットに普及させ、業界No.1のポジションを獲得するようなハイレベルな仕事を担うことは、極めて難しいと言えます。

そのような中小企業の新規事業立上げの課題に対してブレークスルーをもたらす存在が、事業開発に必要な経営戦略とビジネスの現場でのプレイヤーとしての両輪のスキルが高く、「顧問」という肩書を持つに相応しい知見のあるフリーランスや副業のエキスパート人材になります。

これまで、「顧問」というと、60歳前後のシニア人材が中心になるものだと思われがちでしたが、現在、30代~40代でDXやAIなどのインターネット領域やITビジネスに精通した「技術顧問」人材が世界的に増えています。

新規事業を立ち上げることが可能な即戦力となる顧問人材の選定のポイントとしては、実際にビジネスの現場で事業開発に携わり、結果を出していることが必須要件になります。

そのため、特定の新商品の企画やサービスの開発当初から携わった経験が欠かせません。

プロ人材としては、新規サービス立ち上げのプロジェクトリーダーとして、事業計画書を策定する段階から関わり、プロダクトをリリースして売れた経験があることが鍵になります。

また、新規事業の立ち上げには、特定の分野の知識・経験・スキルだけでなく、業界における人的なネットワークも必要になります。

なぜなら、革新的な新規事業の開発には、オープンイノベーションの視点を持ち、市場調査やマーケティング、ホールプロダクトの開発を含めたプロジェクトマネジメントの実体験が武器になるからです。

ですが、1人の顧問のマンパワーではどうしても限界があります。

そこで今回、中小企業やベンチャー企業でも顧問を活用できるよう、月額3万円からという圧倒的な低コストで、新規事業の立ち上げに必要な顧問のドリームチームを「人数無制限」で作り上げることを可能にする「顧問のサブスク」紹介サービスを新たに開始しました。

【顧問のサブスクならKENJINS】
詳細⇒https://kenjins.jp/lp/subscription/

新規事業立上げに取り組むためには、技術力をベースにして研究開発の成果を効率よく、新商品や新たな事業に結び付け、経済的な価値を創出することを可能にする「経営と技術」という二つの側面に精通した「MOT人材」が必要になります。

そこで「顧問のサブスク」では、メーカーやスタートアップのプロダクト開発のサポートを中心に、経営者のビジョンを実現するためのアドバイスだけでなく、具体的な実行支援を行うことを特徴にしています。

【サポート例】
1、新規プロダクト開発、新規事業立上げに関する事業計画に関するマーケット調査、コンサルティング
2、経営戦略に立脚した既存プロダクトのリニューアル、競争優位性の構築のアドバイス、実行サポート
3、新規プロダクトの開発、新規サービスの事業開発に関する戦略的な助言、アライアンスの実行支援

■ベンチャー企業がKENJINSを活用する3つのメリット

1、顧問のサブスクで人数無制限の取り放題での活用を可能に。
これまで、顧問紹介のエージェント業界では、顧問と顧問契約するケースだと、高額な月額顧問料が掛かってしまうため1社に対しては1人の顧問が対応するスタイルが一般的でした。

この場合、1人の顧問だけで経営と技術のサポートを同時する形になるため、その顧問が持っている知見やノウハウにはどうしても限りがありました。

これらを解決すべく、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、顧問紹介の業界で唯一、新商品開発や新規事業の立ち上げを人数無制限で定額で使える「顧問のサブスク」のスキームを構築しました。

2、顧問報酬は、クライアント企業が自由に決めることができる。
これまで大手人材系の顧問紹介会社に新規事業立上げの知識や経験、人脈を持つエグゼクテイブな顧問の紹介を依頼すると、従来の顧問紹介会社のサービスでは、初期費用が50万~100万程度も掛かります。

顧問紹介会社が中間マージンを搾取しているため、1人あたり毎月20万円から40万円程度の月額顧問料になっていました。

そこで、今回、KENJINSではサブスク型の定額費用で月額3万円というリーズナブルな費用で課題内容に応じて何人でも投入できる形にし、顧問報酬は、クライアント企業が自由に設定可能な報酬体系を打ち出しました。

