知見を最大限に評価し支援を必要とする会社に伝承してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。

「財産と権力があれば、友人を多く持てるように思うかもしれません。
ところが、彼らはあなたの友ではなく、あなたの財産と権力の見方なのです。
富と影響力を失えば、そそくさと姿を消してしまうでしょう。」

<ダライ・ラマ14世>

自分の人生の満足度を高めるためには、人生に生きた証を残すための「ビジネスライフホイール」を完成させ、これまでに培った知識・経験・人脈・ノウハウなど、個人の「パーソナルキャピタル」を後世に残るよう様々な会社に「伝承」することです。

なぜなら、自分が何に価値を置き、本当はどこを目指したいのか、それを明確に理解していなければ、周囲からは華やかな成功物語の体現者であるかの様に見えたとしても、お金や権力以外の部分で「内なる光」を輝かせることはできないからです。

「ライフホイール」とは、人生を輪として表現した自己啓発のコンセプトになりますが、保険のセールスマンとして大きな成功を収めた「ポール J. マイヤー」が提唱したものです。

ポールマイヤーは、ビジネス上の知識やスキル、自身が培った技術を、自らのファミリーが経営する40社以上のビジネスで実際に応用しました。それらの組織がカバーする領域は、教育関連のコンピューターソフト、居住用・商業用の不動産、出版、印刷、製造、金融、保険、貿易、そして慈善事業にまで多岐に渡り、幅広い分野で活かされています。

先の読めない環境において中小企業やベンチャーが持続的に成長を目指して行くためには、外部からプロ人材を登用し新しい風を吹かせることが欠かせませんが、これまで大手企業の経営のノウハウや現場の第一線で活躍してきた知見を単にアドバイスするだけでは足りません。

その理由としては、小さな規模の会社では、口頭で助言だけを受けてもそれらを実行できる体制やその仕事を担う優秀な人材が社内に揃っていないからです。このようなことから、スタートアップの場合は特に、「背中を見て学べ」のスタイルで、実行支援を行うことが切実に求められています。

大手企業で培ったプロ人材が長年培ってきたノウハウは、付加価値を高める無形の「コア技術」でありながらも、大企業の場合には、その道の専門家が定年退職をしたことで埋もれてしまっていることが良くあります。

大手企業であれば、大勢の社員が揃っており資金も潤沢にあるため、知見を持つ人材が辞めても気にしないケースも多いですが、スタートアップ場合、その知見や貴重な財産になりますので、技術を喉から手が出るほど欲しがる会社も沢山あるのです。

知見を最大限に評価し支援を必要とする会社に伝承してますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

志を胸に抱き、目的意識を持って限界を突破していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「志とは、何か。一言で述べておこう。 与えられた人生において、己のためだけでなく、多くに人々のために、 そして、世の中のために、大切な何かを成し遂げようとの決意。」 工学博士・大学教授<田坂広志> ビ...[続きを読む]

顧客満足度を高め、長期的な関係作りをしてますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「ビジネスの唯一の目的は、 顧客を見つけ、手放さないことである。」 <マーク・ビクター・ハンセン> ...[続きを読む]

自分や他人の目に見える形で、目標を設定していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「障害が恐ろしい物に見えるのは、目標から目を離すからだ。 一直線に目標だけを見なさい。」 <ヘンリー・フォード> 目標を達成するためには、より具体的な言葉を書き出し、 手帳に貼り付けたり、常に「見える」状...[続きを読む]

永続企業のコア・バリューを組織全体にインストールしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年に渡って継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。」 ビル・ゲイツ(米国の実業家、マイ...[続きを読む]

一度、決めたことは揺るぎない決意を持って勇断していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「大事に望みては、機会は是非、引き起こさざるべからず。」 軍人・政治家<西郷隆盛> 大義名分を持って大きな目標に向かって進もうとする時は、 自分の直感を信じ、一度、志を掲げたことは勇気を持って 決行するこ...[続きを読む]