社外監査役とは?社外監査役の役割と責任とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

企業は、監査の実効性を高めるために、監査役と内部監査・内部統制部門との連携の強化を図ることが重要となってきます。また、不正の端緒を正確かつ迅速につかむためにも、内部通報システムの受領先に監査役を加えることが望ましいです。役員間で、情報共有、充実した意見交換の場を持つことが、スムーズな監査に役立ちます。

企業価値の向上と社会的責任(CSR)を果たすため、企業は健全かつ公正な経営を行わなければなりません。その実現の役割を担っているのが、「監査役」を含めた役員です。「監査役」という言葉は、よく聞かれる言葉ですが、実際はどのような役職なのでしょうか。

企業の健全な運営のために定められている「社外監査役」は、細かく要件が定義されている役職です。社外から監査役を迎える際、任務を円滑に遂行してもらうために経営者が知っておきたい「社外監査役」の役割や要件、登記について解説します。

■監査役の種類
企業の監査役には、「社内監査役」と「社外監査役」の2種類があり、それぞれに「常勤監査役」と「非常勤監査役」が存在します。常勤が社内監査役、非常勤が社外監査役である場合が多いようです。

「社内監査役」は、当該企業の役員や従業員であった経歴のある社内出身の監査役のことをさします。対して、「社外監査役」とはその就任の前の10年間に、その会社又は子会社の業務執行取締役等であったことがない、社外出身の監査役のことをさします。「社内監査役」は企業情報に周知しているので、効率よく調査や情報収集ができることがメリットですが、客観性に欠けるといったデメリットもあります。そのようなことから、「社外監査役」を置き、客観性を持って、第三者的な立場から監査を行うことが必要となるのです。

このうち、「社内監査役」は通称「監査役」と呼ばれることも多く、一般に「社外監査役」はそのまま「社外監査役」と呼ばれます。また、それぞれに「常勤」と「非常勤」の監査役が存在します。

1、監査役(社内監査役)とは
監査役は、役員や従業員など、もともとその会社出身で監査役になった人のことをいいます。監査役は株主総会で選任され、取締役の職務の執行を監査することがその役割となります。監査には、業務監査と会計監査とが含まれます。業務監査は、取締役の職務の執行が法令・定款を遵守して行われているかどうかを監査することで、一般に適法性監査と呼ばれています。

2、社外監査役
社外監査役は、過去にその会社の役員や従業員であったことのない、外部から監査役になった人のことをいいます。
監査役とは、取締役が職務をきちんと執行しているか監督する役職です。必要な監査役の数は会社の規模により定められており、社外監督役は全監査役の半数以上を占めていることが必要となります。

■監査役の設置基準
「大会社」(資本金5億円以上または負債総額200億円以上)や、「取締役会」の設置会社など、一定の条件を満たす企業は必ず監査役を置くことが求められます。監査役は株主総会で選任され、集まった監査役で監査役会を設置し、取締役の活動が適切に行われているか株主に代わって監査を行います。監査役の任期は4年で、大会社かつ公開会社では監査役は3名以上であること、かつ常勤の監査役も定めることが求められています。さらに、監査役の半数以上は社外監査役であることも義務付けられています。

例えば、資本金の額が5億円以上もしくは負債の総額が200億円以上の大企業の場合かつ株式を公開している企業の場合、監督役は最低でも3人以上が必要であり、常勤が1人以上、そして社外監督役が2人以上必要です。

「取締役会」を設置している企業でも、会計参与を置く場合は原則として監査役を設置する必要がありません。ただし、「大会社」の場合は監査役を設置しなければなりません。その理由は、業務執行と監査役を分離することで、コーポレート・ガバナンスを十分に機能させるためです。

監査役は株主総会で選任され、その監査役で「監査役会」を構成します。「監査役会」の半数以上は社外監査役としなれればなりません。監査役の任期は4年で、10年まで延長することも可能です。監査役の4年という任期は取締役よりも長く、その立場が強く保護されています。

なお、常勤監査役はひとつの企業に1名以上置くように定められておりますが、「大会社」かつ「公開会社」の場合は、監査役は3名以上であることが求められます。その内1名は常勤監査役を置くように定められています。

■監査役と社外監査役の両方が必要な理由
もともと、その会社の取締役や従業員であった監査役は、会社の業務や内部事情に通じているという特徴があります。
したがって、監査のための調査や情報収集などが効率よくできることがメリットですが、その反面、客観的な監査行為が難しくなるという考え方がなされています。そうした理由から、監査役の中には社外の人材をも加え、客観的・第三者的な立場から監査をすることが定められています。

監査役会は、会社が適切・公正に経営されていることを示すための重要な機関ですが、その実行性を高めるためにも、社外監査役は不可欠な存在として位置付けられています。

■社外監査役の役割?
監査役は、業務監査と会計監査の2つの役割を担っています。社外監督役を置く場合、通常どちらかの専門的な知識を有する人物を迎えます。そのため、業務監督を行う監査役と会計監督を行う監査役は別人であることが多く、それぞれが自身の専門とする分野の監査を務めます。

1、業務監査
取締役の職務が法令や定款を遵守しているか監督します。適法性監査と呼ばれています。

2、会計監査
定時株主総会前に行われる監査で、監査役の監査の結果を定時株主総会で報告します。大企業の場合には、公認会計士もしくは監査法人を会計監査人として選出しなければならないので、一次監査をこれらの会計監査人が行い、その後監査役がそれらの適性を判断します。

