自分だけの必殺技となるオンリーワンを構築していますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「あなた自身の唯一無二の何かを探しなさい。」

工学博士・教授・著作家<田坂広志>

顧客から選ばれる存在になるには、他にはない「強み」を発見し、
磨きあげ、独自性のあるサービスや商品を作ることです。

なぜなら、オンリーワンが確立できれば、競合他社と比較して、
圧倒的な優位性に繋がるので、価格競争に巻き込まることなく、
指名して購入して貰える可能性が高くなるからです。

小が大を相手に戦って勝つためには、様々な分野で戦うのでは無く、
いかに「選択と集中」ができるかが、卓越の鍵となるのです。

自分だけの必殺技となるオンリーワンを構築していますか?

<本田季伸>

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

フォーカスする物を決めて、冒険の旅に出発していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「美しいものを見つける為に私たちは世界中を旅行するが、 自らも美しいものを携えて行かねば、 それは見つからないだろう。」 <ラルフ・ワルド・エマーソン> 冒険の旅に出る時は、その旅で得たい目的に焦点を当て...[続きを読む]

知覚価値を高め、顧客のリピートオーダーを獲得してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「企業が自ら生み出していると考えるものが、最も重要なのではない。特に企業の将来や成功にとって重要なのではない。 顧客が買っていると考えるもの、価値と考えるものが決定的に重要である。事業が何であり何を生みだすかを規定...[続きを読む]

知恵を絞って利益を創造し仕事の改善を探っていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「お金にしか生み出さないビジネスほど、 つまらないビジネスはありません。」 自動車会社フォード・モーターの創設者<ヘンリー・フォード> 指示されたことを従来のやり方でやっているだけでは、 「価値ある仕事」...[続きを読む]

創業期の嵐を乗り越える羅針盤となる、マントラを掲げてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「何を始めるにしても、ゼロからのスタートではない。失敗や無駄だと思われたことなどを含めて、今までの人生で学んできたことを、決して低く評価する必要はない。」 <カーネル・サンダース>ケンタッキーフライドチキン創業者 ...[続きを読む]

ビジネスエビデンスでプロ顧問としての価値を証明してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「顧客が価値を認め購入するものは、財やサービスそのものではない。 財やサービスが提供するもの、すなわち効用である。 加えて、顧客にとって価値あるものが何かは自明ではない。」 <ピーター・ドラッカー> 「プ...[続きを読む]