開拓者精神を持ち、夢の実現に向けて挫けずに挑戦していますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことに他ならない。
他の人たちには見えない目をこらし、誰がなんと言おうと自分の夢を
追い続けることなのである。」

スターバックス創業者<ハワード・シュルツ>

自分らしく生きるためには、他人の敷いたレールではなく、
未来は自らの意思で切り開くという、開拓者精神を持ち、
心から本気でやりたいと思うことに挑戦することです。

なぜなら、本当は素晴らしい天性の才能があるにも関わらず、
他人が作り完成された安全なレールを何の疑問も持つことなく、
走っている人が多いからです。

前人未踏の地を開拓する過程では、幾多の試練を乗り越える
覚悟が必要ですが、夢を捨てず最後までやり遂げた時の喜びは、
何ものにも代え難い達成感があるのです。

開拓者精神を持ち、夢の実現に向けて挫けずに挑戦していますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

エクイティファイナンスによる資金調達の秘訣とは?

手持ち資金で起業した会社が大きくなってきたとき、ビジネスをさらに飛躍させるために必要となるのは資金です。その資金の調達のしかたを大きく分けると、おもに金融機関から借り入れる方法(デットファイナンス)と、投資家に新規に株式を発行する形で資金調達をする方法(エクイティファイナンス)の...[続きを読む]

あなたとって仕事を通じた素晴らしい瞬間はどんな時ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「仕事を上手くこなすためには、やってあげたいと想う 誰かがいることが大切である。 人生の素晴らしい瞬間というのは、自分ひとりのためよりも、 愛する者たちのために行ったことに、結びついている。 我々はその人たち...[続きを読む]

心を燃やし、成し遂げたいと願う真昼の夢は何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「夜、疲れた心の片隅で夢見る者は、目覚めとともに 夢の虚しさを知る。だが、真昼に夢を見る者たちには、心せよ。 彼らはしかと目を開き、夢を実現させるであろう。」 軍人・考古学者<トーマス・エドワード・ロレンス> ...[続きを読む]

恐怖を乗り越えることで、得られる物は何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「恐怖を克服する決心をさえすれば、 たいていの恐怖は克服できる。 恐怖は人の心の中にしか存在しないからだ。」 実業家、作家<デール・カーネギー> 目の前の恐怖や不安、心配を克服するためには、 抱いている...[続きを読む]

過去の経験を振り返り、成長の材料に変えてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「他人の過失を見るなかれ。 他人のしたこと、しなかったことを見るな。 ただ、自分のしたこと、しなかったことだけをみよ。」 <釈迦> 自分の成長を実感し、能力向上を果たすためには、一度 現場や仕事から...[続きを読む]