営業顧問との顧問契約で大手との新規取引が増える理由?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

あらゆる企業にとって売上アップに欠かせない営業活動。しかし、人手不足が続く中で十分な営業人員を確保できないことに苦心する経営者も少なくありません。営業実績が伸び悩んでいる企業は、原因となるさまざまな課題を抱えているものです。単に人員不足で業務が回っていないケースもあれば、営業戦略や採用している営業手法が効果的ではない可能性も考えられます。

そこでおすすめしたいのが、営業顧問を自社に招き入れるという方法です。今回の記事では、そもそも営業顧問とは何なのかに加え、顧問契約をするメリットや選び方のポイントも詳しくご説明します。

■営業顧問とは?
営業顧問を活用することで、正社員の営業マン一人を自社で採用するコストよりも、費用対効果が抜群に高く、短期間で大幅な売上UPを実現できることを最大の特徴としております。

その理由は、東証1部上場企業などの一流企業の元社長や取締役、大手企業の営業部長の経験者など、特定の会社で多くの売上を上げた実績があり、様々な業界で販売チャネルを構築したノウハウや実務経験が豊富で、政財界などに沢山の人脈ネットワークを持っている大企業OBが主体となり、営業顧問として販売チャネル開拓の戦略的な指導を行い、かつ営業・販売活動を全面的に支援することが可能になるからになります。

営業顧問のメンバーとしては、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関や法人企業に対して営業活動を展開している大手事業会社の出身者で、販売戦略の立案の経験のある方、営業部長の経験がある方、大口の販売チャネルを開拓した経験がある方、新商品の販売活動を成功させた実務経験がある方で、大手企業の役員クラスと人脈ネットワークが豊富な人材などを厳選しています。

■営業代行と営業顧問の違い
営業代行とはその名の通り、自社の従業員に代わって営業活動を行うサービスのこと。営業機会の獲得や創出、顧客との交渉・クロージング、既存顧客へのフォローといったフェーズの一部あるいは全部を依頼者(会社や事業部)に代わって対応します。

営業代行の最大のメリットは、即戦力となる営業パーソンを得られること。自社で新たに人材を採用しても十分な教育体制が確保できない場合、業績が安定するまでの間だけ暫定的に営業代行を活用することでリソースを補えます。スキルの高い営業のプロからマーケティングや営業手法に関する指導を受けることも可能です。

■営業顧問の優位性
営業顧問と営業代行会社との大きな違いとしては、キーマンとの人脈が繋がりがあるかどうかです。営業代行の場合は、コールセンターや在宅で主婦が電話を掛けているケースと若手営業を抱えている会社の二つに分かれますが、いずれもテレアポリストからキーマンの氏名無しで闇雲にテレアポを行う形になります。そのため、営業代行会社の手法では大手企業の役員クラスにアポイントを取得することが難しく、商談機会を設定することも、会うことすら出来ない会社のサービスとは一線を画しております。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の場合には、大企業OBを営業顧問として活用することで、自社の営業マンや営業代行会社では、非常に難しい大手企業との社長や役員クラスとの商談機会を実現し、最短で爆発的な売上を達成するための実行型の支援を行い、これらのサポートを抜群のコストパフォーマンスで提供することを最大の売りにしています。

■KENJINSの営業顧問を活用する7つのメリット
1、大口の取引先を開拓できるため、売上アップに直結する。
2、少ない既存取引先との関係強化にも活用することができる。
3、見込み客に対して、新商品のテストマーケティングができる。
4、大手企業の販売パートナーの獲得やアプローチが容易になる。
5、休眠顧客の掘り起し、手厚いサポートを提供することができる。
6、営業提案や商談・交渉をアウトソーシングすることができる。
7、大企業OB人材の知識・経験・人脈を活用することができる。

スタートアップの場合、営業を強化すると言っても、そもそも営業を担当する人員自体を簡単には確保できないケースが多いものです。また、企業によっては、単純に「モノを売る」という業務ではなく、「より俯瞰的な立場からビジネス全体をマネジメントしてほしい」という提案型のニーズもあるでしょう。例えば営業戦略の構築や、高い販売スキルを身につけるための人材教育などがそれにあたります。

