人脈豊富な顧問に特化した営業顧問のサブスクサービスが新登場

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

月額3万円~【人数無制限】で大手企業の役員クラスの「トップダウン営業」支援
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を展開するプライドワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:本田 季伸)は、「人数無制限」の「成果報酬型」で大手企業のコネクションを持ち「トップダウン営業」のサポートを可能にする「営業顧問のサブスクサービス」を新たに開始しました。

現在、スタートアップや中小企業では、企業間の競争が激化するマーケットの中で、新規顧客の獲得や新しい販路開拓はますます難しくなっています。そのような中で注目を集めているのが人脈豊富な「営業顧問」を活用することです。

なぜなら、若手社員の場合、大手企業にアプローチ役員クラスとアポイントを取得し有効商談に繋げることは、難易度が高く時間も掛かるため、スタートアップでは困難を極めます。そのような際に、大手企業の役員クラスと既に関係性の深い顧問から「リファーラル営業」で紹介を受けると効果的です。

そこで今回、人数無制限で3万円からサービス利用が可能で、大手企業へのアプローチと役員クラスとの商談機会の創出サポートに特化した新規クライアントのリード獲得支援サービスを開始する運びとなりました。

ポイントとしては、若い一般社員からの紹介だと同じレイア―の担当者とのアポイントもなりがちです。ですが、大手企業の元幹部であり社会的な地位の高い顧問から「トップダウン営業」により、プレゼンテーションの機会を創出して貰うことで、角度の高い有効商談を増やし、売上アップを実現することが可能になる点になります。

以前より顧問紹介会社がありますが、従来の顧問紹介会社のサービスを利用すると、1人あたり30万の月額の顧問料が発生するため、ベンチャー企業では費用負担が大きく高額で支払うことが厳しい現状にあります。

また、1人の営業顧問の人脈では、紹介できるリード顧客の数にどうしても限界がありました。そのような課題を解決するために、中小企業やベンチャー企業でも利用可能な料金体系で、大手企業の社長や役員クラスとの商談機会を作れる「人数無制限」で利用できる「営業顧問のサブスクサービス」を打ち出しました。

【サービス概要】
具体的には、トップダウン営業が可能な「顧問のチカラ」を活用することで、以下のような営業活動を複数人体制で強力にサポートすることが可能になります。大きな特徴として、各顧問にはアポイント成果報酬型や売上成果報酬型でのアポントの獲得やプレゼンテーションの設定が実現できます。

1、企業様の事業拡大に最適な営業戦略の立案
2、提案書の改善、プレゼンテーション内容の指導
3、ターゲット企業となる役員クラスとのアポイント
4、紹介する見込み客に対する同行営業・対面紹介
5、サービスの申込や契約獲得までのクロジング支援

■ベンチャー企業がKENJINSを活用する3つのメリット
1、営業顧問を人数無制限の取り放題での活用を可能に。
これまでの顧問紹介ビジネスの業界では、営業支援のケースだと、1社に対しては1人の顧問が対応するスタイルが一般的でした。この場合、1人の顧問だけで営業サポートする形になるため、その顧問が持っている人脈ネットワークにはどうしても限りがありました。それゆえ、3~6ヵ月程度で有効な紹介先が無くなってしまうのが大きな課題でした。

これらを解決すべく、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、顧問紹介の業界で唯一、「複数人体制」で同時多発的に、顧問が営業支援を行う「セールスレップ顧問」のスキームを構築しました。

2、顧問報酬は、クライアント企業が自由に決めることができる。
これまで大手人材系の顧問紹介会社に営業顧問を依頼すると、従来の顧問紹介会社のサービスでは、顧問紹介会社が価格をコントールしているため、アポイントが取れる・取らないに関わらず、1人あたり毎月20万円から40万円程度の月額顧問料が掛かっていました。

そこで、今回、KENJINSではサブスク型の料金体系で月額3万円からサービスを利用できる形にし、顧問報酬は、アポイント成果報酬型や売上成果報酬型など、クライアントが自由に設定可能なスキームを打ち出しました。

