業務委託とフリーランスの違い?業務委託契約の注意点とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

最近は会社員ではなく、業務委託やフリーランスとして独立する人が増えていますが、業務委託やフリーランスはいずれも独立のイメージがあるのですがどのように違うのでしょうか。フリーランスと業務委託の違いを知っておくと、フリーで仕事を受ける時、どんな契約をするべきか見えてくるでしょう。今回は、フリーランスと業務委託のそもそもの違いについて分かりやすく解説します。

■業務委託とフリーランスの違いについて
業務委託とフリーランスでは同じように解釈されることが多いのですが、それぞれの意味は違います。まずフリーランスは個人事業主のことを指し、働く方法のことをいいます。業務委託は、案件ごとに依頼主の企業と契約を結ぶ契約方法となります。フリーランスは働く方法であり、業務委託は契約方法なので内容が異なってきます。

フリーランスが業務委託契約を結ぶことは多いのですが、フリーランスは必ず業務委託契約を結ぶわけではありません。業務委託とは、仕事を完成させると約束した相手方に、その仕事に対しての報酬を支払う約束をする契約のことを指します。つまり、特定の成果を出してもらうために外注する契約のことです。業務委託する側は、完成までの過程に基本口出しすることはありません。期日までに約束した仕事が完了すれば、それで問題ないのです。

■業務委託契約とは?
業務委託契約とは、ある作業を第三者に委託する際に結ぶ契約のことです。一般的に企業が社内の限られた人員では行えない作業を社外に依頼するものであり、効率的にビジネスを進めたり、コストを削減しつつ新たな事業を展開したりする際に用いられます。多くのフリーランスはこの業務委託契約に基づいて企業から契約をもらい、働いています。

業務委託の大まかな流れは、案件の提案ののち、条件を交渉して契約を締結。作業に取りかかり、発注側が確認をした後で報酬が支払われます。案件の提案に関しては、フリーランスとクライアントのどちら側から行うといった決まりはありません。業務委託契約においては委託者(発注者)と受託者(受注者)は同等の立場にあり、クライアントがフリーランスに対して作業のやり方について事細かな指示を出すことはできません。

ここで覚えておきたいのが、業務委託契約は『委任契約』と『請負契約』という2種類の契約の総称だということ。実際にフリーランスがクライアントと結ぶのは委任契約と請負契約のどちらかになります。委任契約と請負契約では、フリーランスの責任の範囲や解約の条件、報酬が支払われる基準が異なるため、契約の前に両者の違いを知っておくことが大切です。

1、委任契約
委託契約は特定の業務を終了させることが目的とした契約です。契約書の内容に記載されている業務を終了すれば、契約終了です。ホームページ制作やデザイン制作などなどは委任契約として考えられる内容の例となります。契約内容を終了すれば、その後のことに関して責任を負うことはありません。

2、請負契約
請負契約は仕事を最後まで完成させることを目的としており、この点が委託契約とは内容が違います。例としては利用契約書、ヘルプデスク契約書などその場を任されるものが多いです。仕事に対しての責任は請負契約の方が重くなります。また業務が一旦終了しても、あとから不具合がでてこれば担保責任を負う必要があることがあります。また、期間内に業務が修了しなければ、報酬を受けられないだけでなく、責務不履行責任を負うことになります。

■フリーランスとは?
フリーランスは会社などに属さず、契約ごとにお客様と契約を結ぶ契約の仕方をいいます。契約書には業務内容や納期などが記載されており、契約書を交わした時点で業務開始となります。守秘義務契約を結ぶケースもあります。

主にプログラマーやWEBデザイナー、イラストレーターなどIT関連のクリエイティブな仕事をしている人に多い契約の方法です。また他にもファイナンシャルプランナーなどもフリーランス契約をしているケースもあります。自分が持っているスキルを十二分に活かすためにフリーランスは注目を浴びています。また、主婦のように、能力は十分にあるのに昼間は仕事にでることができない人にもフリーランスは向きます。会社を定年後にフリーランスで仕事をする人もいます。

単発の仕事として様々な仕事はするものの、その仕事を引き受ける都度契約を結ぶという形態をとる請負であり、小説家・芸能人など個人の能力によって成果が決まる職種に多いが、大工やプログラマなどの技術者、漁師のような古典的な職業も存在します。

■フリーランスが営業活動で気を付けるべきポイント
業務委託を提案してくるクライアントは、できるだけコストをおさえて良い成果をと考えて話してきます。また今回の案件だけでなく、長期間に渡ってお願いできるかどうかを見てくるクライアントもいるでしょう。

1、営業・契約・制作を全て自分で行う
「会社の束縛なしに、全て自分の思い通りに進めることができる」これは、フリーランスの魅力の1つでもあります。
しかし、全ての業務を自分1人で行うということは業務上の全ての責任を負うことになります。どの段階でもトラブルが発生する危険性があります。

契約が欲しいからと安すぎる報酬の設定をしたり、納期を無理したりすることはやめましょう。今後も同じような契約を受ける時自分が大変な思いをするだけです。しっかりと実績などをアピールし相応の条件を提案するようにしてください。

