グローバリゼーションとは?顧問が海外進出の武器になる理由

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

現在、国内市場経済の縮小に伴うグローバリゼーションに取り組み、新たな市場開拓は必要不可欠な状況になったため、日本中でグローバル化、グローバル企業、グローバル人材という表現が氾濫しています。

ですが、日本企業の大半は、海外諸国と比較するとグローバル人材の導入とグローバリゼーションに後れを取っているという傾向が高いです。

日本企業にはキャリアパスの明確化や育成プログラムの整備、現地を指導する幹部社員の育成などが求められると言えます。

そこで今回は、グローバリゼーションとは何かと、海外マーケットへの対応の必要性と顧問が海外進出の武器になる理由について解説します。

■グローバリゼーションとは?
「グローバリゼーション」とは、技術の革新によって従来の国や地域といった物理的な垣根を超え、政治・文化・経済などが世界規模で拡大していく様子のこと。ヒト、モノ、カネが活発に移動し、地球規模で資本や情報のやり取りが行われる現象を指します。

グローバリゼーションは広い分野で複雑かつ密接に絡み合っています。アジア通貨危機やリーマンショックによる世界経済危機などは、まさにグローバリゼーションの影響を示した事例になります。

グローバリゼーションは国や地域だけでなくあらゆる枠組みから外れてヒト、モノ、カネが行き来する現象となります。経済や文化などに相互連鎖関係が構築され、間接的な影響を受ける可能性があるのです。

■グローバリゼーションが起こった背景
グローバリゼーションは、歴史的に見れば、領土の拡大、植民地の開拓に始まり、その後、先進国の生産拠点を途上国に移行する行動を意味していました。

グローバリゼーションの始まりは古く、16世紀ヨーロッパの大航海時代だといわれています。諸説ありますが、1760年代に起きた「産業革命」により一気に拡大したという考えが一般的です。

その後の第一次・第二次世界大戦で一時停滞するも、20世紀後半から更なる拡大を見せました。鉄道や飛行機などの輸送手段、またインターネットによるテクノロジーの発展がグローバリゼーションをより一層加速させたのです。

ボーダーレス化、ネットワーク化した社会の問題は、従来の経営戦略が前提としてきた、ある限定された境界条件の範囲内で、与えられた問題に対する最適解を求めるという考え方だけでは解決できなくなりました。

つまり、ボーダーレス化、ネットワーク化によって、これまでの前提条件が曖昧となってきたと言えます。今後もAIやロボティクス産業が発展し、これまでにないスピードでグローバリゼーションは拡大すると見られています。

■グローバリゼーションの効果
グローバリゼーションにより、新興国は先進国の資本や技術を受けられます。先進国の資本や技術を受け入れると、自国の発展に寄与できるといったメリットがあるのです。またそれによりグローバル経済も発展できます。

グローバリゼーションにより先進国の企業は、生産コストを圧縮し、国内市場の縮小に対する対応策として活用できます。環境問題が地球規模で拡大するなか、国際的な協力は必要不可欠でしょう。

グローバリゼーションの拡大により、地球環境における問題意識を世界規模で高められる点もメリットです。

近年は通信技術・機器、輸送手段、翻訳機能など、距離や言語の壁を解決する便利なインフラがさまざま生まれてきています。それらは現在進行形で進化を遂げており、今後もグローバリゼーションを広げるきっかけになることは間違いないでしょう。

大変革の時代には、コロナウィルスが収束する前に、さまざまな形の多様な進化が見られることがあります。そして同時に、グローバルにまとまった協力体制が必要な気候変動の危機、移民の増加、テクノロジーの使用など、人間としての意味を問わざるを得ない程の重要な対応も切実に求められているのです。

■グローバリゼーションを推進していくために
グローバリゼーションが進んだことにより、世界中の多くの企業は、グローバル化にスムーズに対応できるビジネスモデル・組織体制の構築が求められています。

今後もこの流れは加速していくとみられ、企業にとってグローバリゼーションについていくことはまさに急務になっています。

グローバリゼーションを推進していくため企業は、海外進出を前提とした海外市場への進出と研究開発機関の海外拠点を設けることになります。これには当然、国内事業とは異なるリスクマネジメント体制を構築する必要があるでしょう。

実際にグローバリゼーションに対応して新ビジネスを展開したり、それまでのビジネスを変革させたりすれば、世界というマーケットで顧客を見つけ、企業の成長につなげることも可能でしょう。

インターネットの発達によって、国内だけでなく世界をターゲットとする事業は全世界で大幅に増加しました。現代にはさまざまなビジネスモデルがあり、ネット環境さえあれば成立するビジネスもあります。そのため、海を渡ることなく海外向けビジネスを成功させているパターンも、現代においては決して珍しくありません。

グローバリゼーションを意識し海外でのビジネス展開を考えれば、結果として新たな技術、ビジネスモデルの発見などにつながることもあるでしょう。ですが、海外進出には、日本の市場とは異なり大きなリスクが伴うこともあるため、リスクマネジメントの対策も重要になります。

