経営課題の解決に顧問を活用し大きな成果が出た理由とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 企業インタビュー   パーマリンク

多くのスタートアップ企業では、深刻な人材不足課題を解決する在り方として、フリーランスの顧問やプロ人材による外部人材の活用への注目が集まっています。これまで企業が外部人材を活用するシーンは、ノンコア業務が中心で、活躍の場が限定的であることが多くありました。しかしながら現在、フリーランスや副業という働き方を選択する優秀なプロフェッショナル人材が日々、増え続けており、企業が外部プロ人材をどう活用できるかが、生産性向上のカギとなっています。そこで今回、コア業務をプロ人材にアウトソーシングすることで成功を収めた事例を紹介します。

■これまでの顧問という概念の進化
顧問をより具体的に定義づけると、フリーランスとして複数の企業に関与し、定期的な訪問とリモートでの対応を組み合わせ、クライアント企業の成果にコミットして働ける個人事業主ということになります。基本的に週1日~3日を顧問として働き、成果にコミットして働けるというのがプロ人材ですので、本業のある副業の方とは関わり方が異なり平日の日中の打ち合わせや訪問も可能です。業務範囲としては単なるアドバイスで終了するケースは少なく、あくまで実務遂行が得意な方が中心になっています。

■大手企業に対する営業強化では、営業顧問の活用が効率的
顧問やプロ人材を特に活用されているのが、大手企業を対象としたセールスの分野。背景には、多くのスタートアップ企業では、大手企業の役員クラスへアプローチすることができる太いコネクションを持つ人材は皆無で、“なかなか新規開拓が進まない”といった悩みがあることが挙げられます。

大手企業との新規取引は、非常に難易度が高いことから、人脈ネットワークを保有する人材を正社員として探すのはとても困難。こういった場合に「営業活動の中で大手企業のクラスと商談機会を作ることができる営業系顧問」など、ピンポイントでプロ人材のコネクションを借りる。スタートアップ界隈ではそんな顧問の活用方法が非常に効果的で、多数の会社で大きな成果を上げています。

■クライアント企業の事例
これまでは代表者や役員が営業を牽引したが、事業が拡大するにつれて取締役としての仕事の比率が高くなり、営業部長としての役割を兼務するのが難しくなってきた。一方、部下たちはまだ若く、経験がないため、案件は獲得してくるものの、それをチームで共有し、役割を効果的に分担してサービスに仕上げて顧客に提供していくといったことがなかなかできない。役員兼務の営業部長も彼らを手取り足取り指導して事業を回していくのは難しい状態であった。

■企業の課題
食品メーカーや消費財メーカーを開拓するにあたり、自社の営業では大手企業のキーマンとはなかなかアポイントが取れず、多くの時間を割いていた。

■プロフェッショナルの経歴
大手小売業で長年バイヤーを勤め、最終的には取締役を経験。食品メーカー、消費財メーカーなどに幅広い人脈を持つ。

■支援内容
営業会議へ参加し現在の課題についてレクチャーを図り、自社のどのようなソリューションをどういった企業・部門へアプローチするかの戦略を立案した。ターゲットとする食品メーカーや消費財メーカーの中で、人脈でアポイント取得が可能な企業をピックアップし、月2社程度その決裁者をご紹介した。

これまでの通常営業活動と比較して、月間で2倍以上の新規見込み顧客を獲得。またインサイドセールスとフィールドセールスを分けることにより社員を適材適所に配置することができ、モチベーションアップにつながった。

■顧問活用の成果
自社の営業担当ではアプローチができていなかった年商100億以上の上場企業や業界大手企業の役職者に対して、サービスの提案をすることができたため、現場で進めていた提案がスムーズに展開された。6ヵ月間で予想をはるかに超える大型受注に結び付いた。また、支援を続ける中で他業界へも展開が可能と判断し、その業界に対しても商談設定をサポートして貰えた。

他の顧問紹介会社にも3社ほど依頼したことがあったが、価格が高い割に全く期待外れだった。それに対しKENJINSでは複数の有力な顧問が支援してくれ、費用対効果がダントツで素晴らしい顧問が多かった。

■日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を選んだ理由
・課題の整理・明確化・解決までのプロセスを、契約前に無料でプロとセッションできた。
・プロジェクト推進に必要な人材を、初回面談から最短1週間でアサインして貰えた。
・年収1,000万円以上クラスのハイスキルを持ったプロ人材を、月額10万円で活用できた。
・プロ人材のアサインやプロジェクトの管理もアウトソーシング可能なので楽だった。
・人材採用後に必要な契約書や代金の支払いのやり取りなどの面倒な手続きが不要だった。

■サービスの特徴
・顧問・プロ人材登録者数:5,000名
・得意分野:営業支援に強く海外進出、PR戦略のプロも多数
・契約形態:業務委託契約、アポイント報酬、成果報酬も可能
・ワークスタイル:週1日、1日2~3時間(稼働日数、応相談)
・エージェント:専任コンサルタントが課題抽出からマッチングまでサポート
・サービス:複数の顧問やプロ人材を定額で使い放題のサブスクモデルがある