■知っておきたい「社外監査役」の要件と登記
経営者が特に知っておきたいのが、社会監査役の要件です。監査役は、会社に対して善管注意義務や損害賠償責任を負うだけではなく、第三者に対しても損害賠償責任を追うケースがあります。なお、これは職務を遂行するにあたって悪意もしくは重過失が認められた場合や、監督報告に虚偽記載があった場合に限られます。

また、平成26年の会社法改正により、社外監督役の責任限定契約の締結が可能になりました。監査役は業務執行を行いませんが、常勤監査役、社外監査役に関係なく、責任限定契約を締結できるようになったことになります。責任限定契約の対象が拡大したことで、社外取締役及び社外監査役を登記する意味がなくなり、登記が廃止されました。

なお、責任限定契約の締結をすることで、損害賠償責任の額をあらかじめ決めることができます。一般的には、この損害賠償責任の額の上限は年収の2倍が限度とされるケースが多いですが、株主総会での承認が必要なので、承認されない場合にはこの限りではありません。

■「適法」な企業経営を目指して
グローバリゼーションの進展、深刻な少子高齢化などにより社会経済構造の大きな変革が求められています。企業が将来的に成長、繁栄していくためには、コーポレート・ガバナンスのあり方を社会的にも経済的にも望ましいものにする必要があります。バブル崩壊後、多くの企業は商法改正に則って内部ガバナンスの改革を始めました。現在ではより一層のガバナンス体制の強化について、活発に議論・検討がされています。

監査役の最も重要な役割は、企業経営の「適法性」を監査することです。企業はそもそも公正な経営を心がけなければいけません。監査役の指摘を受ける以前に、経営に不正な点がないかなどの内部統制を構築しておくことも必要となります。連日のように、企業の不祥事が報道される今日において、まずは企業自体が誠実なスタンスで経営に取り組んでいるか見直すことが重要でしょう。

■最後に
金融庁と東京証券取引所が取りまとめ、2015年6月から適用を開始したコーポレートガバナンス・コード。2018年6月の改訂により、上場企業に対して、幅広いステークホルダーと適切に協働し、中長期的な収益力の改善を図る行動指針が示されました。

この中で、株主利益を損なわないように経営状況を俯瞰し、適切に外部の目を取り入れながら、経営の透明性を高め、企業統治・コンプライアンスを強化するための第三者機関の設置、「社外取締役」と「社外監査役」の選任を強く促しています。社外取締役や社外監査役は、企業が成長する上で必要不可欠な存在です。だからこそ、しっかりとした人物を紹介してくれる紹介サービスを活用することが重要となります。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、社外取締役、社外監査役の紹介サービスは着手金はいただいておりません。社外取締役や社外監査役の就任まで一切費用が掛からない完全成功報酬型となります。

企業の方で社外取締役の候補者を見つけたい方に、上場企業の社長や役員経験者を中心に登録されてる中から企業様ご自身で探すことも出来ます。前職の出身業界や期待出来る役割、女性候補者からも選択出来るようになってます。多くの企業から社外取締役の紹介サービスの依頼が来てます。

個人で社外取締役や顧問、プロ人材として活躍したい時には、顧問登録が出来るようになってます。社外取締役や顧問に就任希望されてる方は、KENJINSのWEB上から応募することが出来るようになってます。

社外取締役は自分で見つけるよりも、紹介サービスを利用することが一般的です。最適な社外取締役を見つけることができますし、複数の候補者から選択することもできるからです。最適な社外取締役や社外監査役をお探しの際は、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」にぜひご相談ください。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

プロ人材を活用するベンチャーが増加中!

■フリーランスの外部プロ人材を活用するベンチャーが増加中! 現在、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」という顧問・プロ人材のマッチングプラットフォームサービスがおかげ様で急速に注目を集めるようになりました。その理由は、顧問やプロ人材という新しい働き方を提唱...[続きを読む]

顧問やコンサルタントが顧問紹介会社を使うと良い理由とは?

顧問やコンサルタントとして独立したものの、案件や収益が途切れて苦労していませんか?原因はエージェントを上手く活用できていないことやポジショニングが確立できていないことにあるかもしれません。実際、多くのフリーランスの顧問やコンサルタントが、定期的な案件獲得に苦労しています。そこで今...[続きを読む]

プロボノとボランティア活動の違いとは?

働き方が多様化している現在、社員のスキルをいかに伸ばすかは企業にとって重要な課題となっています。もちろん上司からの教えや研修、能力による評価、資格の取得のサポートなど、企業に行えることは数多くあります。しかし企業内だけでサポートしていても、身に着けられる能力・スキルには限界があり...[続きを読む]

副業系フリーランスが激増している理由とは?

■副業系フリーランスが激増した理由 2018年1月に、厚生労働省によりモデル就業規則の改定案が公表されました。「副業元年」と言われ、大企業から中小企業まで副業解禁する企業が次々と現れています。その中には、正社員として働きながら、隙間時間で副業をする副業系フリーランスは今後ま...[続きを読む]

社外取締役の重要性と社外取締役の存在理由とは?

■ベンチャーにも必要な社外取締役とは? 主に上場企業を中心に導入されている社外取締役ですが、株式で資金調達を行い上場を目指すベンチャー企業でこそ、社外取締役の真価が発揮されるといえます。なぜなら、ベンチャーの社外取締役こそ株主の代表として、経営陣と投資家の利害を一致させ、企業価...[続きを読む]