年齢を問わず知見を活かせ、需要のある仕事に携わっていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「人生に挑戦するのに、年齢なんて関係ない。そもそもこの世に
時間などない。それは人間が勝手に作ったものだ。

<フランク・ミュラー>時計技師、フランク・ミュラーの創業者

定年退職後に65歳を超えてから「プロ顧問」として活躍するのは、難しいのではないか?と考えている人は、「誰しも年を重ねると物覚えが悪くなり、頭の働きが鈍くなるので難易度の高い仕事は難しい」という自分自身の中の既成概念を覆すことです。

なぜなら、トロント大学のシェリル・グレディー博士によれば、人間の脳には優れた可塑性があり脳の備蓄や維持、補償が上手くできていれば70代、80代になっても人は優れた脳力を保つことが科学的に証明されているからです。

高齢になっても、考える仕事を継続することや定期的な運動を日課にすることによって、脳内にある「海馬」の神経幹細胞が活性化し細胞増殖が増強します。

つまり、脳を刺激する適度な思考の負荷を掛け続けることで、「新生ニューロン」の数が増加するため実は年齢は関係なく記憶を司る海馬が成長することが、様々な実験で判明しているそうです。

全国926の町村議会議員計約1万1千人のうち、60歳以上の割合は、76,2%に達し、年代別では60代が43,1%と最も多く、70代が31.3%、50代が14,2%と続いており、80歳以上の現職も198人が現役です。

現在の衆議議員の大臣クラスの政治家の政策を見ると政治手腕には、賛否両論ありますが、人間の脳は年齢の積み重ねによって知識や経験といった情報が記録されていくので、むしろ「知能指数」は確実に伸びていきます。

ですので、人生100年時代に突入した今、生涯現役を目指しているビジネスマンも増えています。大手企業が定めた定年と言われる65歳を超えたとしても、働く意欲があり高度な知見やスキルを持ち続ける真のプロ人材なら顧問としてバリバリ働くことが、十分に可能だと言えるのです。

年齢を問わず知見を活かせ、需要のある仕事に携わっていますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

コア・コンセプトを明確化し、意思決定を最速で実現してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「青年よ大志を抱け。それは金銭や我欲のためにではなく、また、人呼んで名声という空しい物のためであってはならない。人間として当然、備えていなければなら無いあらゆることを成し遂げるために、大志を持て!」 <ウィリアム・...[続きを読む]

試行錯誤を繰り返し、手本を超えた最高の高みへ挑んでますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を送ります。 「自分らしさを貫きなさい。誰かの真似はよくない。人生で積み重ねてきた経験を総動員すれば、どんな困難にも立ち向かえる。ほかの誰かを真似しようとしても、その場しのぎの中途半端なものにしかならない。」 <ラルフ・ウォルド...[続きを読む]

独立を目指し勇気を出して、自分の手で夢の扉を空けていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「すべての人が何らかの檻に入れられています。 でも扉の鍵はいつも開いているのです。」 <ジョージ・ルーカス> サラリーマンを辞めて独立し、何か大きなビジネスを成し遂げるために必要なことは、副業にチャレンジす...[続きを読む]

利他の精神を持って、人に貢献する商売をしていますか?

こんにちは、本田季伸です。 「よいアイデアを生み出す源泉は利他の精神。 どうすればお客さまに喜んでいただけるか、 どうすれば世間のみなさんに喜んでいただけるか。 自社の利益、自分の利益を追うのではなく、 どうやってまわりのみなさんを幸せにするのか。」 工学...[続きを読む]

経営会議の目的とは?生産性の高い経営会議に変える改善策とは?

経営会議では企業や経営の方向性を決めたり、よいアイデアや意見が生まれることが多く、仕事を進める上で果たす役割は十分あります。そこで今回は、経営会議で無駄といわれる場面、生産性の高い会議にするための改善策について解説します。 ■経営会議とは? 経営会議とは、企業が置かれてい...[続きを読む]