あなたは本当の人助けとはどんなことだと思いますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、本田季伸です。

「自分でできることや、すべきことを、その人の代わり
にしてあげても、本当の助けにはならない。」

第16代アメリカ合衆国大統領<エイブラハム・リンカーン>

目の前に困っている人がいれば、手を差し伸べたくなるの
が人間です。

しかし、本人が問題解決のための努力を怠っている場合は、
一時的に助けてあげたとしても、何の解決にはならないの
です。

なぜなら、最終的に自分の力で自立しない限り、いつまで
も人を頼ってしまい、永久に同じ状態から抜け出すことが、
出来ないからです。

だから、魚を与えず釣り方を教え、大変でも実践で自ら学び、
身に付けるという経験をさせてあげることが、相手のために
なることもあるのです。

あなたは本当の人助けとはどんなことだと思いますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

顧問・コンサルタント向け営業代行サービスを開始!

定年後にコンサルタントとして活躍したい 顧問・コンサルタント向けの営業・マーケティング活動を代行 シニア起業をサポートする、業界初の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」 http://www.kenjins.jp/ 日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KEN...[続きを読む]

相互に協力しビジネスを拡大する戦略的な提携をしてますか?

こんにちは、本田季伸です。 「私達は、力を合わせたときにだけ、 真の意味で賢くなれる。」 執筆、教育、講演を行う教育学博士<マーガレット・ウィートリー> 少ない労力で自分自身の持つ最大の力を発揮する秘訣は、 「戦略的な提携関係」を結ぶことです。 なぜな...[続きを読む]

厳しい中にあっても、皆に笑顔を振り撒まいていますか?

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 「ユーモアのセンスはリーダーシップに必要なものであり、 処世術であり、物事を上手く運ばせる方法である。」 <アイゼンハワー> 厳しい環境の中で、現状を打開するパワーを生み出すには、 ストレスを溜め込まずに、エネルギ...[続きを読む]

あなたは、どんな時に本当の自分と叫ぶことができますか?

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 「個々の人格を定義する最良の方法は、 その人が最も活力にあふれ、 全身で生を謳歌している時の、精神的もしくは 道徳的な態度に目を向けることではないだろうか。 つまり、その人の内なる声が、 「これが本当の私だ」と叫ぶ瞬...[続きを読む]

サービスへの正当な対価を受け取っていますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「起業家の責務とは、株主に最大の利益を還元 することに他ならない。 起業家に問われるのは、自分の事業の売上と 利益と価値を最大限に高めることなのだ。...[続きを読む]