中小・ベンチャー企業の働き方改革は“人材不足”が大きな課題

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 働き方改革   パーマリンク

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を運営するプライドワークスでは、中小・ベンチャー企業の経営者を対象に、働き方改革の実態に関するインターネット調査を2019年に夏に実施した。その結果、働き方改革に取り組んでいる中小企業はまだ3割で、特に地方では人材不足を理由に働き方改革に取り組めていない実態が明らかになった。

残業時間の削減が第1位
 プライドワークスは、2019年2月19日から21日の3日間に、インターネットを使って全国の5名以上~300名未満の企業経営者に質問を実施した。対象は20~79歳の男女で、有効回答数は300だった。そのうち、東京都と大阪府に本社を置く経営者は150名で、それ以外の地方は150名だった。主な質問の内容は、「あなたの会社では、現在働き方改革に取り組んでいますか」というもの。この質問に対して、都市部では30.0%が、地方では33.3%が、「取り組んでいる」と回答した。また、「今後の検討」は、都市部が46.0%で、地方は43.3%となった。この結果から、働き方改革への経営者の意識については、都市部も地方も大きな差がないと分かった。

 実際に「働き方改革として現在取り組んでいること」については、「残業時間の削減」が第1位で、都市部が88.9%、地方が74.0%の割合だった。第2位は「休暇取得の促進」で、以下は「労働時間の短縮」「働く環境・場所の改善、多様化」と続く。「IT導入による生産性向上」については、都市部で35.6%、地方で34.0%と低かった。こうした現状は、逆にIT商材やソリューションをまだまだ中小企業に売り込む機会が多いことを示唆している。

地方の人材不足を商機に変える
 今回のインターネット調査を実施した背景について、プライドワークスでは「導入企業の中で離職防止という視点で評価制度を検討される企業が増えてきた」ことを理由に挙げている。そして、地方の中小企業の経営者が切実に感じている「人材不足」については、「ITを活用すれば生産性が上がるので、生産性につながるITの利活用により、残業削減や労働力を質で確保して人手不足に備えられる」と指摘する。

 実際に「働き方改革として現在は取り組んでいないが今後取り組みたいこと」という質問に対しては、都市部で26.7%が、地方で18.7%が「IT導入による生産性向上」と回答している。ここでも、都市部と地方で差が出ているが、その背景にあるのはIT人材不足ではないかと推測できる。

 ITの利活用という提案は、多くの企業経営者が重要だと考えてはいても、働き方改革に結び付くITとなると、範囲が広くてどこから手を付けるべきか悩んでいるのではないだろうか。本連載でも、数多くのIT商材を働き方改革と合わせて提案してきたが、そのソリューションは多岐にわたり全体像を正確に把握するのは難しい。

 一方で、個人や小規模事業者にとっては、スマートフォンとクラウドサービスだけでも、働き方を変革できる。もう少し規模の大きな事業者では、人材管理や人事評価などのシステムから、テレワークを促進するソリューションにつなげられるケースもある。さらに、SkypeやZoomのようなWebミーティングの導入をきっかけに、社内での労働時間を削減しつつ、営業やフィールドサービスの対応時間を増やして、売上増につなげた企業の例もある。こうした働き方改革につながるITのセンスを備えたIT人材が、最も求められているのだ。

ITの教育サービスもセットで提案
 今回のプライドワークスのアンケートでは、地方の中小企業に特化した例として人材不足が注目されたが、この課題は企業の規模や本社の所在地に限らず、多くの経営者が共通して抱える働き方改革の難題だとも捉えられる。都市部に本社がある一部上場企業であっても、ITを活用して働き方改革を実現している例は少ないからだ。

 大手企業というと優秀な人材が集まっているように感じられるが、誰もがITに精通しているわけではない。新しいITデバイスやクラウドサービスに対しては、誰もが素人なのだ。ただ、それでも大手企業が有利なのは、素人を育てる教育体制が充実している点にある。社内に適当な人材がいなければ、外部の取引業者などに依頼して、教育カリキュラムを実践する。そうして、多くの社員が同時並行的に使わなければ価値がない企業内SNS系サービスも使いこなせるようになる。

 それに対して、中小企業では教育への投資が後手に回りがちになる。さらに地方となると、充実した教育人材も不足気味だ。その結果、社員でITを活用できる人材を育成できずに、働き方改革が頓挫してしまう。

 こうした背景から、地方の中小企業に提案するITソリューションでは教育をセットにした働き方改革への貢献が求められている。テクノロジーを紹介するだけではなく、それを活用できる人材を育てるトータルなソリューションを提案することで、説得力のあるIT商材となるのだ。

 例えば、数十名の中小企業で、数名の社員だけがLINEのようなSNSを活用したコミュニケーションを実践しているのであれば、無償のSNSを使うリスクを説明して、Microsoft Teamsのような企業向けのSNSを社員教育とセットで提案できる。また、バックオフィス系の事務部門であれば、テレワークの実践方法を教育することで、クラウド系のサービスへの切り替えをセールスできる。さらに、Office 365やG Suiteのようなクラウドサービスも、全社員が有効にモバイル活用できる導入教育を提案することで、働き方改革の有力な商材になる。

 いずれにしても人材不足というのは、経営者が求める理想の社員が不在なのではなく育っていないだけなのだと捉えて、ITと教育の両輪で提案することがポイントとなる。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

副業コンサルタントや副業顧問になる方法とは?

■副業コンサルタントとは? 副業コンサルタントは、中小企業やベンチャー企業などの経営相談を受けて経営状態を分析し、経営強化のための提案やアドバイスを行う職業です。一般的にコンサルタントを名乗るための資格や統一的な基準はないため、ひと口に経営コンサルタントと言ってもさまざまなタイ...[続きを読む]

キャリア自律の取り組みが今、なぜ注目されているのか?

政府が進める「働き方改革」では、ワーク・ライフ・バランスを確保し柔軟に働ける環境整備、ライフスタイルやライフステージに応じたキャリア構築などをテーマにあげています。これから企業には、社員が自ら多様なキャリアを選べるようにする「キャリア自律」に向けた支援を行うことが求められます。 ...[続きを読む]

フリーランス市場が爆発的に成長する理由とは?

今回、政府が働き方改革を促進している中で、フリーランス市場は今後どのように変化していくのかも考察しています。 ■フリーランスとは? フリーランスは、企業や団体などとの雇用関係が存在しなく、自ら単発の仕事を請け負う人のことを指し、主にアメリカで使われていた言葉です。フリーラ...[続きを読む]

社外取締役の重要性と社外取締役の存在理由とは?

■ベンチャーにも必要な社外取締役とは? 主に上場企業を中心に導入されている社外取締役ですが、株式で資金調達を行い上場を目指すベンチャー企業でこそ、社外取締役の真価が発揮されるといえます。なぜなら、ベンチャーの社外取締役こそ株主の代表として、経営陣と投資家の利害を一致させ、企業価...[続きを読む]

U理論がイノベーションの課題解決に繋がる理由?

国際競争が増す中で、新たな価値を生み出すためにはイノベーションの創出が欠かせません。そんなイノベーションを起こす上で注目されているのが、組織や個人の課題に本質的な解決をもたらすといわれる「U理論」です。今回はU理論の意味や注目される背景、U理論のプロセスから実践方法までをご紹介い...[続きを読む]