エクイティストーリーを構築し、適時アップデートしてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「金だけが人生ではない。が、金が無い人生もまた人生とは言えない。
十分な金が無ければ、人生の可能性のうち半分は締め出されてしまう。

<サマセット・モーム>イギリスの劇作家、小説家

スタートアップのファイナンスを成功させるために必要な要素として、
最も重要な事柄を一つだけ挙げるとすれば、資金調達の実現により、
「事業全体のスケールをどれだけ大きく描けるか」という視点を持ち、
魅力的な「エクイティ・ストーリー」を作り上げることです。

なぜなら、エクイティ・ストーリーは、いかにして事業が成長するかの
未来の姿を鮮明に焼き付ける「ブループリント」だと言えるからです。

有力な投資家が納得し、投資するメリットを感じられる物語があれば
より期待値が高まり、結果としてファイナンスの成功に繋がる機会が
多くなります。

投資家から必ず聞かれるのは、ビジョン、ミッションそして他社と
異なるプロダクトの特性ですが、市場の伸びを鑑みた成長シナリオを
具体的に描き、自社の強みや他社にはない戦略など、簡単かつ分かり
やすく説明する起業家のストーリーテリングが欠かせないのです。

エクイティストーリーを構築し、適時アップデートしてますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSの創設者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進。「顧問料の中間マージンをゼロ」「顧問報酬100%」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

結果を出すために、孤独な環境を受け入れる覚悟はありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「我々はみな真理のために闘っている。だから孤独なのだ。 寂しいのだ。しかし、だから強くなれるのだ。」 イプセン(ノルウェーの劇作家、詩人) 沢山の人と会い会話するのは楽しいことですが、一流の経営者として、 ...[続きを読む]

商品を通じて得られる価値を顧客に提供してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「わたしはラーメンを売っているのではない。 お客様に時間を提供しているのである。」 日清食品創業者<安藤百福> ヒット商品を開発したいなら、その商品を買う 事で手にできるメリットを提供することです。 ...[続きを読む]

自分の得意技を磨き、高めることに力を注いでいますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「私達は、他人と同じようになろうとして、 自分の4分の3を失ってしまう。」 ドイツの哲学者<アルトゥル・ショーペンハウアー> 自分の才能を開花させるには、他人と同じ種ばかりを 集めるのはやめて、いかに「自...[続きを読む]

情熱を持って取り組める、深堀したい場所はどこですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分が立っている所を深く掘れ。 そこからきっと泉が湧きでる。」 哲学者〈ニーチェ〉 大きな成果を上げるには、自分が大好きで「やりがい」を 感じることを追求し、徹底的に「深堀」することです。 なぜな...[続きを読む]

成長の兆しを見つけ、適切なタイミングで開始してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「波渡りと同じく、仕事の上でもタイミングこそ絶対だ。 早すぎてはならず、遅きに失しては無駄になる。」 <日高輝> 新規ビジネスを成功させるためには、 その分野が成長する兆しを見つけ、 絶好のタイミン...[続きを読む]