2、フリーランスは労働法で保護されない
フリーランスには企業と雇用契約を結んでいないため、労働法などが適用されません。労働法では1日8時間の労働時間や、残業代など手当の面が保障されています。フリーランスにはこれらの労働に関する法律は当てはまりません。同様に、最低賃金もありません。自分とクライアントの間で合意さえすれば、いくらでも低い報酬で働くことが可能になってしまうのです。また、自ら加入しなければ、労働者の権利を守る組合もありません。組合は労働者の権利を守るためにあります。

3、報告・連絡・相談を徹底する
フリーランスはクライアントとの約束である納期を必ず守らなければなりません。それでも、病気や事故が原因で納期が遅れてしまうこともありえます。不測の事態を予測することは難しいですが、不測の事態に備えることは可能です。

事故や病気が発生してしまった段階で自分で勝手に判断せず、まずはクライアントへの報告、連絡、相談を心かげましょう。特に、納期遅れはクライアントにも迷惑がかかるためできるだけ早く連絡をするべきです。

まとめ
フリーランスは会社員とは違い個人で事業をしているいわば個人事業主です。業務委託契約は直接企業と1つの案件に対して契約をする方法で内容が異なってきます。フリーランスは定期的に仕事があるわけでなく、折角いただいた案件はすぐ欲しいと考えてしまうのでしょうが、納期や業務の内容、報酬など納得した状態で提案をするようにしてください。無理をすると自分の首をしめてしまう結果となります。

自分のスキルを最大限に活かして、やりたい仕事が選べることはフリーランスの最大のメリットです。派遣と違って自分の労働の対価として支払われた報酬から経費などを差し引かれることもありません。案件ごとに業務契約を結びますので、自分のスケジュールに合わせてプロジェクトごとに稼働日数や仕事量を設定したり、報酬を交渉することができます。もちろん、希少価値の高い技術を持っていればサラリーマンを超える金額の収入を稼ぐことも可能です。

このように、フリーランスはライフ・ワーク・バランスが取りやすく、自分らしく働くことができるスタイルです。特に高度な能力や市場で求められるスキルをお持ちの方にはオススメです。

■最後に
自分自身が満足でき、輝けるキャリアを描くためには、自分にとって本当に大切なものが何なのかをしっかりと知っておくことが大切です。自分自身のことは、意外と自分ではわからないものですから、フリーランスのエージェント会社との会話を通じて自分を知ることも重要です。仕事上での強みや能力を発揮するシーン、クライアント企業との関わり方の傾向などをヒアリングし、不フリーランスとしての認識を深めましょう。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、これまで培ってきた経験や、身に付けた専門性をアドバイザーとして活かす事ができるサービスです。企業の課題は、新規事業支援、人事支援、デジタル支援、技術支援、社外取締役、社外監査役など多岐にわたります。KENJINSは、ご自身のキャリアや得意分野を活かし、また強みを更に伸ばすことができる活躍の場を提供し、個人事業主として独立していくための活動を支援しています。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、エグゼクティブな皆様が様々な業界や会社で培った知見を活かし、顧問やプロ人材の方々とクライアント企業を支援分野は多岐にわたります。専任のコンサルタントがあなたのご経験や得意領域をヒアリングし、あなたの経歴を活かすことができる案件を紹介します。また、案件開始後もコンサルタントがあなたの顧問活動をしっかりフォローします。ぜひ、顧問やプロ人材としてご登録ください。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

シニア求人が少ない理由?セカンドキャリアの必要性とは?

少子高齢化により、日本の人口バランスには大きな変化が起きています。現在、中小企業では深刻な人手不足が続いておりますが、経験豊富で働く意欲のあるシニア世代は、実は企業にとっても貴重な即戦力として大変に注目されています。人生100年時代が到来した今、シニア世代の「セカンドキャリア」へ...[続きを読む]

人生100年時代に顧問になるプロティアン・キャリアとは?

世界屈指の長寿化社会で、働くことも長くなる私たちは、誰しもがこのキャリア・プラトーに陥るといっても過言ではありません。このキャリア・プラトーを抜け出す選択の一つとして、近年、増加傾向にあるのが、プロティアン・キャリアです。そこで今回は、プロティアン・キャリアと顧問という働き方につ...[続きを読む]

人生100年時代の到来!定年起業として顧問がオススメな理由?

現在、日本ではシニア人口が急激に増加しており、2005年には全体の4割であった50歳以上の割合は、2030年には5割を超えるとされています。医療の発達、栄養状態や衛生環境の改善などによって、人生は100年時代を迎えています。ひとりの人間の人生が100年続くとなったとき、働き方や生...[続きを読む]

技術顧問が日本のモノ作りの課題を解決に導く理由?

日本のモノづくり産業を取り巻く環境は急速に変化しています。国内市場が縮小しグローバル競争が激化している中、下請け体質で脆弱な中小の製造メーカーが勝ち残っていくためには、世界で勝てる技術を持ったり、仕事の幅を広げて生み出す付加価値を高め、ユーザー企業に対する提案力や営業力などの向上...[続きを読む]

人材アセスメントとは?導入のメリットと効果とは?

人材アセスメントは、客観的に人材の能力を評価し、従業員のより良い人材育成・人材開発を促す手法を指します。評価の結果をもとに適材適所に人材を配置したり社員の自己開発に役立てたりさまざまな活用方法があります。今回は、人材アセスメントの概要とメリット、活用方法について解説します。 ...[続きを読む]