絶対に「やらない事」と決めていることはありますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「ノー!と言うべき時に言えない人は自分を不幸にする。」

作家・医者<サミュエル・スマイルズ>

仕事で何かを依頼された場合、全てに対して「イエス」と
言うことより、「ノー」と言えることの方が難しいものです。

これから、多角的な商品を扱う百貨店型の経営を目指す
のなら別ですが、今、社会から求められているのは、
特定領域に特化した、専門店型のスタイルなのです。

だから、「やる事」と、「やらない事」を決めるのです。

なぜなら、得意分野を伸ばしていくには、「ノー」と言える、
「勇気」が必要になり、さもないと、周りからみたイメージが、
便利屋的になってしまい、本当の魅力を打ち出すことが
難しくなるからです。

「ノー」と言えることが、ビジネスを発展させ、独自ブランド
を築くのに役立ってくれるのです。

絶対に「やらない事」と決めていることはありますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

製品やサービスから得られるメリットを追求してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「ドリルを買いに来た人が欲しいのは、ドリルではなく穴である。」 <レオ・マックギブナ> 商品やサービスを効果的に販売するために大切なことは、 顧客が解決したい「ジョブ」に焦点を当てることです。 な...[続きを読む]

基本を徹底して行うことで、ステップアップしてますか?

こんにちは、本田季伸です。 「飛ぶことを学んで、それをいつか実現したいと思う者は、 まず、立つこと、走ること、よじのぼること、踊ることを 学ばなければならない。」 <ニーチェ> 夢を実現するためには、目標とする場所に辿り着くまでの 基礎となるステップを怠ら...[続きを読む]

人との約束と、自分との約束を守り自信に繋げていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「肝心な点は、小さなことでも約束をして守るようにすれば、 より大きな約束を守る能力が高まることである。」 アメリカの作家、経営コンサルタント<スティーブン・R・コヴィー> 結果を出す人に共通している特徴は、...[続きを読む]

チャンスを掴むために具体的な行動を起こしていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「幸運の神様は、常に用意された人にのみ訪れる。」 フランスの生化学者、細菌学者<ルイ・パスツール> 新しいビジネスモデルを考えついたり、革新的な商品を 発明するには、いかなる状況であっても、積極的な思考を ...[続きを読む]

どんな仕事をしている自分なら存在意義があると感じますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分が何者であるか、何を達成したいのかを、 あなた以上に知っている者は誰もいない。」 フランスのビジネススクールの所長&経済学教授<コリン・ターナー> どんな職業が自分を活かし、最適な仕事なのかを知る ...[続きを読む]