■活用している企業の共通点
・外部のプロフェッショナル人材による経営支援、専門家の知見、ノウハウがほしい。
・顧問やプロ人材の活用により、時間(事業の成長スピード)を短縮させたい。
・求めるスキルを持った人材がそもそも社内におらず、正社員採用が困難だった。
・重要ポジションの人材が辞めてしまったため、新たな人材を正社員として雇用し直すのか、外部人材で補完するのか迷った。
・常勤で雇用は出来ないが今自社が抱えているこの悩みの部分だけいいから、スポットで経験豊富な人が来てくれたので助かった。

■まとめ
昨今、働き方の多様化やキャリア自律志向の高まりなどにより、副業を含むフリーランス人口は増加傾向にあり、一方で労働力不足による採用難という課題を抱えている企業は多く、プロジェクト単位で業務発注ができるフリーランスへの注目が集まっています。しかし、フリーランス活用においては、業務発注や契約管理にかかる工数や、同一企業内でのフリーランス人材の資産化のハードルの高さなどから、日本では欧米などの諸外国と比較して企業におけるフリーランス活用は十分に進んでいないのが現状です。

顧問や外部のプロに成果を出していただく秘訣としては、スキルは最も大事ですが、人物を適正に評価することと成果にコミットでき、自分から提案できる、自律的の人材を選ぶことが第一です。また、顧問契約するクライアント企業側も、任せきりでなく適切に業務を切り分け、適度に難易度の高い課題を設定し、モチベーションが下がらないように工夫することも重要となります。更には、外部の人材として扱うのではなく、同じ会社のメンバーとして組織図に組み入れると一体感が生まれ、良い成果につながります。

■最後に
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、営業支援や新規事業のコンサルティングを中心に、「ビジネスを創造する活動」を行っております。ご紹介するのは、実務経験10年以上で、長年『成果』を出してきた経験豊富なプロフェッショナルだけです。実務経験に基づいた「実践型コンサルティング」で、今までにない成果を出してきました。必要な時に、必要な人を、必要な期間だけご活用いただくことで、「圧倒的な成果」と「低コスト」を実現します。

人材が必要な事業に最適なプロ人材を、1人からご紹介できます。社内に経験方法な人材が不足している場合、一部の経験豊かな人材に業務が集中しがち。しかし、経験不足なスタッフを一人前に育てるにはコストも時間もかかります。そんな時は日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」にお任せください。必要な時に、必要な期間だけ、必要なスキルを持った人材に業務委託できますので、無駄なコストが発生しません。最短3ヶ月からご利用可能です。ビジネスを成功に導くプロフェッショナルの活用を
是非ご相談ください。

経験豊富なプロ人材が担当させて頂きますので、無駄が発生しにくく、全体的なコストを抑え、スピード感を持って事業を推進できます。プロジェクトを丸ごとプロにご依頼頂くことも可能なので、ご担当者様の負担を大幅に軽減可能です。もし、あなたがビジネスで成果を出したいのであれば、いつでもお問い合わせ下さい。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば喜んでお手伝いさせていただきます。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

シニア人材・顧問人材への仕事依頼とシニアの活用方法とは?

『知恵・経験・人脈』中小・ベンチャーの不足を補う画期的システム。それが日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」だ!新たなアイデア、革命的な技術、先進のサービス。ベンチャー企業は、優れた武器を手に起業するが、その武器を有効活用するための土台作りが難しい。この仕組みを作...[続きを読む]

顧問紹介会社を活用してプロ顧問と顧問契約するメリットとは?

組織にとって優秀な人材の確保は重要な課題です。しかし、少子化による売り手市場が続いているため、中小企業における新卒採用は相変わらずの採用難であると言えます。その余波は中途での人材採用にも及びベンチャー企業でも優秀な人材を採用することはなかなか容易ではありません。多くの中小企業では...[続きを読む]

代理店開拓による販売戦略とは?営業顧問による代理店獲得とは?

現在、特定のプロダクトの製造メーカーやサービス提供会社では、直販営業で販売しているが、更なる販売を強化すること目的に代理店を使って販売拡大をして行きたいと考えるメーカーが増えています。ですが、代理店の獲得の方法が分からない、既存の代理店に上手く動いて貰えないという課題を抱えている...[続きを読む]

成果報酬型!大手企業の役員クラスとの商談を年間60件獲得!

年商では10億を超えて社歴は70年近くある製造メーカー。大手企業1社に対する売上比率が70%を超えており、営業活動を強化し販路開拓をしたいと考えてている。経営状態は黒字で優良に該当するが、独自のプロダクトを企画したり研究開発力もあるにも関わらず、大手の下請けに甘んじており、景気の...[続きを読む]

完全成果報酬型で20人の営業顧問から営業支援を得られた訳?

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、クライアント企業の新規顧客開拓、見込み客発掘、販路開拓という営業課題に対して、「顧問のチカラ」を活用することで大手企業の決裁権者やキーマンにアプローチする見込み客獲得、新規商談を獲得することを「完全成果報酬型」で実現して...[続きを読む]