顧客の話に耳を傾け、目を向けていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、本田季伸です。

「私はイチゴミルクが大好物だが、魚はどういう
わけかミミズが大好物だ。
だから、魚釣りをする場合、自分のことは考えず、
魚の好物のことを考える。」

実業家・作家<デール・カーネギー>

特定の物事に対し、自分が持っている価値観と相手が
抱く価値観は、必ずしも同じとは限りません。

だから、商品やサービスを販売する場合でも、売れる
ためには、顧客の声に耳を傾け、何を求めているかを
正確に見極め、お客様がして欲しいと思うことをして
あげることが必要なのです。

なぜなら、商品やサービスが市場ニーズにマッチして
いなければ、市場が反応しないからです。

顧客の耐え難い悩み、課題など、問題を解決すること
が起業家の仕事です。

それが分からなければ、調査したり、素直に聞いて、
対処することが「顧客の心」を掴むことになるのです。

顧客の話に耳を傾け、目を向けていますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

事業の成功確率を高める航海図を作り込んでいますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「プランは夢に到達するための橋だ。 きみの仕事は、夢を実現するためのプランを立てること。 つまり、この橋を実際に作ることだ。」 <ロバートキヨサキ>...[続きを読む]

あなたは自分の仕事に対しどのような意義を見出していますか?

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 「人を偉大にするものはすべて労働によって得られる。 文明とは労働の産物である。」 作家・医者<サミュエル・スマイルズ> 自己実現する最大の手段は、仕事であり、労働です。 なぜなら、多くの人にとって困っている人を...[続きを読む]

実体験の感動を伝える事で、人を動かしてますか?

おはようございます。 「他人を感動させようとするなら、まず自分が 感動せねばならない。」 〈フランソワ・ミレー〉 人に何かを使って欲しければ、まず、自分が使って みて、その効果を証明して見せることです。 なぜなら、自分自身が実践することで何らかの結果 ...[続きを読む]

従来の発想を転換しブレイクスルーを起こしていますか?

おはようございます。 「2%とか5%とかの数字なら、改善で片がつく。 しかし、50%とか3分の1とかという無茶な数字を 実現するには、発想を根本的に変えるしかない。 そこに飛躍が生まれ、出来ない事ができる様になる。」 〈小田全宏〉 特定の商品を開発したが、...[続きを読む]

人との繋がりの輪を活かし、一人の限界を超えてますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「成功者の定義と条件は、誇りや充実感のある仕事と 信頼できる最小限の共同体を持っていること。」 <村上龍>...[続きを読む]