しかし、このような業務を一般的な営業代行会社に依頼することは困難です。なぜなら、営業戦略全体の見直しには、より豊富な経験やノウハウを持った人材が求められるからです。一般企業であれば営業部署の課長や部長、それ以上の役職にあたるようなキャリアとスキルをもった人材が適任です。

■KENJINSの営業顧問の6つの特徴
1、大手企業で培った人脈を活かし、太いコネクションのある企業のキーマンを紹介。
2、有名企業で販路開拓の経験者が知見を活かし、最適な販売戦略・営業方法を指導。
3、銀行、証券、保険などの金融機関のネットワークを活用し、優良顧客の開拓を支援。
4、大手企業で営業の実務経験が20年以上もある業界別のトップセールスマンが集結。
5、営業活動のマネジメント業務を行う、東京営業所長の役割を担う顧問を紹介できる。
6、営業マンの採用から、若手営業担当者の育成などの教育業務をサポートできる。

特に大手企業を対象に新規開拓を行いたいというニーズに対応するには、営業代行よりも「営業顧問」との契約した方が圧倒的に費用対効果が高いでしょう。営業顧問の多くは、大手のメーカーなどで営業の最前線で長年経験を積み、様々な販売ノウハウを持った人材と顧問契約を結ぶことで、豊富な知見を共有してもらったり、販売戦略のアドバイスを求めることもできます。

当然、営業コンサルティングも可能ですし営業顧問自ら、それまで営業で培ってきた人脈や営業ルートや販売チャネルを利用した営業活動をバックアップすることも可能です。過去に営業代行に依頼したものの思うように実績が上がらなかった会社やアポイントを取得した営業代行会社の担当者にキーマンとの商談への同席を断られてしまった場合なども一度、営業顧問の活用を検討しててみつことを強くオススメします。

特に高い営業スキルや販売実績、豊富な人脈ネットワークを有した営業顧問をお探しの場合は、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」へご相談ください。営業戦略や販売チャネル開拓の卓越したセールスノウハウを持つ約3000名もの顧問から、クライアント企業が求めるスキルやアプローチしたい大手企業の攻略に適した営業顧問を探すことができます。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

人事のプロに人事業務をアウトソーシングするメリットとは?

労働人口減少の影響で従業員を確保できない昨今、アウトソーシングの活用で危機を打開している企業もあり、人事業務においてもアウトソーシングの必要性が求められています。人的リソースを有効に活用するための手段として有効なアウトソーシングですが、現在では人事の日常業務をアウトソーシングで賄...[続きを読む]

人事顧問との顧問契約がスタートアップにお勧めな理由

多くの企業にとって人事部は優秀な人材を採用したり、適材適所で人材に役割を与えたりしながら、「ヒト(人材)」という経営資源を活用しながら企業をサポートしていく重要な部署です。しかし、いざ新しく人事部を立ち上げようとしても、「人事業務経験者がいなくて困っている」という企業も多いのでは...[続きを読む]

顧問や経営コンサルタントと企業が顧問契約をする理由とは?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 本日は、なぜ企業が顧問や経営コンサルタント顧問契約をするのか? について解説します。 クライアントの多くは、その業界ではベテランである人が多く、経営コンサルタントよりその業界について...[続きを読む]

技術顧問の役割と技術顧問のミッションとは?

■技術顧問とは? 技術顧問とは、技術的解決が必要とする顧客(一般には対する顧客は一般には国や自治体、または企業)の意思や意向、戦略と戦術といった事項に際して、的確な技術的解決手法や助言などを与えるべく豊富な実務経験と専門知識とをもつ専門家および専門家集団で、元来技術者・エンジニ...[続きを読む]

本日発売の「anan」で「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」が紹介されました!

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日発売の「anan」、タイトルは「夢はゼッタイ叶う!」 「前田敦子」表紙で「夢を叶える名言集19」という特集の 見開きで「賢人たちに学ぶ 道を...[続きを読む]