才能を発揮できる特定の分野を強化し開眼させてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「誰でも生まれながらの才能を持っています。
問題となるのは、それを見つけるまで行動できるか
どうかなんです。」

映画監督・映画プロデューサー<ジョージ・ルーカス>

一般的に、才能が有るとか、無いとか言う表現をします。

しかし、実際には、エキスパートと言われる人であっても、
特定の分野で、人並み外れた努力や鍛錬をした結果として、
類まれなる能力を、後天的に身に付けた人が多いのです。

その際、大事なのは「他の人にはできないこと」が、
自分なら突出してできることがポイントになります。

つまり、「才能とは、自分以外の他人によってその価値を
認められた、他人とは違う部分」と言うことになります。

眠った才能を呼び起こすためには、弛まぬ努力を重ねつつ、
本来のチカラを最も発揮できる特定の分野を発見して強化し、
その他大勢とは異なる、ポジションを獲りに行くために、
独自性に磨きを掛けることが欠かせない要素になるのです。

才能を発揮できる特定の分野を強化し開眼させてますか?

<本田季伸>

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

大きな課題を解決するために、自己成長を目指していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「知恵に知づくには、まずは沈黙し、次に相手の話に耳を傾け、第三にそれを自分の中で吸収し、第四にそれを実践に移し、最後は人に教えてみることだ。」 詩人・哲学者<ソロモン・ガビロール> 知識を定着させるためには、...[続きを読む]

結果を出すために、心技体のバランスを意識し整えてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「バランスの取れた人生に必要なものが4つある。 1、客観的な視点(全体像) 2、独立性(自分で自分をコントロールしている感覚) 3、つながり(質の高い人間関係) 4、そして、トーン(前向きな習慣)だ。 <マ...[続きを読む]

顧問になりたいプロが増えた訳?知見を活かせる顧問の仕事とは

顧問と言うと「社長や会長を退任した後のポスト」と見なされてきましたが、近年では現場で専門性を追求してきた技術者から大企業の役員経験者まで、多様な知見・ノウハウを持った幅広い人材が顧問として活躍しています。 近年、コロナの影響により大手企業でも早期退職を募る会社が増え、定年退...[続きを読む]

先手必勝を意識し、迅速な決断と行動を起こしていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「足を速めれば速めるほど、つまずく可能性は大きくなるが、どこかにたどり着く可能性も大きくなる。」 科学者・発明家・社会哲学家<チャールズ・ケタリング> 何事も失敗したことばかりを考えて、何も実行しないよりは、...[続きを読む]

勝利を掴み取るために、己の底力を極限まで引き出していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「ほとんどの人は、後のことを考えて、自分の力を1%以上残しているものなんだ。 でも、チャンピオンになる人は、最後の1%を躊躇なく使い切る。」 スポーツコーチ<クリス・カーマイケル> スポーツやビジネスで、至...[続きを読む]