3、クライアント企業が決めた顧問料の100%を顧問へ支払い。
多くの顧問紹介会社は、企業から月額35万円の費用を徴収しているにも関わらず、顧問には10万円の報酬しか支払っておりません。そのため、企業からは費用対効果を求められる割に受取報酬が少ないため、やる気を下げ、アポイントの獲得件数や関与度合いを低下させていました。

そこで、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、顧問報酬100%を当社経由で顧問へお支払いするビジネスモデルを推進しています。

■サービス詳細と料金体系
・初期費用(税抜): 0円
・月額費用(税抜): 30,000円~
サービスページ:https://kenjins.jp/lp/saleslep/

【ビジョン】
プライドワークスは、中小企業やベンチャー企業の経営者が抱える様々な課題を解決するために、革新的なスタイルの課題解決プロダクションとして、“優れた人物たちが集まる場所”、“有志の集合場所“として、「一流の賢人たちが集う、梁山泊」となる、名実ともに日本最大級の顧問契約マッチングサイトにすることを目指しています。

今後も成長意欲が高く、世の名にインパクトを与えるような新規事業を興すベンチャー企業や崇高なミビジョンを帯びた起業家に対し、知識・経験・人脈を携えた顧問とのベストマッチを実現し、これからの日本を支えるベンチャー企業の課題を適正価格で解決することをミッションに掲げ、社会貢献企業として企業価値を向上させて参ります。

【会社概要】
会社名:プライドワークス株式会社
設立:2014年8月1日
資本金:2,350万円
代表者:代表取締役 本田 季伸
所在地:東京都新宿区西新宿7丁目1-12 クロスオフィス新宿
URL:http://prideworks.co.jp/

【事業内容】
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の運営
http://kenjins.jp/

顧問と起業家を支援する顧問契約マガジン【顧問のチカラ】
https://kenjins.jp/magazine/

【本件に関するお問合せ先】
プライドワークス株式会社
電話:03-3565-6511
担当者:本田

【人数無制限】で大手企業の役員クラスの「トップダウン営業」支援
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営会社社長 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

達人の領域に到達するためにもう一押しをしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「完璧だと思っても、もうひと押しすれば、 おまけが手に入る。」 <トーマス・エジソン> どんなことでもワンランク上のステージに上がるには、 現状に妥協せず、もう一歩を踏み込んでみることです。 なぜな...[続きを読む]

あなたはどの分野でオンリーワンになりますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人間は何事にせよ、自己に適した一能一芸に 深く達してさえおればよろしい。」 日本の歌人、作家、思想家<与謝野晶子> どんな道であれ、これだと決めたら、その道を究める 生き方をすることです。 なぜな...[続きを読む]

正社員の壁を越え「一匹狼」が活躍する場所を創造してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「広告会社の経営は、ラクなことばかりではない。14年やって分かったのは、社長には大きな役割が一つあるということだ。そう、クリエイティブな『一匹狼』がいい仕事をできる雰囲気づくりである。」 <デイヴィット・オグルヴィ...[続きを読む]

スタートアップスタジオとは?プロ顧問が集うスタジオの役割

スタートアップの創業者は、時として事業に取り組むことよりも投資を求めることに多くの時間を費やしがちになります。 これが事業立ち上げの大きな足かせとなり、資金繰りに奔走してしまうことが機能不全の大きな原因となります。 そのような際に、事業課題の発見や定義という初期の段階...[続きを読む]

起業家の経験学習とは?経験学習サイクルとリフレクションの効果

周りに年齢は自分とさほど変わらないか年下なのに、なぜあの人は短期間で起業家として大きな成長を遂げ、ビジネスの成功を勝ち取ったのだろうか?と不思議に思わせる人はいませんか? 起業家として成長スピードが早い人・遅い人の違いには、「経験学習サイクル」をいかに実践し、どのように「リ...[続きを読む]