副業系フリーランスが激増している理由とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

■副業系フリーランスが激増した理由

2018年1月に、厚生労働省によりモデル就業規則の改定案が公表されました。「副業元年」と言われ、大企業から中小企業まで副業解禁する企業が次々と現れています。その中には、正社員として働きながら、隙間時間で副業をする副業系フリーランスは今後ますます増えています。

企業側の事情としても、労働人材不足、環境変化や技術革新のスピード向上、オープンイノベーション、地方創生等の観点から、雇用にこだわらず外部のプロフェッショナル人材を柔軟に組織に招き入れて活用する選択肢が現実的になりつつあります。現在、国内で自社の社員以外のフリーランス人材を活用している企業は 18.9%に留まりますが、33.5%が今後の活用を検討していると回答しています。

2016 年 8 月に厚生労働省が公表した「働き方の未来 2035:一人ひとりが輝くために 懇談会報告書」では「2035 年の企業は、極端に言えば、ミッションや目的が明確なプロジェクトの塊となり、多くの人は、プロジェクト期間内はその企業に所属するが、プロジェクトが終了するとともに、別の企業に所属するという形で、人が事業内容の変化に合わせて、柔軟に企業の内外を移動する価値になっていく。その結果、企業組織のうちと外との垣根は曖昧になり、企業組織が人を抱え込む『正社員』のようなスタイルは変化を迫られる」と書かれています。

これは、従来は転職を希望する一部の中途人材と新卒のみだった人材獲得市場が、副業人材やフリーランス人材に拡がっていく現象とも言えます。特に、優秀な人材ほど(広義の)フリーランス化しやすいため、人材獲得の方法も多様化していかざるを得ません。

■フリーランスの種類
一般的にフリーランスとは、「特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人」と定義されています。

また、広義のフリーランスには、大きく分けて独立系フリーランスと副業系フリーランスがいます。企業や組織に属さず雇用関係を持たない独立系フリーランスには、法人経営者(法人成りしている人)、個人事業主、すきまワーカー(開業届未提出の個人)がいて、たいていが業務委託契約や準委任契約で仕事を請け負う。取引先によって様々な肩書や職種で多岐にわたる仕事をし、複線的にキャリアを築いているパラレルキャリアの独立系フリーランスもいます。

一方、副業系フリーランスは、基本的に主となる企業や組織に雇用され、すきま時間を使って個人の名前で仕事をしている。副業系フリーランスには、1 社に雇用されながら起業する人、1 社に雇用されながら他の組織や個人と契約を結ぶ人、2 社以上に雇用されるパラレルワーカーもいます。

■まとめ
会社員の 4 割以上が副業に意欲的であり、その割合は転職よりも多い。副業、転職、パラレルワーク(複業)に意欲的な人の理由は大半が収入を増やすためでした。また、正社員からフリーランスへの転身を考える人の理由は収入増に加えており、自分の裁量や働く場所や時間の柔軟性なワークススタイルを魅了的に感じる人がほとんです。

今や終身雇用や年功序列といった考え方は希薄になり、あのトヨタ自動車の社長から「もはや終身雇用を保証するのは難しい」という旨の発言が出てくる時代です。しかし逆に考えれば、自由な働き方を選択できる機会は増えてきています。企業にパートナーとして選ばれるためには、コアスキルを磨き、十分な経験を積んでおく必要があります。特定分野のスキルを極めることに加え、経営課題の解決に不可欠な経営の視点、組織を俯瞰する力、周囲を巻き込む力を磨いておくことも大切でしょう。

日本最大級の契約マッチングサイト「KENJINS」を運営するプライドワークスでは、プロ人材のスキルを活かし、中小・ベンチャー企業様々な経営課題の解決することを事業ミッションに掲げております。また、同時にフリーランスや副業でやりがいのある仕事と、仕事に見合う報酬を獲得するサポートを行っております。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

キャリアパスを明確にしスキルと経験を積む重要性とは?

人手不足が深刻化する中、企業は採用活動とともに人材流出防止対策を講じる必要に迫られています。その方法の一つとして挙げられるのが、実効性の高いキャリアパスです。キャリアパスは、人材確保の手段となるだけでなく、ビジネスパーソンにとっては、自らのキャリアデザインを描くうえで重要な要素と...[続きを読む]

キャリア自律の取り組みが今、なぜ注目されているのか?

政府が進める「働き方改革」では、ワーク・ライフ・バランスを確保し柔軟に働ける環境整備、ライフスタイルやライフステージに応じたキャリア構築などをテーマにあげています。これから企業には、社員が自ら多様なキャリアを選べるようにする「キャリア自律」に向けた支援を行うことが求められます。 ...[続きを読む]

リファラル採用が優秀な人材の獲得に効果的な理由とは?

アメリカではすでに一般的な採用方法で、日本でも2015年頃から注目が高まってきているリファラル採用。具体的にはどのような採用方法で、いわゆるコネ採用とはどう違うのでしょうか? 売り手市場が続く昨今、母集団を確保するには、さまざまな採用チャネルを組み合わせた採用活動が不可欠で...[続きを読む]

パラレルキャリアになぜ今、注目が集まっているのか?

■パラレルキャリア とは? パラレルキャリアとはP・Fドラッカーが『明日を支配するもの』(ダイヤモンド社)で紹介した考えで、これからの社会における生き方の1つであり、働くということに対する考え方です。簡単に言えば「本業を持ちながら、第二のキャリアを築くこと」です。 パラレ...[続きを読む]

社外取締役の重要性と社外取締役の存在理由とは?

■ベンチャーにも必要な社外取締役とは? 主に上場企業を中心に導入されている社外取締役ですが、株式で資金調達を行い上場を目指すベンチャー企業でこそ、社外取締役の真価が発揮されるといえます。なぜなら、ベンチャーの社外取締役こそ株主の代表として、経営陣と投資家の利害を一致させ、企業価...[続きを読む]