リスクマネジメントの対象となる項目は、下記のとおりです。

・法規制などの監視強化
・マーケットの分析
・情報セキュリティやリスク対応
・想定外に起こるリスクの認識
・報告体制や組織文化の構築

■日本ではグローバルな人材が不足
ダイバーシティ化とのバランスを図るには、グローバルな人材が必要不可欠でしょう。しかし日本には高い語学力やコミュニケーションスキルを身につけた人材が不足しており、まだまだグローバル化に対応できていない面があると指摘されています。

TOEFLの国別ランキングでも、日本人の英語力は163カ国中135位、アジア内では30カ国中27位と非常に低い水準です。また中堅社員以上でも、海外の工場や子会社を管理していくマネジメント能力が十分備わっているのか、が問われています。

例えば、海外を拠点として人材の発掘を行うことで、IT技術により明るく優秀な人材と出会える可能性も高まります。

その人材が自社にとって新たな技術、ビジネス形態をもたらしてくれることも考えられるでしょう。海外における技術者の水準はハイレベルであり、情報技術者の優秀な人材を多く獲得できる可能性を考えたときに世界規模の視野は重要となります。

グローバリゼーションを推進する際、深刻な問題・課題となるのは、やはりグローバル人材の不足です。世界をターゲットとしてビジネス活動を進めていくためには、基本的に高い語学力が必要となります。

また、グローバリゼーションの推進には現地の社員に対して公正な人事評価を下せるグローバルな人材が必要です。

経済産業省が実施した人事マネジメントのアンケートによれば、海外拠点を持つ企業の中で人事部門が海外事業・グローバル人事にコミットする割合は、30%に満たないと報告されています。

これらから分かるのは、日本企業の大半はグローバル人材の導入と育成に後れを取っているという傾向です。日本企業にはキャリアパスの明確化や育成プログラムの整備、現地を指導する幹部社員の育成などが求められると言えます。

語学力のない従業員ばかりの企業が、一からグローバル化に対応した事業を展開しようとすることはハードルが高く、新たに人材を確保するにも苦労しやすいと言えます。

また、国によって文化や価値観の違いがあり、その多様性を理解するダイバーシティの考え方に早い段階でなじんでいかなければ、グローバリゼーションを意識したビジネス展開は難しいでしょう。

■最後に
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJIS」には、グローバリゼーションに精通した顧問が多数在籍しています。

海外進出に必要な知識や経験だけでなく、現地のネットワークを持った顧問が多いため、海外での販路開拓のアドバイスや実行サポートを行うことが可能です。

「KENJIS」には多くの大手企業で実務経験を積み上げ海外に赴任した経験者が非常に多いです。

そのため、英語を含めた現地の言葉や文化にも精通しているため、世界に販売チャネルを構築することが可能です。海外での展示会の出店やその実務を海外に一緒に行き、商談をサポートすることもできます。

グローバル化を意識した海外進出と海外販路開拓をお考えの際には、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」をぜひご検討ください。

顧問の活用なら「顧問報酬100%」で「中間マージン無し」でダントツの費用対効果を保証するKENJINSに、是非、一度ご相談ください。「人数無制限」のサブスク型プランもありますので、企業の課題に適切な解決策を提案できる沢山の顧問と繋がることができます。

【無料お試し】が可能ですので、まずは会社アカウントを登録し、是非、どのような顧問がいるか選定をしてみてください。

【人数無制限】複数の営業顧問が成果報酬型で営業支援
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

小さな会社の利点を活かし、必勝パターンを構築してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さ(青さ)を知る!」 <荘子>「秋水篇」作者 起業家が最速で売り上げを作るためには、成功している企業の中でも、会社が目指す方向性に近いパターンの会社を早く見つけ研究しつつ...[続きを読む]

パーキンソンの法則とは?パーキンソンの法則を打開する秘策

大手企業の雇われ社長の中には、自分の地位を高めるため、あるいは仕事の負担を減らすために無駄に部下を増やすことを望む「ボスタイプ」の経営者がいます。 反対に起業家の中には、自分が率先して難しい仕事を引き受け、プロジェクトの先頭に立つことで売上という成果を上げ、会社を牽引し不要...[続きを読む]

サプライチェーン・マネジメントとは?SCMを導入するメリット

一昔前は、大量生産大量消費の時代で、より多くの製品を効率よく生産することを求められていました。 しかし、現在は必要以上に製品を作っても現金化されない在庫が増えるばかりです。こういった状況では、製品を大量に作るよりも、市場のニーズに合わせて必要なものを必要な分だけ作ることのほ...[続きを読む]

ケイパビリティとは?市場獲得にケイパビリティ欠かせない訳

従来の企業戦略においては、市場における自社のポジションを把握し、外的環境を分析して自社の優位性を確立するという手法が一般的でした。 しかし、競争戦略による企業間の差別化が困難な状況下では、企業文化、人材、組織体制といった組織の内面を強化して競争力を高めようという動きが重要に...[続きを読む]

新規開拓や販路開拓を強化し、トラクションを獲得してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「我々は顧客をパーティに招かれた客、自分たちを主催者と考えている。我々の仕事は、顧客経験の重要な側面すべてを、毎日少しづつ向上させることである。」 <ジェフ・ベゾフ>アマゾン・ドット・コム創業者 法人企業向け...[続きを読む]