CTOや技術顧問を組織外から見つけ、挑戦に参画させてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「社外のプロと社内のプロの妥協のないぶつかり合いから、
新しい価値が生まれる。」

<日覺昭廣>東レ社長

テクノロジーを武器にしたスタートアップを創出するためには、
「仕様書」が無くても「アジャイル開発」で開発プロジェクトを
推進できる、CTO=「最高技術責任者」招き入れることです。

なぜなら、「事業ピポッド」が当たり前のインターネット業界では、
ハイスキルで実務経験が豊富なCTOや「技術顧問」が社内外にいるか
否かが「死の谷」を乗り越える上で大きなクリティカルポイントに
なるからです。

起業家がイノベーションを起こすには、自身のアイデアを武器に
いかに顧客が抱えている負の解消ができる新商品をリリースしたり、
新たなビジネスモデルを創造する方法と、外部のプロ人材の知見や
スキルを得て「新たな価値」を生み出す、2つの流れが欠かせません。

現在、エンジニアの採用単価は、他職種と比べて年々高騰しており、
一人当たりの採用にかかる費用の平均は求人広告で80万円前後で
人材紹介ではエンジニア職の採用単価のみが大きく尖出しており、
紹介手数料を50%以上に設定するケースも一般的になっています。

ITエンジニアの人口は、2008年の79万人から2018年には109万人に
増加していますが、DXやSaaSなどに対応できるエンジニアは少なく、
2021年には約40万人のエンジニア人材が不足すると言われています。

社会が急速に変化をしている中で、企業は、世の中で必要とされて
いるニーズに応えなければなりません。しかし、技術の進歩や
「プロダクトサイクル」の短期化が進んでおり、自社のリソース
だけで対応するのは困難な時代となっています。

そんな中、開発や技術のノウハウを取り入れる経営戦略の1つとして、
組織以外から「オープンイノベーション」で知見を取り入れたり、
技術系のベンチャーとの業務提携に取り組む企業が増えています。

一方で正社員雇用ではない「フリーランス」のITエンジニアは、
反対に増加傾向にあり、複数の企業で働くパラレルワーカーも
増加している今、レベルの高い「技術顧問」を積極的に登用し、
「新たな価値」を生み出すことも可能になったと言えるのです。

CTOや技術顧問を組織外から見つけ、挑戦に参画させてますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

価格競争の渦に対抗できる、付加価値を創出できてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「衰退期の製品を持ち続けると、代替製品の考案が遅れ、 アンバランスな製品ミックスを生み出し、経常利益に損失を与え、 将来の企業の基盤を弱めることになる。」 <フィリップ・コトラー> 既に誰もが分かっている...[続きを読む]

あなたが一番向いていると感じていることは何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「ゴルフもほかのスポーツも同じだ。 一番向いている人間に勝利のチャンスがある。」 プロゴルファー<アーノルド・パーマー> 何事も人によって、得手不得手というものがあると思います。 一般的に義務教育では...[続きを読む]

些細な事でも実践することを心掛けている習慣はありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分が行動したこと全ては取るに足らないことかもしれない。 しかし、行動したというそのことが重要なのである。」 弁護士・宗教家・政治指導者<マハトマ・ガンジー> 私自身が日々実行している些細なことだが非常に...[続きを読む]

不利な状況でも相手の意表を突き、心理戦を制してますか?

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 「意表をつけ。 機先を制して、相手を自分の思うがままにせよ。」 <岩崎弥太郎> 交渉などで不利な状況でも引けを取らないためには、 「相手の意表を突く」ような提案をしてみることです。 なぜなら、明らかに自分の立...[続きを読む]

自分がその事業に挑む意義を明文化し、協力者を集めてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は、 人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。」 <渋沢栄一>近代日本経済の父 スタートアップの起業家が事業領域をフォーカスする際には、 なぜ、あなた...[続きを読む]