海外での「販路開拓・拡大」を成功させる方法とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

■海外での「販路開拓・販路拡大」の具体的な方法とは?
今回は、海外ビジネスにおける「販路開拓・拡大」の必要性、さらには「販路開拓・拡大」とは何なのか? といった根本的かつ重要なテーマについて解説します。

企業活動にとって重要な「販路開拓・拡大」。以前は、一極集中、他県へ展開、地方から首都圏へといった形で進めていくのがセオリーでした。しかし、景気の停滞・人口減などで日本の市場がシュリンクしていく中、「販路開拓・販路拡大」「販売チャネル」の行き先は海外マーケットへとシフトしてきています。

これから海外進出を検討している企業はもちろん、すでに海外事業をスタートさせている企業にとっても、「販路開拓・拡大」なしでは、海外ビジネスはドライブしていきません。だからこそ自社の商品およびサービスにあった「海外販路開拓・拡大」の方法を選択することが大切なのです。

■海外ビジネスでもっとも重要な「販路開拓・販路拡大」
結論から言えば、海外進出および海外ビジネスを展開するにあたって、もっとも重要なポイントのひとつが「販路開拓・販路拡大」になります。

日本国内での新規事業立ち上げ時はもちろんのこと、それが海外における新たなビジネスのスタートであればなおのことです。そもそも「販路」とは、販売ルートのことを指す言葉であり、自社製品やサービスを販売するための経路のことで、販売チャネルとも呼ばれています。

「販路開拓」および「販路拡大」とは、その名の通り、新たな販売ルートを駆使した新規顧客を得るための施策を指します。

言うまでもなく、新たな販売先を探す「販路開拓・拡大」とは、海外ビジネスを進めていく上で極めて重要な課題です。しかし、その重要性に比例するように、新たに海外ビジネス事業を始める進出企業にとっては、それこそ資金の融資を受けるのと同じくらい大変なことでもあるのです。

■多様な販売先を確保するための「販路開拓・販路拡大」が必要な理由?
最後に、なぜ「海外販路開拓・拡大」が大変かつ重要な施策であるかを考えてみましょう。

仮にあなたの会社が中小企業で、競合他社のいない市場で利益を得ているとしましょう。いまはまだブルーオーシャン市場であっても、いつ参入障壁を乗り越えて大手企業が市場に介入してくるのか分かりません。また競合他社に市場を奪われることはもちろん、そもそも既存顧客からのリピートオーダーだけでは事業の拡大は望めません。そのようなケースに陥った場合は、事業の成長どころか業績悪化にもつながりかねません。

当然ではありますが、新規事業立ち上げ時において、商品やサービスの販売先が存在しなければ、事業は先に進みません。かといって何の計画も仮説もなく、ただ闇雲にノープランのまま販売活動をしたところで、それではあまりにも効率が悪く、無駄なコストばかりが増えてしまいます。

それが海外での新規事業ならばなおのことです。事業をスムーズに進めるためには、最初は大変であっても、自社の商品やサービスを販売展開していくための「販路」を確立したうえで営業活動を進めていく方が、長い目で見れば圧倒的に効率的なのです。

また、既存の販路を確立している企業でも、事業を成長させて規模を拡大していくためには、販路を広げたり新しい販路を開拓しなければなりません。もちろん既存顧客のフォローも大切ですが、新規顧客の新たなポートフォリオを増やしていく必要があります。だからこそ「販路開拓・拡大」を行うことで、販売先の多様化を促進させ、リスクヘッジをする必要があるのです。

国内における販売実績を持ち、世界に通じる技術力、商品力を持ちながら、現地とのコミュニケーションや貿易実務経験に対する不安から海外展開を躊躇している中小企業は多く存在します。そこで、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」ではそんな中小企業の商品を海外市場に紹介するお手伝いをするため、「海外販路開拓支援事業」を実施しています。

具体的には、クライアント企業の商品を海外販路ナビゲータとなる顧問やプロ人材ががハンズオン支援を行いながら、アライアンス可能な海外企業へのアプローチからマッチングを行い、様々な人的ネットワークを活用しながら海外市場に繋げて行きます。

海外ビジネス事情に詳しい商社やメーカー等のOBが海外販路開拓を希望する中小企業の商品を理解し、経験と実績に基づく市場性を見極めながら専門商社等へのマッチングを行い、展開方法を適切にナビゲートすることで海外市場への参入をお手伝いいたします。

<対象分野>
一般・輸送用機械、金属製品、エレクトロニクス、精密機械、環境・エネルギー・バイオ、生活産業、IT、化学、その他

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

営業顧問や営業プロ人材がセールス活動を支援!

販路開拓において、多くの中小・ベンチャー企業がマーケット動向の把握や見込み顧客の開拓に関して問題を抱えています。また、売上を拡大させていくなかで、営業社員の育成や営業組織に課題を抱えている企業も多くあります。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」には、営業の専門家...[続きを読む]

本日発売の「anan」で「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」が紹介されました!

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日発売の「anan」、タイトルは「夢はゼッタイ叶う!」 「前田敦子」表紙で「夢を叶える名言集19」という特集の 見開きで「賢人たちに学ぶ 道を...[続きを読む]

業務委託とフリーランスは何が違うの?

1、業務委託とフリーランスの違いについて 業務委託とフリーランスでは同じように解釈されることが多いのですが、それぞれの意味は違います。まずフリーランスは個人事業主のことを指し、働く方法のことをいいます。業務委託は、案件ごとに依頼主の企業と契約を結ぶ契約方法となります。フリーラン...[続きを読む]

顧問を活用する顧問契約を行う企業が急増している理由とは?

************************************************* 顧問を活用するベンチャーが急増している理由とは? ************************************************* 現在、顧問紹介のマー...[続きを読む]

プライドワークス、業界初!顧問のチカラを活用したセールスレップを開始!

プライドワークス、業界初!顧問のチカラを活用したセールスレップを開始! 人脈豊富な大企業OBが複数人体制で、新規顧客開拓の営業活動をサポート 年棒1,000万円以上の大手企業の元役員クラスの顧問軍団が、低価格で販売チャネル拡大を支援 顧問コンサルティング事業を展開...[続きを読む]