非連続性の時代を乗り切るために外部の視点を取り入れてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「自ら先頭に立って、物事の新しい秩序を生み出そうとすること程、
骨が折れ、リスクをはらみ、不確実性が伴うことはない。」

<ヘンリー・クラビス>

非連続性の時代において、外部の視点で会社や事業の成長性をゼロから
評価できる「社外取締役」やインテグリティを兼ね備え、様々な企業を
プロジェクトに業界を問わず横断的に参画する「プロ顧問」に対する
ニーズが高まっています。

その理由としては、コロナ渦の影響により衰退産業化した業界が増え、
激しい時代の変化とサバイバル環境を勝ち抜くには、既存の強みを
活かしつつ、新規事業と立ち上げと早期にキャッシュポイントを創出し、
戦略的に再投資して行くといった社運を賭けた中長期的な采配を下す、
必要性に迫られているからです。

未来を正確に予測できる人は何処にもにも居ませんが、社内のメンバー
だけでは、課題解決に糸口が見つからない場合には、「プロ顧問」の
知見を活かすことで内部の視点と外部から複数の選択肢持ちながら、
過去と非連続な未来に新たなイノベーションを起こし、経営戦略を
スムーズにつなぎ合わせることも可能になるのです。

非連続性の時代を乗り切るために外部の視点を取り入れてますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

人との繋がりを築き、応援してくれる仲間を作っていますか?

こんにちは、本田季伸です。 「和する努力をすれば、何倍もの力を発揮する。」 戦国大名<毛利元就> 成功のコアを得るには、自分を応援してくれる30人の仲間 との「強固な繋がりを作る」ことです。 なぜなら、運というものは、人間が運んでくるものなので、 パー...[続きを読む]

明確な目標を定めることで、不安を払拭していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「しっかりとした目標ほど、心を静めるのに貢献するものはない。 魂が知的な目を向けるその一点の目標ほど。」 <メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィン・シェリー> 不安や悩みを和らげるには、抱えている悩みや不...[続きを読む]

現状維持に満足することなく、次の目標に挑戦してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「勝利を手にしても、いつまでも美酒に酔いしれていてはいけない。 すぐ次の目標へと頭を切り替えるのだ。」 <マーク・ハード> 最初の目標を達成することができたなら、間髪入れず 「次のゴール」を設定することで...[続きを読む]

ビジネスの断捨離を行い本業に集中し高見を目指してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「やることを決めることは簡単だ。 難しいのは、やらないことを決めることだ。」 <マイケル・デル>(PC製造のデル創業者) リソースが限られたスタートアップの事業立ち上げで重要なことは、 多角的な経営を目指...[続きを読む]

インナーブランディングとは?社内ブランド価値を築く訳?

企業が成長するためには、アウターブランディングと合わせてインナーブランディングを行うことが必要です。インナーブランディングを通して、社員一人一人の意識が変われば、仕事に対する取り組み方や考え方も変わります。長期的に考えれば、製品やサービスの質の向上、社員の業務効率アップなどに大き...[続きを読む]