3、クライアント企業が決めた顧問料の100%を顧問へ支払い。
従来の顧問紹介会社は、顧問に仕事を依頼する企業から月額35万円の費用を徴収しているにも関わらず、顧問にはわずか、10万円の報酬しか支払っておりません。

そのため、利用企業からは費用対効果を求められる割に受取報酬が少ないことでモチべーションを下げ、プロジェクトへの稼働日数や関与度合いを低下させていました。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、結果を出すために「顧問報酬100%」の「中間マージン無し」をコミットし、帆走型のビジネスモデルで顧問に当社を経由して報酬を支払うエスクロー型を推進しています。

■【顧問のサブスク】のサービス詳細と料金体系
・初期費用(税抜): 0円(人数チャージ無し)
・月額費用(税抜): 30,000円~
・サービス詳細:https://kenjins.jp/lp/subscription/

【ビジョン】
プライドワークスは、中小企業やベンチャー企業の経営者が抱える様々な課題を解決するために、革新的なスタイルの課題解決プロダクションとして、“優れた人物たちが集まる場所”、“有志の集合場所“として、「一流の賢人たちが集う、梁山泊」となる、名実ともに日本最大級の顧問契約マッチングサイトにすることを目指しています。

今後も成長意欲が高く、世の名にインパクトを与えるような新規事業を興すベンチャー企業や崇高なミビジョンを帯びた起業家に対し、知識・経験・人脈を携えた顧問とのベストマッチを実現し、これからの日本を支えるスタートアップの課題を適正価格で解決することをミッションに掲げ、社会貢献企業として企業価値を向上させて参ります。

【会社概要】
会社名:プライドワークス株式会社
設立:2014年8月1日
資本金:2,350万円
代表者:代表取締役 本田 季伸
所在地:東京都新宿区西新宿7丁目1-12 クロスオフィス新宿
URL:http://prideworks.co.jp/

【事業内容】
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の運営
http://kenjins.jp/

顧問と起業家を支援する顧問契約マガジン【顧問のチカラ】
https://kenjins.jp/magazine/

【顧問のサブスク】サービスページ
https://kenjins.jp/lp/subscription/

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

毎日の行動計画を書き出し、優先順位を付けていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「目標をあくまで貫くことは、危害のある者の精神をがっちりと支える筋金の一本であり、成功の最大の条件である。」 イギリスの政治家・外交官<チェスターフィールド> 素晴らしい成功を納めるには、自分の描くゴールに到達するため...[続きを読む]

限られた時間中で効率よく結果を出す方法を考えていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば。」 詩人・劇作家・小説家・自然科学者<ゲーテ> 一流のビジネスマンになるためには、やる事とやらない事を明確にし、パレートの法則を意識しながら目標達成に向けて、効率的な時間の...[続きを読む]

達成のステップを分け、段階的に解決してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「問題解決の基本は「分ける」ことです。分けることで、因果関係の糸も見えるようになり、より具体的な解決策を見出すことも可能になります。」 <奈良雅弘> 大きな目標を達成するためには、ゴールに向かうプロセスを「細分化」して、...[続きを読む]

最もインパクトがある要因を把握し、集中して取り組んでいますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「スコアの70%は、ピンから120ヤード以内で打たれるのだから、アプローチとパットを重点的に練習すべきだ。」 プロゴルファー<ジャック・ニクラウス> ゴルフでスコアが良い人の多くは、軸がブレず、基本を重点的に練習している...[続きを読む]

達人の領域に到達するためにもう一押しをしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「完璧だと思っても、もうひと押しすれば、おまけが手に入る。」 <トーマス・エジソン> どんなことでもワンランク上のステージに上がるには、現状に妥協せず、もう一歩を踏み込んでみることです。 なぜなら、トップセールマンとそ...[続きを読む]